煤 逃 げ や 親 父 の 苦 闘 思 ひ 出 し

すすにげや おやじのくとう おもいだし

昔の年の瀬は、確かに今とはちがっていました。
家中で大掃除をし、おせちを作り、それは紅白歌合戦の始まりにも及び、やっと座ったかと思えば、年越しそば。
行く年来る年を見るか見ないうちに、初詣でに出発です。
年が改まることが、厳粛で、全てのものを新しくし、荘厳な気分になれたからでしょう。
三が日は店は開かず、食べるものも蓄えなければなりません。
黒豆のように、時間のかかるものもあり、数の子のように手間のかかるものもありました。
煤逃げとは、すす払いを一家でやるのに、何かと理由をつけ逃げることです。
碁会所や、ゴルフや、その他さまざまな場面を創り出して、世のオトコどもは煤逃げに一生懸命でした。
父も気合を入れて煤逃げに力を尽くしていたように思います。
同志が多いので、麻雀やゴルフに逃げ出していた記憶があります。

この句も読まれています。

柚子(ゆず)たぽん たぽんと湯に入る 冬至の湯... 冬至には柚子の風呂に入るのがいいとされる。 湯気が、心なしか柚子の香。 風邪をひかないよう、ご先祖さま、よろしくお見守りください。...
幸あれと 祈りをこめて お雛さま... 私にもお雛さまがあった。何にムカついたか、まま母に捨てられた。 ばあちゃんが買った。まあるい顔をしてた…。...
どこかにか 金木犀の あるらしく 香りのする木が好きです。 特に金木犀は、秋の高い空に良く似合います。 道を歩いていると、ふっと匂ってくる、幸せを感じる一瞬です。 ちいさなオレンジの花も、かわいいです。 以前あんまりいい香りに誘われて、金木犀を一枝、車に持ち込んだことがあります。 あふれるような秋を感じながらのドライブ、でもそのあと...
チ ュ ー リ ッ プ ひ ら い て は ず れ て そ む か れ て... Tulips, チューリップ / T.Kiya ちゅーりっぷは国民的なかわいい花です。 でもほんとにそうでしょうか。 かわいいのはつぼみか、ちょっと開き気味の時だけ 開きすぎたチューリップの見苦しさったら 目をそむけたくなるくらいじゃありませんか だあれもいわないけど、開いたチューリップはだらしの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください