煌 め きて 星 は 霜 夜 を 連 れ て 来 し

きらめきて ほしはしもよを つれてこし

霜は、曇った夜ではなく、満天に星のきらめく晴れた夜降りるのだそうです。理由は、夜空が晴れていると放射冷却によって気温が下がり、大気中の水蒸気が細かな水の結晶を結ぶからだそうでず。
これが霜。
逆に夜空が雲に覆われていると、地上の熱が失われずに暖かいので、霜は降りにくくなるというのです。
夜空が晴れて冷え込み、まるで霜の降りる音がしんしんと聞こえそうな夜があります。
霜夜です。
そんな夜が明けると、辺り一面に、白く降りた霜が朝日に照らされて輝きます。

この句も読まれています。

侮 り て (あなどりて) 蝸 牛 (かたつむり) 歩 み 見 逃 せ り... そこにいたはず。のたりのたりと何がしたいのか、何処へ行くつもりなのか。見てやろうと思いつつ、ちょっと他に目を移したばかりに、見失ってしまった。遅い遅いと言われながら、きっちりと仕事をする人がいる。わたしは捌くのは上手だが、速いだけでものごとを俯瞰する力が大きく不足している。何か言われればおろおろす...
月 夜 に は 守 宮 (やもり) の 腹 の 白 か ろ う... やもりが虫を狙っている。 白い腹をこちらに向けて。 近頃はとんと見なくなって、懐かしい映像のよう。 梅雨の半ばのひと休み。...
夾竹桃 わずかな気力 吸い取られ 夾竹桃の花は強い。 毒性もあるらしい。 毒気にあてられて、自分が自分でなくなるような、一番苦手な人間の匂いがする。...
沢 す じ の 滑 落 抱 い て 山 眠 る 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 今年は、雨が多かった。山では小さな崖崩れが起こり、尾根と尾根の間の落ち込んだところの樹々が流された。とくに人の通りには被害のない場所だったためか、手が回らないのか、今のところそのまま、山肌を晒して痛々しい。それな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください