熱 燗 の 喉 過 ぐ る と き 赦 し た り

あつかんの のどすぐるとき ゆるしたり

熱燗は熱い方がいい。
持てないくらい熱いほうが好き。
最初のほんのひとくちが、喉を通り過ぎる時間って、何秒くらいでしょう。
けっこう長く感じるのです。
しみじみと幸せ。
その日一日、懸命に働いたからというわけでもなく、ごろごろさぼって無駄に時間を過ごしたとしても、そんなことはどうでもいいのです。
この一瞬の幸せ。
ムカついたあいつも赦そう。
嫌なことは忘れてしまおう。
しつこいわたしが、いい人になるから不思議です。

この句も読まれています。

来 世 に は お 前 と 代 は る 吊 り 鮟 鱇... らいせには おまえとかわる つりあんこう まな板に載せたところで、ぬるぬるとどうにもはかがいかないから、考案されたと思われる吊るし切り。 手際よく捌かれる。 流石だなぁと感心する。 皮も肝も、どこもかしこも美味しい。...
魂 の 澱 も 流 せ と 土 用 波 たましいの おりもながせと どようなみ 赤ワインの底に溜まるわずかな沈殿物、オリ。 長く生きていれば、生活のオリ、心のオリ、人との関係で知らず知らずに溜まるオリ。 きれいさっぱり流してほしい。 白波を蹴立てて、人をも呑み込む勢いの土用の波なら。...
野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り... 台風は、何処を過ぎているのか。 雨がおかしな降り方をする。風 はない。狂ったように降ったか と思えば、ピタッと止んで青空 が見える。直ちに蝉が反応する。 降り出せば止む。上がれば鳴き だす。おかしなものだ。わたしは ツクツクボウシの声を心待ちにし ている、毎年。秋の気配を一番に 受けとめたいから。...
色 恋 は 持 ち 込 む 勿 れ 大 花 野 いろこいは もちこむなかれ おおはなの 自然がくれた大花野。 咲き誇る花々を、清い心で鑑賞しようではありませんか。 不倫など、するものではありません。 ひがみに聞こえたかもしれません。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください