水温む 牡丹の芽吹き 桜の芽

風はまだまだ冷たいけれど、確実に春が近づいている。
桜の芽、もみじの芽はふくらんで、
ぼたんは地面からまっすぐに、赤緑色の奇妙な芽を伸ばし始めた。
なにかわからない、いろいろな新芽があちこちに、顔を出し、
自然界の確実さに驚く。

この句も読まれています。

春日射し ラムネの瓶に 黄水仙 生け花は、花瓶と花のバランスが大事…などと言って、わたしに生け花の知識はない。 ただ、水仙の生け方は難しくて、平たい花器に、作法通りに始末した水仙をきっちり生けなければならないことは、以前池坊の展示会で聞いたことがある。 うちには花器などというものはないし、場所は玄関のほんの少しのスペースとトイレだ...
ホウ酸の 団子こねます 梅雨の夜は... NHKで、ホウ酸団子の作り方見ました。 天敵ごきぶりをやっつけるためには、時間も手間も惜しみません。 パンやケーキ作りはいっさいしませんが、ホウ酸団子作りには燃えるのです。 できあがったら、ちょっとだけ焼肉のたれをたらすのが、コツだそうです。 頑張ります。...
去る人の わけもわからず 空を見る... 去る者は追わずをモットーにしてるけど、いったい私の何がいけなかったのか。メールが途絶えたのはなぜ? 気を使ってるつもりが、実は空気読めてないのか。悪気ぜんぜんないのに。友だちになれると思ったのに。まあ、しょうがない。...
春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ 桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。 春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。 「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください