煤 逃 げ の 詫 び は 虎 屋 に 収 ま れ り

すすにげの わびはとらやに おさまれり

家族分担の年末大掃除を、すり抜けていつも行方不明になって、ひんしゅくをかっていた親父が、同じ企みの同志にクルマで送ってもらい帰還したときのこと。
手には、何処で手に入れたか、虎屋の羊羹。
女ばかりの我が家は、嬌声をあげ、父が煤逃げしたことはすっかり忘れ、羊羹を均等に切ることに集中したものです。
かくて親父は無罪放免どころか、鼻高々といった風情。
まだ元気だった頃の年末の風景です。

この句も読まれています。

秋渇き ようやく言いたき ことを言う... 夏に弱いわたしは、暑い季節はじーっとして体力を持ちこたえ、体調を考え 過ごすのです。暑いときに思い立って何かしたり、頑張ったりしても、なんか うまくいかないような気がするのです。 それが涼しくなると、体に力がみなぎってくるのがわかるのです。 悔しかったこと、腹がたったことも、順序たてて、冷静に落ち着...
愛 憎 の 絡 み の 如 し 烏 瓜 あいぞうの からみのごとし からすうり 最近は野山を歩いても、カラスウリに出会うことはあまりありません。 でも、オレンジ色の実が、次第に色づいて赤くなり、赤を通り越して、燃えるような紅にまでへんげし、手繰り寄せれば、上がったり下がったりしながら近づいては来るのだけれど、最後のところで、何かに引っか...
地には我 空に雁行く 束でも一羽 いまわたしはひとり、ここにいる。 空には雁が、群れをなして渡っていく。 それはただ集まって飛んでいくだけ。 一羽一羽の集まり、一羽が脱落したからって、仲間が助けるわけでもなかろう。 人間といっしょ、所詮ひとり、所詮一羽...
冴返る 如月の月 歩(ほ)を速む ビールが足りないから、買いにいった。月がでている。月なんて、ビールが足りない時しか見ない。キーンと冷え切った空気、冴え冴えとした月、寒い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください