焦がれても 密かなるべし 虎落笛(もがりぶえ)

冬の冷たい激しい風が、垣根や電線に吹き付けて、身をよじるような苦しい声を上げるように聞こえる虎落笛(もがりぶ
え)身をよじっても、届かない、伝えてはいけない恋心なのかもしれない。

この句も読まれています。

秋の蚊の 死にはぐれたと 声のする... もう九月も半ばなのに、まだ蚊がいるのです。 じーと動かずに立っていると、4,5匹音をたてて寄ってきます 季節はずれと思うから、よけい腹が立つのです。...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは、あまりない。 目が覚めたとき、何故かいつも疲れている。 そして目が覚めてからも、暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。...
小菊挿し 無縁墓(むえんぼ)秋を 堪能(たんのう)す... 霊園の片隅に二つ、⚪️⚪️市無縁墓と書いてある。 誰が供えたか、石の花入れに入りきれないほどの 黄色の小菊。右と左に。 通る人の心を癒す。 墓は生きている人のものだと実感する。...
蚊帳を出て ふか夜の闇の 恐ろしさ... 子供の頃、夏の暑い夜、一晩中蚊帳から出されて、まんじりともせず闇夜に体操座りで過ごしたことがある。 継母の虐待。 あの女、許さない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.