焦っても 酒でも呑むか いわし雲

まったく待つのは疲れる。なるようになれじゃ。
ひとつおもしろいこと見つけた。職安で見つけた。あたしが辞めたとこ、次の人入って、一ヶ月で辞める、もしくは辞めてる。
_〆(≧ω≦*)♪
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

台風の 進路になりたき 心地もす 子供のころから台風が好きです。用もないのに、玄関の外に出て、一瞬激しい風と雨に打たれたりしました。地響きのするような豪雨で、すべてを洗い流せるような気がするのです。人には言いません。「それてよかったですねえ」と言います。あたしは今失業中です。部屋の中を大掃除中です。台所も、押入れも。断捨離実行中です...
ひ と 休 み し て 雑 炊 に 再 参 加 ひとやすみ してぞうすいに さいさんか ほんとのことを言えば、鍋は面倒くさい。 各々勝手にさっさとと思うのですが、気が利かないと思われるのもイヤなので、一、二度は人の取り方にも気をつかう振りをしなければならない。 やけに甲斐甲斐しいのもいる。確かに。 わたしは、自分があまり世話をやかれたくないので...
暮 れ ん と す ま ず 石 蕗 (つわぶき) の 花 於 い て... 秋の夕暮れ。 日の落ちることの早さに、毎年のことながら驚く。 庭先にも、道端にも、日当たりのいいところには、石蕗の花が真っ盛り。 混じり気のない黄色で、夕暮れの中最後まで色を残す。 葉はまんまるで、緑鮮やか。...
海 風 を 顔 で 受 け た り 野 水 仙 この寒空なれど、水仙の季節である。 昔ながらの日本水仙が他のどの種類より魅力的である。 地味な花ながら、香りは強く、清々しい春の香りがする。 陽当たりさえよければ、たいして肥料など遣らずとも、つまり道端でも咲く。 川風も海風もものともしない。 画像提供:Twin / ai3310X...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください