煌 め きて 星 は 霜 夜 を 連 れ て 来 し

きらめきて ほしはしもよを つれてこし

霜は、曇った夜ではなく、満天に星のきらめく晴れた夜降りるのだそうです。理由は、夜空が晴れていると放射冷却によって気温が下がり、大気中の水蒸気が細かな水の結晶を結ぶからだそうでず。
これが霜。
逆に夜空が雲に覆われていると、地上の熱が失われずに暖かいので、霜は降りにくくなるというのです。
夜空が晴れて冷え込み、まるで霜の降りる音がしんしんと聞こえそうな夜があります。
霜夜です。
そんな夜が明けると、辺り一面に、白く降りた霜が朝日に照らされて輝きます。

この句も読まれています。

奈良漬の あとに蕪(かぶ)など 漬ける秋... 酒蔵で今年の奈良漬を買った。酒かすの中に奈良漬がほんの一枚半。酒かすがいっぱい残ったので、もったいなくて蕪をスライスして漬けたら、結構おいしかった。損したような得したような。...
蝉のごと 鳴いてばかりで 振り向かず... ジージーとうるさく鳴き続ける蝉。訴えるばかりでは男は振り向かぬ。手立てを学べ。雰囲気つくれ。
凍てついて 親亡き家は 戸も開かず... 家というものは不思議なものです。 誰も住まなくなった家は、見る見るうちに荒れるのです。 べつにどこが壊れるわけでも、錆びつくわけでもないのですが、 息をしてないのです。 まして鹿児島県伊佐市、鹿児島の北海道といわれる、山中の 人の住まなくなった家は、急に立て付けが悪くなったわけでも なかろうに、凍り...
か に か く に 故 郷 の 夏 の 匂 ひ な り... かにかくに こきょうのかぜの においなり 何がちがうわけでもなかろうに。 たいした思い出があるわけでもないのに、やはり故郷の風はちがう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください