煤 逃 げ や 親 父 の 苦 闘 思 ひ 出 し

すすにげや おやじのくとう おもいだし

昔の年の瀬は、確かに今とはちがっていました。
家中で大掃除をし、おせちを作り、それは紅白歌合戦の始まりにも及び、やっと座ったかと思えば、年越しそば。
行く年来る年を見るか見ないうちに、初詣でに出発です。
年が改まることが、厳粛で、全てのものを新しくし、荘厳な気分になれたからでしょう。
三が日は店は開かず、食べるものも蓄えなければなりません。
黒豆のように、時間のかかるものもあり、数の子のように手間のかかるものもありました。
煤逃げとは、すす払いを一家でやるのに、何かと理由をつけ逃げることです。
碁会所や、ゴルフや、その他さまざまな場面を創り出して、世のオトコどもは煤逃げに一生懸命でした。
父も気合を入れて煤逃げに力を尽くしていたように思います。
同志が多いので、麻雀やゴルフに逃げ出していた記憶があります。

この句も読まれています。

長閑さの どれほど持つか 恐る恐る... このところ静かな日々が続いている。 職場の部署が変わった。でも悪くはない。 体調も悪くはない。はじめは少し心臓が重くなった気がしたり、いろいろあったが、 落ち着いた。 気になることはいろいろあるが、いまのところ悪い沙汰もない。 どうか明日も続きますように。 どうかなんとか続きますように。...
日記とは 苦しきときのみ 書きおりて... 毎日日記を付けるのは苦手。どうしようもない不安を抱えたときだけ、書く。それもあまりに大きいときは、書けない、そんな余裕はない。それで三年日記も空白だらけ。捨てようかと読み返してみるが、途中でやめた。そのときの苦しい気持ちがよみがえって、やめた。捨てることもできず、引き出しの奥にしまった。...
歳 時 記 に 去 年 の 栞 や 散 紅 葉 さいじきに こぞのしおりや ちりもみじ 一年を通した季節感や、行事、しきたり、季語などをわかりやすく編集したものが、歳時記です。 24節気や、月の呼び名など、知らないことが多いので、重宝しています。 秋のページに紅葉の押し花。 去年、拾ったものを、挟んで忘れていたものと思われます。...
御 降 ( おさがり ) や 天 満 宮 に 容 赦 な し... DSC_0303 / gtknj 元旦から、大雪そのあと大雨。縁起がいいらしく、御降りがあると、富正月と言って豊穣の前兆とするふうもあるとのこと。車は進入禁止にしており、7キロも遠回りさせられて、やっと駐車場見つけて停めたけれど、慣れないところから入ったために、道まちがえて、反対側に出てしまうし、足...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください