海 べ り に 小 浜 ち ゃ ん ぽ ん 具 に 浅 蜊

うみべりに おばまちゃんぽん ぐにあさり

名物にうまいものなしと聞くけれど、
雲仙のふもと、小浜のチャンポンは美味しかった。
アサリは3月から4月が旬で、身がぷりぷりしているのですが、総じて小柄になってしまいました。

収穫後一ヶ月、其処の海に置けば、産地は最後の海になるとか。
中国で採って、熊本の海辺に撒いてひと月。
りっぱな熊本産アサリが誕生するという仕組みだそうです。
地元産の、粒の大きなアサリを食べたいものです。

この句も読まれています。

雪 だ る ま 生 き 辛 き 世 よ 子 ど も ら よ... 新学期が始まった。 日本のあちこちで、子どもの自殺が続いている。 死ぬほど辛いのだろう。 まだ子ども。 いじめは加減を知らない。 徒党を組む。 学校はあてにならない。 相談したがために、なお一層酷いことになった話もよく聞く。 相談を取り合わない教師もいる。 信じがたいことに、いっしょになって、いじめ...
「田中慎弥の掌劇場」 痛快丸かじり。世間の、NHKの、甘くてうっとおしい思いやりや優しさやうるわしさに、吐きそうになっていたとき、というよりそういう自分に完全に気がつく前の、何というか居心地の良くない、なんか違うんだけど、それをうまく言葉にできないもどかしさを感じていたこの頃。田中慎弥は、見事に言い揚げてくれた。ウソっ...
魂の 拠りどころなき 長日陰 秋の影法師は長い。日差しは強いから、長い日陰を探し探し歩く。何か探しているのだけど、一向に見つからない、そんな心持ち。うまく言えないが、わたしはどこか彷徨っている。...
遠 花 火 炭 坑 の 町 ピ ザ の 街 とおはなび たんこうのまち ぴざのまち 炭坑といえば、九州では筑豊です。 石炭産業が衰退して以後、ずいぶんと低迷していた町は、まずお菓子製造で息を吹き返したようです。 今ではもっといろいろさまざまに発展しているとのことです。 筑豊の添田町に食べ放題のピザ屋ができて、評判だというから、以前の職...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください