煌 め きて 星 は 霜 夜 を 連 れ て 来 し

きらめきて ほしはしもよを つれてこし

霜は、曇った夜ではなく、満天に星のきらめく晴れた夜降りるのだそうです。理由は、夜空が晴れていると放射冷却によって気温が下がり、大気中の水蒸気が細かな水の結晶を結ぶからだそうでず。
これが霜。
逆に夜空が雲に覆われていると、地上の熱が失われずに暖かいので、霜は降りにくくなるというのです。
夜空が晴れて冷え込み、まるで霜の降りる音がしんしんと聞こえそうな夜があります。
霜夜です。
そんな夜が明けると、辺り一面に、白く降りた霜が朝日に照らされて輝きます。

この句も読まれています。

灼熱に 赤いカンナが 咲き狂う かんなには、狂気の雰囲気があります。 誰からも愛でられず、足を留められることもなく、咲き狂うしかないように見えるのです。...
断熱剤 ない人生の 底寒さ 断熱材がないような、うまく言えないけど、そうとしか表現できないのです。うそ寒いのです。底冷えがするのです。...
春時雨 天地に満ちて 柳芽吹いて 春の雨はいい。まだ肌寒い季節。激しくもなく、しとしとと何日も何日も降り続く。うっとうしいと人は言うけれど、確実に 一日一日と芽吹いていく様子は心強くもあり、何があろうと変わりなく変わりなく日は移ろい、季節は変わるという当た り前のことを思い知る。...
秋の雨 来世はイグアナ ガラパゴス... 生きていくのは、なかなかつらい。 もう一度生まれ変われるなら、今度はガラパゴスのイグアナになりたい。 天敵のいない世界で、悠久の雨にうたれてみたい。 もちろん風邪もひかないだろう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください