沙 羅 の 花 浄 土 へ 繋 ぐ 道 す が ら

しゃらのはな じょうどへつなぐ みちすがら

沙羅。
寒さに弱く、日本での越冬は無理とのこと。
夏椿をその代用に見立てたのではないかと。
むかしから仏教と縁の深い花で、白い控えめな花は、心を洗われるよう。

夕方に咲き、朝にはしぼむ一日花。

平家物語の冒頭。
思い通りにはいかない人生の、最後を導いてくれそうな花かもしれません。

この句も読まれています。

ダ リ ア 咲 く 三 歩 で 渡 る 川 に 橋... だりあさく さんぽでわたる かわにはし 大通りから一歩入ると、まったくちがう風景が見えることがあります。 小川というほどきれいではなく、用水路と言えるほどのものでもなく、細い水の流れを渡すために造りだけは立派な石造りの橋があり、名前も彫り込んであります。 なぜかわたしは橋が好きで、あちこち見るの...
干し大根 軒の物干し 賑おうて 大根の白さが、冬の陽にはえて、なかなかいい。
綿 虫 を 両 手 で わ ん わ ん 払 い た る... わたむしを りょうてでわんわん はらいたる わたむし。 冬のはじめの頃、空中を飛ぶというか漂うというか、小さな綿のような虫を見ることがあります。 飛ぶ姿が、空中を漂う雪のように見えることから、雪蛍なんて、身に余る名前を頂戴してもいるらしいです。 わたしは、口に入らないように、鼻から吸い込まな...
御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅 おたびしょは あきのうみべや いちやたび 筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。 また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。 もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください