海 べ り に 小 浜 ち ゃ ん ぽ ん 具 に 浅 蜊

うみべりに おばまちゃんぽん ぐにあさり

名物にうまいものなしと聞くけれど、
雲仙のふもと、小浜のチャンポンは美味しかった。
アサリは3月から4月が旬で、身がぷりぷりしているのですが、総じて小柄になってしまいました。

収穫後一ヶ月、其処の海に置けば、産地は最後の海になるとか。
中国で採って、熊本の海辺に撒いてひと月。
りっぱな熊本産アサリが誕生するという仕組みだそうです。
地元産の、粒の大きなアサリを食べたいものです。

この句も読まれています。

タケノコを 過ぎて竹林 風薫る 筍の季節を過ぎて、免れた筍は若竹に成長し、竹林も落ち着きを取り戻し、 五月の陽と、雨を受けざわざわと、揺れる。 風薫る五月、竹林の音を聴く。...
葱坊主(ねぎぼうず) 数多の(あまたの)花に 押されおり... 春の畑は賑やか。 豆の花が咲き、スイートピーが色鮮やか、矢車草それから なにやら名前知らないかわいらしい花々、 一番地味な葱坊主は、どうも立場が悪い。 アタマのてっぺんを、くるくる坊主にして、 咲き乱れる花の隅で、小さくなっている。...
早馬で 帰って来いと 盆の茄子 今まで知らなかった、常識の無さ。お盆に茄子やきゅうりに足を付けて、迎えるのは、帰ってくるときは、馬に乗って早く、向こうへ戻るときは、牛に乗ってゆっくりとということだそうです。仏事に疎くて、常識無いなとつくづく思います。迎え火を焚いて、家に帰るときに迷わないようにって、やさしいです、みんな。...
何をどう 動かせもせず 春の宵 nなにも変わらない、変えられない。解決のつかないことばかり。ただ抱えているだけの日々 が過ぎるだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です