煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り

すすにげの わびはとらやに おさまれり

家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。
手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。
女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹を均等に切ることに集中したものです。
かくて親父は無罪放免どころか、鼻高々といった風情。
まだ元気だった頃の年末の風景です。

この句も読まれています。

紫陽花の 首振って挿す 戻り梅雨 雨に濡れた紫陽花を一輪というか、一本切って花瓶に活けた。活けたというか、つきたてた感じ。何というか、頭の大きなでく人形みたい。雨を振り落とすのに、ちょっと振った。風情のない生け花。...
台風に 簾暴れて 雨戸打つ すだれはやっぱり立て掛けて使うものらしい。軒の先にぶら下げると、日除けにちょうどいいものだから、そうしていたら、台風の大風で舞い上がって、武器のように雨戸に激しくぶつかって大きな音をたてる。今さらもうどうしようもない。バタバタ取り込んだりしたら、二階から落ちるかもしれない。やめとこ。...
髪梳けば(すけば) 五人囃子の つるっぱげ... 雛人形を納める時期です。 長い年月のうちに、シミができた、三人官女。 くせ毛になった五人囃子。 なんとか整えようと、髪を梳いたところ、引っかかって抜けた。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
秋寒し 今どこにいるかも わからずに ... s過ぎ去ってみないと、わからないことは多い。いま、こうしていることが、果たしていい方向に向かう足がかりなのか、まったく余計な無駄足なのか、人生は思いのほか短いような気がする。何か充実したいけど、いったい私はいま、どこにいるのか、こうしていることは、間違った選択の結果じゃないか、失敗が多かったゆえ、自...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください