海 峡 を 跨 ぐ 架 橋 の 初 御 空

かいきょうをまたぐかきょうの はつみそら

岡山県の倉敷から、香川県坂出につながる児島坂出本州四国連絡橋。
蒼い、蒼い海と空に挟まれ、何処を見ていいかわからないうちに渡りきってしまいます。
句会でご一緒の先輩諸氏は、大きな橋が、道路ができることを喜ばれません。
「新幹線が通ったら終わり」と聞きます。
山には呆れるほどの数のトンネルが掘られ、海峡は橋で風景が変わります。
しかしながら、そこに住む人々には、生活ががらっと変わり、驚くほど便利になります。
変わることは、時代に沿った、仕方のないことでしょう。
ただ、もういいかなという気はします。

この句も読まれています。

ツユクサに 有刺鉄線に 玉の露 野の花に、空き地に捨て置かれた材木に、針金に、おんなじように秋の露が降りて、 まるでちがう景色に見える。 あたしの大好きなカーディガンの季節がきた。...
麦 笛 を 習 ひ て 藁 の 匂 ひ 嗅 ぐ むぎぶえを ならいて わらのにおいかぐ 藁の匂い。 麦わら帽子も新しいうちは、麦わらの匂いがします。 藁は焼いても、懐かしい匂いがします。 麦の収穫が始まりました。 豊作のようです。 いよいよ田植えに向けて、大きな作業の開始です。...
冬の雲 重く重くと のしてくる わたしはスーパー銭湯の露天風呂から、空を見るのが好きです。 いつもは見ない空をゆっくり眺めます。 切り取られた空は、空そのものではないけど、それはそれで面白いものです。 一面の黒雲はそのまんま下に下がってきそうな勢いです。 冬の空は、それはそれでいいのです。...
愛された 時もあったか ほととぎす... ほととぎすという花は、なんだろう。 密かに強く、あの秘めた美しさは、なんだろう。わすれてしまった情熱を、炭火のように蓄える。 たぶん忘れたほうが幸せ、忘れたほうが楽。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください