海 峡 を 跨 ぐ 架 橋 の 初 御 空

かいきょうをまたぐかきょうの はつみそら

岡山県の倉敷から、香川県坂出につながる児島坂出本州四国連絡橋。
蒼い、蒼い海と空に挟まれ、何処を見ていいかわからないうちに渡りきってしまいます。
句会でご一緒の先輩諸氏は、大きな橋が、道路ができることを喜ばれません。
「新幹線が通ったら終わり」と聞きます。
山には呆れるほどの数のトンネルが掘られ、海峡は橋で風景が変わります。
しかしながら、そこに住む人々には、生活ががらっと変わり、驚くほど便利になります。
変わることは、時代に沿った、仕方のないことでしょう。
ただ、もういいかなという気はします。

この句も読まれています。

悔やみ来て 薄暮の空を 仰ぎ見る 人生って、大きな間違いをしてしまうと、 それはもう、取り返しがつかない。 人生は何度でもやり直せるなんて、真っ赤なウソ。 それから先の人生は、後始末に生きるようなもの。 いまさら言ってもしょうがないことは、もう 言わないけど、たまに空を見て、ふーっと 考えることがあります。 それは、寒い冬より、ちょ...
霜 月 の 我 が も の と せ り 満 々 月... しもつきの わがものとせり ままんげつ 天体のこと、さっぱりわからないのですが、今年の11月14日の月は、満月の中でも特に大きかったとか。 理屈は、いろいろ聞いたけれど、よくわからなかった。 ただ月は、それぞれの人のもの。 自分のために輝いていると確信します。...
打つ雨に やさしさの裏 かいま見る... 今日は、朝から激しい雨です。叩きつけるような雨であわてて窓を閉めました。人間って不思議なもので、思わぬ時に、なんの脈絡もないことをふっと思い出したりします。あの時、あの人、迷惑だったんだときがついたりします。人に言うと、自意識過剰とか被害妄想だとか言われたりするけど、ようく思い出してみると、決してそ...
後半は 入れ歯探しの 花見かな 満開の桜。 年に一度の花見の宴。 なんで入れ歯を落とすかな。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください