湧 き 落 つ る 瀧 と 見 紛 へ こ で ま り や

わきおつる たきとみまがえ こでまりや

コデマリは、挿し木で付くので、はじめはほんのひと枝から。

何年も忘れていると、そのうち花をつけるようになり、大きく成長し、垣根を越え、盛り上がった滝が勢いよく落ちるような迫力です。

この句も読まれています。

知 覧 茶 に 特 攻 載 せ し 終 戦 忌 ちらんちゃに とっこうのせし しゅうせんき 句会の先輩に、お兄さんを特攻で亡くした方がいます。 22歳だったそうです。 終戦を迎え、兄さんの友人たちが家に来て、いろんなことを、想い出や、戦争全般のこと、さまざまな細かいこと、例えばモールス信号の手習いなど教えてくれたと、折にふれ、私たちにも聞かせて...
葉を落とす 兆し見せつつ 夏が逝く... 朝夕がやっと少し涼しくなったかと思ったら、もう確実に秋。いちばん初めては蔦か。もう散るモード。色は変わらない。なにも変わらないんだけど、力がない、気がする。あ、ワタシ、タンカきって辞めちゃった話は、ハイ確かしました。...
旅たちを 喜ぶ友の 少なくて はたして「旅たち」は季語だろうか。 不幸なことや不幸せなことがあったとき、 なぐさめたり、共に泣いてくれる人は 多いものだ。 しかし少し嬉しいことがあったとき、 自分のことのように喜んでくれる人って いない。 そんなときに、あらためて関係を見つめなおす。 あたしの小さな旅たちなんて、しれてるのに。...
秋 風 を 捕 ら え あ ぐ ね て 秋 日 傘... sunshade / 日傘 / Kanko* 顔に吹く風の冷たさ。そうは言っても この日差しの強さ。真夏より激しいか もしれない。日傘をさすと、風を捕ら えること難しくなる気がする。片影を さがしながら歩く。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください