焦っても 酒でも呑むか いわし雲

まったく待つのは疲れる。なるようになれじゃ。
ひとつおもしろいこと見つけた。職安で見つけた。あたしが辞めたとこ、次の人入って、一ヶ月で辞める、もしくは辞めてる。
_〆(≧ω≦*)♪
iPhoneからの投稿

この句も読まれています。

秋寒や あいつも 凍れ 凍りつけ 実らないどころか、忘れられた人間。 霜の降りるほど寒い朝には、こんなことをおもってしまうのです。 だからだめなのに…...
蜻蛉の 先行き後行き 初の盆 初盆の家をたずねて帰る折、後になり先になりしてトンボがとぶのです。 同じトンボではないのかもしれないけれど、亡くなった人をかさねて、思い出すのです。...
朧 (おぼろ) の 夜 遭 う ( あう ) 人 の あ り 去 る 人 の あ り... ”朦朦朧朧隱隱約約” / 寧 Serenity / SML.20130203.EOSM.01610 / See-ming Lee 李思明 SML いつ誰に遭うのか、思いもかけない別れがくるのか、誰も知らない。つい最近といっても、2ヶ月半くらい前、残念な別れがあった。もっと話したかったのに、穏やかで...
白 蓮 の 部 屋 急 階 段 や 白 き 月 びゃくれんの へやきゅうかいだんや しろきつき 柳原白蓮。 歌人。 大正天皇の従姉妹。 大正三美人のひとり。 父は伯爵、その妾の子として生まれ、正妻に養育される。 最初の結婚で子をなすが、取り上げられ離婚。 九州飯塚の炭坑王、伊藤伝右衛門、50歳。 炭鉱労働者からの叩き上げ、学問はなく、妻を亡...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です