沙 羅 の 花 浄 土 へ 繋 ぐ 道 す が ら

しゃらのはな じょうどへつなぐ みちすがら

沙羅。
寒さに弱く、日本での越冬は無理とのこと。
夏椿をその代用に見立てたのではないかと。
むかしから仏教と縁の深い花で、白い控えめな花は、心を洗われるよう。

夕方に咲き、朝にはしぼむ一日花。

平家物語の冒頭。
思い通りにはいかない人生の、最後を導いてくれそうな花かもしれません。

この句も読まれています。

もうちいと こっちを見いよ 冬蜜柑... あたしがどういう人間か興味がわかんのかい。すこし探ってみようとは思わんのかい。
回 送 の 来 て 力 増 し 初 時 雨 かいそうの きてちからまし はつしぐれ ホームで電車を待つ。 時雨の降るときは凍えます。 やっと来たかと思えば、回送車。 がっかりもしたけれど、通り過ぎたときの風の強さ。 ただでさえ寒いのに。...
寒 晴 れ や 精 進 と う に 相 撲 語 に... 頑張る、努力するなどとは言いますが、精進するとはふだんは遣わない言葉になってしまったように思います。 わずかに相撲界では、今も健在というところでしょうか。 古い映画を見て、遣われなくなった言葉にあうのも大きな楽しみです。 最近では、「せがれ」でしょうか。...
カルストの 野焼きの原に 芽のふいて... 一面のカルスト台地、野焼きのあとは黒々として 下の下からは、あおあおと草は静かに、でもたしかに 生命力にあふれ、いっせいに伸びるときを待っています。 あたたかい雨が大地を潤すまで、もう一息。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください