焦っても 酒でも呑むか いわし雲

まったく待つのは疲れる。なるようになれじゃ。
ひとつおもしろいこと見つけた。職安で見つけた。あたしが辞めたとこ、次の人入って、一ヶ月で辞める、もしくは辞めてる。
_〆(≧ω≦*)♪
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

改 札 を 抜 け 荒 星 に 守 ら る る かいさつを ぬけあらぼしに まもらるる 駅を出て改札を抜けると、吹きすさぶコガラシ。 これほどではなかろうと思っていたのだけれど、叩きつけるほどの強さと寒さ。 思わず空を見上げると、大きく光る星。 ひとつの星が、寒さにこじけた帰り道をついて来る。 月も星も、自分ひとりのものにできる、数少な...
肺臓に 頭の芯に 秋の夜気 毛布を着て、窓は開けて寝ている。秋の夜の澄んだ空気が部屋いっぱいに充満するのが好き。息を吸うのも秋、身体のすみずみまで秋。...
餌 と 決 む る 眼 左 右 に 木 葉 木 菟... えときむる まなこさゆうに このはずく 迫力があります。 夜行性です。 木の枝だけでなく、人通りのない、使われない錆びた門扉の上に、目を瞑って動かずにいるのを夕方遅くに見たことがあります。 眼は瞑っているように、遠目には見えたのですが、よく見ると薄眼を開けて様子を伺っていうようなのです。 首を動か...
霙(みぞれ)降る 師走の駅の せわしなく... 何が変わるわけでもないのに、人の流れの忙しさ。 今年ももう終わる。 世の中は忙しいのたろう。 何も変わらず、年の暮れのプータロー iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください