水温む 牡丹の芽吹き 桜の芽

風はまだまだ冷たいけれど、確実に春が近づいている。
桜の芽、もみじの芽はふくらんで、
ぼたんは地面からまっすぐに、赤緑色の奇妙な芽を伸ばし始めた。
なにかわからない、いろいろな新芽があちこちに、顔を出し、
自然界の確実さに驚く。

この句も読まれています。

並 走 艇 遠 泳 の 子 や「 大 丈 夫 」... へいそうてい えんえいのこや「だいじょうぶ」 鹿児島県 松原小学校と清水小学校では、伝統行事として、毎年4.2キロの遠泳が行われます。 むかしは全員、今は高学年の希望者が対象なのですが、ていねいな講習が行われるため、泳げなかった子が挑戦して泳ぎきったという話も多く聞きます。 大きな自信になっ...
冴返る 如月の月 歩(ほ)を速む ビールが足りないから、買いにいった。月がでている。月なんて、ビールが足りない時しか見ない。キーンと冷え切った空気、冴え冴えとした月、寒い。...
白 蓮 の 部 屋 急 階 段 や 白 き 月 びゃくれんの へやきゅうかいだんや しろきつき 柳原白蓮。 歌人。 大正天皇の従姉妹。 大正三美人のひとり。 父は伯爵、その妾の子として生まれ、正妻に養育される。 最初の結婚で子をなすが、取り上げられ離婚。 九州飯塚の炭坑王、伊藤伝右衛門、50歳。 炭鉱労働者からの叩き上げ、学問はなく、妻を亡...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください