淋 し さ は 淋 し さ と し て け む り 茸

さびしさは さびしさとして けむりたけ

寂しいときに、騒いではいけない。
今、どうして何が原因で寂しいのか、いやでもしっかり考えた方がいいとわたしはいつも思います。
なんとなく、秋だから淋しいなんてことは、ないと思うのです。
原因はたぶん足元に転がっている。
さっき言われたこと。
さっき見た風景。
こんなことに、わたしは弱いんだ、叩きのめされるんだと自覚したなら、次からは、打ちのめされずに、風のように過ぎていくようにしなければいけない。
強くなりたい。
孤独になんかつまずきたくない。

この句も読まれています。

雪折れの 水仙手折り(たおり) 坂の街... 雪で折れたのか、水仙の春の香を胸いっぱい 吸い込んで坂の街の細い道を行く。むかしの ままの小道が住宅の角を曲がり曲がり、さら に上へと歩くと、とつぜんの行き止まり。...
木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み... きまもりに あれやこれやの かみだのみ 柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。 来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。 ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。 まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。 鳥に実り...
枝 つ ま み 桜 桃 空 に 透 か し た り... えだつまみ おうとうそらに すかしたり 佐藤錦。 紛れもなく日本原産のさくらんぼ。 アメリカ産のチェリーも濃い赤紫が魅力的ではあるけど、だいぶ遅れてようやくスーパーで佐藤錦におめにかかることができます。 山形産です。 オレンジとも赤ともつかない、ちょうど中間の色。 5センチくらいの緑色の強くて細い...
海鼠(なまこ)切る 水の冷たき 正月の朝... 海鼠を切るのは骨が折れる。ヌルヌルして扱いにくいし、なぜかとても冷たい。正月の朝は、雑煮と刺身と海鼠と、そして新聞取って、ほんの少しの年賀状取って、ストーブつけて…やることはそれくらい。おせちはなし。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください