淋 し さ は 淋 し さ と し て け む り 茸

さびしさは さびしさとして けむりたけ

寂しいときに、騒いではいけない。
今、どうして何が原因で寂しいのか、いやでもしっかり考えた方がいいとわたしはいつも思います。
なんとなく、秋だから淋しいなんてことは、ないと思うのです。
原因はたぶん足元に転がっている。
さっき言われたこと。
さっき見た風景。
こんなことに、わたしは弱いんだ、叩きのめされるんだと自覚したなら、次からは、打ちのめされずに、風のように過ぎていくようにしなければいけない。
強くなりたい。
孤独になんかつまずきたくない。

この句も読まれています。

露の世と 言いきかせども きかせども... 人生なんてあっとく間に終わる、50年たてば今わたしの抱えている悩みは、おそらく終わっているかと 思う。100年たてば、今いる人はみんないない。 そんなこと思っても、なかなか気が晴れるものではありません。 なかなかつらいものです。...
母 子 草 名 前 の ゆ え に 引 き 抜 か れ... 母の日参観 / yamakazz つまらない話ですが、あたしは親に恵まれていません。 生みの母に5歳で生き別れ、24歳の継母に虐待を受けて育ったいやらしい育ちです。 新聞の投稿欄も、「母」とあれば詠む気がせず、母を唄った歌は聴く気がせず、 なんともおそまつな話です。...
ア マ リ リ ス 大 口 叩 く 嘘 は 言 う... あまりりす おおぐちたたく うそはいう いろんな新しい品種もあるようですが、昔ながらのアマリリスは、赤一色。 口裂けオンナのように大きく開いた口に見えてしょうがありません。 「ここだけの話」というフレーズが大好きで、そのくせあちこちで触れ回るタチの悪いオンナの口に見えてしまうのはわたしだけでし...
柿落ち葉 丁寧な色 丁寧に落つ 柿の落ち葉は美しい。虫食いもなし、色むらもなし。木に付いて栄養を受けながら落葉し、そのまま重なっていく。落葉してなお、秋の日を受けて、最後の化粧直しをしたようにさえ見える。黄色、橙色、朱色、そしてすこうしまだ緑色。わたしは丁寧が好きです。自分ができないから、丁寧な仕事をする人、ひとつひとつきちんと押...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください