沙 羅 の 花 浄 土 へ 繋 ぐ 道 す が ら

しゃらのはな じょうどへつなぐ みちすがら

沙羅。
寒さに弱く、日本での越冬は無理とのこと。
夏椿をその代用に見立てたのではないかと。
むかしから仏教と縁の深い花で、白い控えめな花は、心を洗われるよう。

夕方に咲き、朝にはしぼむ一日花。

平家物語の冒頭。
思い通りにはいかない人生の、最後を導いてくれそうな花かもしれません。

この句も読まれています。

万 緑 に 力 借 り た り 三 輪 車 ばんりょくに ちからかりたり さんりんしゃ 緑真っ盛り。 若葉も新緑もすでに過ぎ、逞しい樹々が青空を狭くして、大きくなった。 子どもは、買ってもらったばかりの三輪車を、一生懸命こぐのだけれど、半分踏んで、力足らず。 エイっと踏み込むことができず、苦労している。 そのうち要領を覚えて、力強く前へ進み...
桜散る ようやく深く 息をする 二分咲き、三分咲き、満開と、そして春の嵐が吹きあれて、桜が散った。まるで長い祭りが終わったよう。桜もお疲れさま。みんなもお疲れさま。...
親の愛 など知らずとも 卒業す 親の愛は素晴らしい。 情緒が安定し、揺らがない。 攻撃的にならないし、被害妄想気味の感情とも縁がない。 人を肯定的に見て、イライラしないようにみえる。 だけど、いないものはしょうがない。子供には、どうしようもないこと。 砂地に植えられた植物に、似ているような気がする。 いろいろ本を読んだり、できるこ...
古書店に 廃墟の隧道(ずいどう) 春の雨... 古本屋で、もう使われてない、でも今も存在している、昔の道や、トンネルの写真集を、見つけて 迷わず買いました。 由緒ある道や、煉瓦造りのトンネル、幅が狭く現在は使えないのでしょうが、しっかりした印象です。 説明にも、強固と、書いてあります。 それに、わたしは、隧道という言葉が大好きです。 トンネルでは...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください