煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り

すすにげの わびはとらやに おさまれり

家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。
手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。
女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹を均等に切ることに集中したものです。
かくて親父は無罪放免どころか、鼻高々といった風情。
まだ元気だった頃の年末の風景です。

この句も読まれています。

夏 の 果 て 手 酌 に 浮 世 し ば し 飛 ぶ... なつのはて てじゃくにうきよ しばしとぶ お酒はスッパリやめたけれど、イベントは別よ。 平均して、月に一回くらいでしょうか。 同窓会や、めったにない結婚式、むかしの仲間と、「お元気?」の会くらいです。 仕事しているころの歓送迎会や忘年会が無いのは、おおいに結構。 イヤなヤツとは飲みたくない...
鬼 門 に は 立 ち 塞 が り て 花 八 手... きもんには たちふさがりて はなやつで むかしは何処の家にもあった八手の木。 たいていは、勝手口近く。 子どもには、天狗の団扇のように、大きな葉っぱでした。 秋も深まるこの頃に、白くて丸い球を集めたような花を付けます。 地味なので、うっかり見逃してしまうことも多いものです。 日陰ばかりでは、花は咲...
盆 の 月 駅 ま で の 道 照 ら し を り... ぼんのつき えきまでのみち てらしおり わたしは親兄弟に縁が薄いのか、ママ母はもちろんのこと、生みの母のことも好きになれずに終わりました。 父は、ママ母との間にできた三女を溺愛し、30年経った今も、いい思い出より思い出したくないことの方が頭を巡ります。 それでも遠い先祖の中に、ひとりくらい、ちょ...
若すぎて 葬儀の写真 山笑う はたしてどなたの葬儀か、一瞬戸惑う。 あんまり現実を写したものを飾る必要はないし、幸せな充実したときの 顔がいいのだけど。 探してなかなか見つからなかったのでしょう。 うちの婆ちゃんは、老人会で旅行したときの写真を使ってくれと、 すべての身内に遺言してたけど、あれから三十年もたって、 結局若い写真に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください