淋 し さ は 淋 し さ と し て け む り 茸

さびしさは さびしさとして けむりたけ

寂しいときに、騒いではいけない。
今、どうして何が原因で寂しいのか、いやでもしっかり考えた方がいいとわたしはいつも思います。
なんとなく、秋だから淋しいなんてことは、ないと思うのです。
原因はたぶん足元に転がっている。
さっき言われたこと。
さっき見た風景。
こんなことに、わたしは弱いんだ、叩きのめされるんだと自覚したなら、次からは、打ちのめされずに、風のように過ぎていくようにしなければいけない。
強くなりたい。
孤独になんかつまずきたくない。

この句も読まれています。

じ ゃ あ ま た ね 逢 う つ も り な き 冬 薔 薇 ( ふゆそうび )... 20120104 Denpark 6 / BONGURI もう二度と逢う気のないとき、オトコはかならずそう言って別れる。なんと残酷な響きだろう。それでも、その場はいっとき信じてしまう、学習能力のない自分がいる。何処にも持って行きようのない喪失感を抱いたまま、一見変わらぬ日々を送ることになる。けっこう...
煙 突 の あ る 町 に 来 し 冬 日 差 えんとつの あるまちにこし ふゆひざし 煙突といってもいろいろ。 七色の煙と誇らしげだった、北九州の以前の工業地帯、粉塵を撒き散らし空を汚し、洞海湾を死の海にした。 有田の陶芸の窯の煙突。 長く沈滞ムードでしたが、今では、世界に目を向けて、新しい陶芸家が育っていると聞きます。 陶芸家の養成のための...
氷割り たかが梅酒と 赤い顔 ほかに飲むものがないから、仕方なく口にした梅酒だけど、 甘いわりに効く。
まだ赤い ススキの穂にも 秋の風 暑い暑いと言い続けていたけれど、秋は来ていた。ススキが穂を出している。まだ若くて、穂は赤い。わたしはこの若いススキが好きです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください