煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り

すすにげの わびはとらやに おさまれり

家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。
手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。
女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹を均等に切ることに集中したものです。
かくて親父は無罪放免どころか、鼻高々といった風情。
まだ元気だった頃の年末の風景です。

この句も読まれています。

雪しまき 槍のごとくに 傘を向け 雪が激しくて、風も強いと、もう完全に前に傘を 向けなくてはならない。 おそろしい格好である。
蛍草 これでもかと 膨れおり ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。 わたしも写真を載せる技術を学ばねば。...
苔 玉 に 氷 載 せ た り う だ る 日 は... R1071204 / yoppy 苔玉を作った。 園芸店で習った。 初心者だから、枝を伸ばしてその先にまた葉をつける、オリズルランの子どもあれをひとつ載せた。 花の咲かない、緑だけの苔玉は、見るに涼しい。 ときどき氷を載せてやる。 喜んでないかもしれない。 園芸店で、習ったわけじゃない。 わたしの...
桜鯛 慶事仏事も 出席す 最近は、昔のような精進料理は、見かけなくなった。 五十回忌ともなれば、生きのいい桜鯛がお膳にあがる始末。 もっとも弔われる人の顔も知りませんから。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください