淋 し さ は 淋 し さ と し て け む り 茸

さびしさは さびしさとして けむりたけ

寂しいときに、騒いではいけない。
今、どうして何が原因で寂しいのか、いやでもしっかり考えた方がいいとわたしはいつも思います。
なんとなく、秋だから淋しいなんてことは、ないと思うのです。
原因はたぶん足元に転がっている。
さっき言われたこと。
さっき見た風景。
こんなことに、わたしは弱いんだ、叩きのめされるんだと自覚したなら、次からは、打ちのめされずに、風のように過ぎていくようにしなければいけない。
強くなりたい。
孤独になんかつまずきたくない。

この句も読まれています。

おでん三つ あれば句も出る 唄も出る... おでんが三つもあればいい。 熱燗が三本もあればいい。 ひとりパラダイス。ひとり夢のなか。 この時間が確保できれば、あしたもどうにか なる気がする。...
侮 り て (あなどりて) 蝸 牛 (かたつむり) 歩 み 見 逃 せ り... そこにいたはず。のたりのたりと何がしたいのか、何処へ行くつもりなのか。見てやろうと思いつつ、ちょっと他に目を移したばかりに、見失ってしまった。遅い遅いと言われながら、きっちりと仕事をする人がいる。わたしは捌くのは上手だが、速いだけでものごとを俯瞰する力が大きく不足している。何か言われればおろおろす...
折れこぼれ 蚊取り線香は 重ね点け... 折れた蚊取り線香はもったいないので、上手に重ね重ねで使います。 うまく火が続くように、だけどいっぺんに三つも火が付くと、床が熱くなって危ないので、気をつけます。...
柊 の 花 咲 き 始 む 日 家 解 く 日 ひいらぎの はなさきそむひ いえとくひ 柊のあのトゲトゲの葉には、まことに似つかわしくない、ほんとに小さくて、可憐で、とてもいい香りのする白い花です。 近づいてよく見ないと、気がつかないくらいです。 家はもう古くて、壊すことが決まって、今朝から重機が入り、ほこりの立つ中取り壊しが始まりました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください