煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り

すすにげの わびはとらやに おさまれり

家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。
手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。
女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹を均等に切ることに集中したものです。
かくて親父は無罪放免どころか、鼻高々といった風情。
まだ元気だった頃の年末の風景です。

この句も読まれています。

秋の雨 家ひそかなり 掃除する 秋の冷たい雨が朝から降っている。時々激しい。静かな家をしこしこ掃除する。好きで集めた小さな人形たち、タイプライター、ラジオ、ビクターの犬=ひとつひとつ持ち上げて拭く。ついでに柱時計のねじを巻く。ふたつのねじを、中に向けて巻かなければならない。窓の外の雨を見ながら、ときどき休憩をはさみながら、結構しっ...
映画 「 残 穢 ( ざんえ ) ー住んではいけない部屋ー 」... 観てきました。 大好きなホラー映画。 実話である。 現在の北九州市に、小さいながらも炭鉱を経営する奥山という家があった。 戦前のこと。 当時、炭鉱は何処も劣悪な労働環境で、事故は頻発し、補償すらまともになされなかった。 奥山家経営の炭鉱も例外ではなく、それどころか大きな炭じん爆発を起こし、100人を...
釣 瓶 落 と し 昇 開 橋 の 赤 僅 か つるべおとし しょうかいきょうの あかわずか 筑後川昇開橋。国鉄佐賀線にありえ、福岡県大川市と佐賀県諸富町を結んでいた可動式の鉄橋です。 佐賀線の廃線後も残され、今は歩道橋となりました? 重要文化財です。 橋げたの一部が上下します。 昇開橋では、日本最古。 筑後川の河口付近にあり、建設当...
一 村 を 滝 壺 に せ り 送 り 梅 雨 いっそんを たきつぼにせり おくりつゆ もう30年以上前の話です。 長崎豪雨。 あの年は、じとじとといつまでも梅雨が明けず、洗濯物は生乾き、乾燥機など無かった時代でした。 わたしは体調を壊し、以前経験した貧血だろうと勝手に決めて、市販の大瓶の真っ赤な錠剤を飲み干し、それでも良くならないものだから、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください