熱 燗 の 喉 過 ぐ る と き 赦 し た り

あつかんの のどすぐるとき ゆるしたり

熱燗は熱い方がいい。
持てないくらい熱いほうが好き。
最初のほんのひとくちが、喉を通り過ぎる時間って、何秒くらいでしょう。
けっこう長く感じるのです。
しみじみと幸せ。
その日一日、懸命に働いたからというわけでもなく、ごろごろさぼって無駄に時間を過ごしたとしても、そんなことはどうでもいいのです。
この一瞬の幸せ。
ムカついたあいつも赦そう。
嫌なことは忘れてしまおう。
しつこいわたしが、いい人になるから不思議です。

この句も読まれています。

川 風 を こ ぼ さ ず 受 け て 花 芒 調べたわけではないけれど、花ススキというのは、若いススキが、時間が経って、まるで綿のようにふわふわの綿毛に変化することではないかと思う。 風のないときでも、橋の欄干に立つと、たとえわずかでも川風を感じることができる。 むかし広島に住んだことがあるが、川の多い街で、たくさんの橋がかかっていた。 ただ、...
梅 雨 を 遣 る ( やる ) 姿 勢 正 し く 立 葵 ( たちあおい )... 立葵 / sor 立葵が咲き出した。 下の方から咲き出して、いちばん上まで咲いたら、梅雨が終わると言い伝え。 花に自覚があろうはずもないけれど、梅雨を過ごすことがお務めのように言われ、少々の雨ではへこたれない。 1mから1m50、直立した花で、倒れているのを見たことがない。 毅然としていて見事。...
万 緑 の 滴 り い ず れ 大 滝 へ ばんりょくの したたりいずれ おおたきへ 大河も最初の一滴から。 深山の、糸のような細い、流れとも言えない水が、長い距離、長い時間をかけ、小川になり、ホタルを育み、湧き水として有り難がられ、豆腐屋やそば屋に使われ、本流に近づきやがては合流します。 平野と言われる広い水田を潤し、飲み水になり、導...
躊 躇 ひ て 声 掛 け ず 過 ぐ 星 月 夜... とまどいて こえかけずすぐ ほしずくよ 風呂上がりのすっぴんで、パタパタ出てきたはいいが、思わぬ人を見かけた。 どうせ向こうは、忘れているだろう。 声をかけたところで迷惑にちがいない。 満天の星。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください