熱 燗 の 喉 過 ぐ る と き 赦 し た り

あつかんの のどすぐるとき ゆるしたり

熱燗は熱い方がいい。
持てないくらい熱いほうが好き。
最初のほんのひとくちが、喉を通り過ぎる時間って、何秒くらいでしょう。
けっこう長く感じるのです。
しみじみと幸せ。
その日一日、懸命に働いたからというわけでもなく、ごろごろさぼって無駄に時間を過ごしたとしても、そんなことはどうでもいいのです。
この一瞬の幸せ。
ムカついたあいつも赦そう。
嫌なことは忘れてしまおう。
しつこいわたしが、いい人になるから不思議です。

この句も読まれています。

ふくろうの 何事もなく 考えず ふくろうは福を呼ぶとか、苦労がないとか、 なにそれ。 名前とあのぺったんこな顔のせいかな。 まあいいけど。あたしもあの顔は好き。...
農協前 ラジオ体操 ほそぼそと むかしと違って、ラジオ体操は遠慮がち 期間短縮、音小さめ、出席者激減 あたしたちのときは、カードを首から下げて、それにはんこをもらったものです。 よそに行くときは、欠席届けまでだして。 行った先でも、そこの地元のラジオ体操に参加して。 また証明書もらって 馬鹿みたい。 暑い夏は、しっかり寝たほうがい...
雲 垂 れ て 枇 把 の 黄 空 に 色 を 投 げ... 梅雨の長雨、いつやむともなく一日中降り続く。 黒い雲は、限界まで下に低く降りてきて、何処までが日常の空間か、 何処から雲か区別がつかない。 枇杷は熟れて、あのオレンジがかったビワ色が、暗い空に色を投げかけている。 雨はしょうしょうと降り続く。...
焦っても なるようになり 芋を喰う... さつまいもは焼き芋が一番美味しい。焼き芋は高い。 ショートケーキと同んなじくらい。 しょうがないから、オーブンで作る。あ~ぁ人生が発展しない。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください