海 峡 を 跨 ぐ 架 橋 の 初 御 空

かいきょうをまたぐかきょうの はつみそら

岡山県の倉敷から、香川県坂出につながる児島坂出本州四国連絡橋。
蒼い、蒼い海と空に挟まれ、何処を見ていいかわからないうちに渡りきってしまいます。
句会でご一緒の先輩諸氏は、大きな橋が、道路ができることを喜ばれません。
「新幹線が通ったら終わり」と聞きます。
山には呆れるほどの数のトンネルが掘られ、海峡は橋で風景が変わります。
しかしながら、そこに住む人々には、生活ががらっと変わり、驚くほど便利になります。
変わることは、時代に沿った、仕方のないことでしょう。
ただ、もういいかなという気はします。

この句も読まれています。

箱で買い ひっくり返して 冬蜜柑(ふゆみかん)... 蜜柑は箱買いする。 高いけど、ちまちま買うよりいいかな。 下のほうが痛みやすいので、どてっと箱ごとひっくり返して 後ろから開ける。 もう炬燵(こたつ)はないけど、ホットカーペットに寝転んで テレビ見ながら、蜜柑。幸せというのかもしれないって言うより これをしあわせと思わなければ、あたしにしあわせはな...
彼岸なり 遭いたい人の 二三人 彼岸がどういう意味があるのか、よく知らない。昼と夜の時間が同じになるとか、そのくらい。あの世とかかわりがある のだろうか。わたしは身内と縁が薄く、甘えたい人、親しみたい人とそうそうしゃべることもなかった。そうこうしてるうち に、老いて死んでしまった。遭って聞いてみたいこともあるのだけれど、そんなこと...
すかんぽを しごきしごき行く 春の道... すかんぽを、ずるずるっと引っ張れば、赤い種だけが手の平に残ります。 それがおもしろくて、子供のころは道を歩き歩き、やったものです。 しばらくすると手のひらに赤い色がつき、なかなかとれなくて、 ズボンで拭きながら歩いたものです。...
厨口(くりやぐち) 花のヤツデの 横を抜け... 裏にまわって勝手口に行くところ、ヤツデはたいてい そんなところにある。 大きな天狗の団扇みたいなというか、巨人の手のような 緑の葉っぱに守られて、白い小さな粒の集まりのような 白い花が丸い塊になって咲くのだけれど、あんまり誰も 気にかけてない。 日陰にあって、でもかならずそこにあるべきヤツデ。 むか...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください