海 峡 を 跨 ぐ 架 橋 の 初 御 空

かいきょうをまたぐかきょうの はつみそら

岡山県の倉敷から、香川県坂出につながる児島坂出本州四国連絡橋。
蒼い、蒼い海と空に挟まれ、何処を見ていいかわからないうちに渡りきってしまいます。
句会でご一緒の先輩諸氏は、大きな橋が、道路ができることを喜ばれません。
「新幹線が通ったら終わり」と聞きます。
山には呆れるほどの数のトンネルが掘られ、海峡は橋で風景が変わります。
しかしながら、そこに住む人々には、生活ががらっと変わり、驚くほど便利になります。
変わることは、時代に沿った、仕方のないことでしょう。
ただ、もういいかなという気はします。

この句も読まれています。

も っ こ す の 誇 り 熊 本 城 も 梅 雨... もっこすの ほこり くまもとじょうも つゆ 肥後もっこす。 熊本県の県民性を表した言葉です。 津軽じょっぱり、土佐いごっそうとともに、日本三大頑固のひとつとされています。 「頑固」「反骨」 つまり我が道を行く。 単純ながら、ごちゃごちゃ言わない。 コツをマスターすれば、扱いにくいわけでもない。...
今ここに いたたまれずに 梅雨の雨... ここにいられないような瞬間があるのです。 もう消えてしまいたいのです。考えないように 考えないように、頭の中を真っ白にして、屈辱に 耐えなければ、おかしくなってしまいそうなのです。 あ~あと何回こんな思いをするのか。...
群生の(ぐんせいの) 女郎花(おみなえし)今更 どうできず... 人生はやり直せるなんて、大きな大うそ。 過ぎた年月は取り戻せないし、変わってしまったことも、 そのまま引きずるしかない。 教訓を得て、少しはましな人間になったとして、 それがどうした。 忘れてしまいたい思い出が消えるわけでもない。...
熱燗の しびるるままに そのままに... ただ喉を越すそのときだけは、何も思わず考えず。 のしかかり、責めて来るいくつかの十字架をほんの一瞬おろす。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください