焦がれても 密かなるべし 虎落笛(もがりぶえ)

冬の冷たい激しい風が、垣根や電線に吹き付けて、身をよじるような苦しい声を上げるように聞こえる虎落笛(もがりぶ
え)身をよじっても、届かない、伝えてはいけない恋心なのかもしれない。

この句も読まれています。

紫陽花や 紫の又 紫の奥 わたしは深い藍紫の紫陽花が好きです。 ありそうでなかなかこれっという色が見つからないものです。 深い深い紫色の紫陽花は、小さめの花瓶にぽくっと首だけさしてもいいものです。...
睡蓮の 泰然とあり 雨の打つ その場にあって、風にそよぐこともない。 雨に打たれようがそれはそれと受け流す。 度量の大きさ。
し め 縄 に 稔 り の 稲 穂 そ の ま ま に... しめなわに みのりのいなほ そのままに 道の駅のしめ縄コーナーの端っこで見つけました。 稲穂をそのまま。 くるりと巻いて止めただけ。 あまりに質素で、華やかさもなく、でも考えてみれば、これがいちばん贅沢なしめ縄かもしれません。 お米がそのまま実った状態ですから。 むかしの人が見たら、もったいない...
吉 野 ヶ 里 遺 跡 狙 い て は た た 神... よしのがり いせきねらいて はたたがみ 1989年8月17日、吉野ヶ里遺跡にて発掘調査中、雨が降り出したため、遺跡にシートをかけるなどの作業中、落雷。 遺跡発掘に貢献された方が亡くなっています。 生前、誰も見向きもしなかったこの一帯を、貴重な遺跡群と認定させた功労者だと新聞で読んだこと記憶していま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください