湧 き 落 つ る 瀧 と 見 紛 へ こ で ま り や

わきおつる たきとみまがえ こでまりや

コデマリは、挿し木で付くので、はじめはほんのひと枝から。

何年も忘れていると、そのうち花をつけるようになり、大きく成長し、垣根を越え、盛り上がった滝が勢いよく落ちるような迫力です。

この句も読まれています。

息白く 庭砂利(にわじゃり)に見つけ さくら貝... 海で採った砂利だろう。小さなさくら貝を見つけた。こんなことで小さな幸せを感じることがようやく出来るようになった気がする。簡単なようで、これが結構むずかしい。どうでもいいような偶然や、ほんの一瞬の人との出会いや、交わした言葉をあとで思い返してふっと笑えることや、虹に出会ったこと、完璧な形のもみじをひろ...
置 き 薬 膏 薬 効 くと 生 身 魂 おきぐすり こうやくきくと いきみだま 越中富山の薬売りから始まった、常備薬を家庭に置き、使った分を補給するタイプの配置薬。 未だに健在です。 たいていは、かぜの薬や胃腸薬などですが、腰や膝に貼る湿布も人気のようです。 お年寄りは「 こうやく 」と呼びます。 医師が出す湿布薬より、絶対効くと言うの...
秋 高 し 隣 の ク ラ ス 参 観 す あきたかし となりのくらす さんかんす あたしが小学校のころの参観日のこと。 近所のおばちゃんが後ろに立っていた。 その子とは幼なじみで、よく遊んだけれど、学年が変わってのクラス替えで、ちがう組になった。 なんで、ここにいるんだろう。 おばちゃん、途中で気がついたようで、ハッとした顔して、...
野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り... 台風は、何処を過ぎているのか。 雨がおかしな降り方をする。風 はない。狂ったように降ったか と思えば、ピタッと止んで青空 が見える。直ちに蝉が反応する。 降り出せば止む。上がれば鳴き だす。おかしなものだ。わたしは ツクツクボウシの声を心待ちにし ている、毎年。秋の気配を一番に 受けとめたいから。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください