湧 き 落 つ る 瀧 と 見 紛 へ こ で ま り や

わきおつる たきとみまがえ こでまりや

コデマリは、挿し木で付くので、はじめはほんのひと枝から。

何年も忘れていると、そのうち花をつけるようになり、大きく成長し、垣根を越え、盛り上がった滝が勢いよく落ちるような迫力です。

この句も読まれています。

人 生に や り 直 し な ど 柘 榴 の 実 じんせいに やりなおしなど ざくろのみ 人生にやり直しなどきかないことは、誰もが知っているはずなのに、人にはウソばっかり言います。 いい加減ななぐさめや、テキトーな励ましなどいらないのに。 自分のあずかり知らぬところで、スタート地点からまちがった人間はどうすればいい? 修復に、気が遠くなるほ...
おでん三つ あれば句も出る 唄も出る... おでんが三つもあればいい。 熱燗が三本もあればいい。 ひとりパラダイス。ひとり夢のなか。 この時間が確保できれば、あしたもどうにか なる気がする。...
玄関に 松の息吹く 淑気(しゅくき)かな... 淑気とは、なごやかでおめでたい空気のことらしい。 松は手がかかる、お金がかかると、この頃では 庭木に見ることが少ない感があるが、手入れの行き届いた 大きな松が玄関に枝振り良く配されているのはいい。 特に新年には、空気がしゃきっとなる気持ちがする。...
味薄い 年越しそばを 作りけり なぜか料理が下手であります。 味の薄い蕎麦で、来年は大丈夫なんだろか、 心配…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください