沙 羅 の 花 浄 土 へ 繋 ぐ 道 す が ら

しゃらのはな じょうどへつなぐ みちすがら

沙羅。
寒さに弱く、日本での越冬は無理とのこと。
夏椿をその代用に見立てたのではないかと。
むかしから仏教と縁の深い花で、白い控えめな花は、心を洗われるよう。

夕方に咲き、朝にはしぼむ一日花。

平家物語の冒頭。
思い通りにはいかない人生の、最後を導いてくれそうな花かもしれません。

この句も読まれています。

廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒 はいせんの きまるてつろに はやすすき 日田彦山線。 単線です。 無人駅もいくつもありました。 沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。 ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。 こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、...
門 司 港 は 起 点 終 点 秋 日 和 もじこうは きてんしゅうてん あきびより 門司港レトロ地区で、目を引くのは、建築名所です。 まず駅舎、旧門司税関、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部などでしょうか。 海側の変な跳ね橋や、高層マンションの展望室や、数あるレストラン、土産物屋がなくなればもっと素敵なのに。...
数 へ 日 の 陽 の あ る う ち の 墓 参 り... かぞえびの ひのあるうちの はかまいり ロクでも無い父親でした。 子どもが二人もいるのに、奥さんを変え、子どもが虐待されているのを薄々感じ取りながらも、見ないふりして、職場の付き合いに没頭しました。 そのため、人の世話には余念がなく、友人は多く、家には訪問客が絶えず、わたしは夜中まで皿洗いをしまし...
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください