正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る

しょうがつや あめにふだんに もどさるる

正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。

いつもの日々が戻ります。

良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。

この句も読まれています。

落 ち 葉 踏 む 孤 愁 の 街 の 石 畳 おちばふむ こしゅうのまちの いしだたみ 佐世保。 旧日本海軍の街。 そして米軍の軍艦の寄港地でもあり、立派な道路が走り、軍港をぐるっと巡る道路もさすがに立派です。 そして近年は、ハウステンボスなる、広くてただ疲れるだけの観光地も出来、観光客を集めています。 人びとの暮らしも、昔から変わらずそこに...
サ ー カ ス は 秋 に 来 し 切 な さ を 連 れ... さーかすは あきにこし せつなさをつれ 「美しき天然」 あの曲がなければ、うら悲しさは、薄らいだかもしれません。 子どもの頃、スポーツセンターというところがあって、そこで見たサーカスが心に残って消えないのです。 電線のような細いロープを歩く少女。 象もいた。 虎もいた。 どれもおとなしかった。 バ...
人送り 二月の雨の 降りそぶる 久しぶりに逢った友人を、駅の方角が わかるところまで送った。二月の雨は 冷たくて、傘をさしながら、手はかわ るがわるポケットへ。途中の地下道を こえればもう一本道。...
スラムドッグ$ミリオネア こんな過酷な人生があるのだろうか。 スラムの真ん中で、食べるものにも事欠き、両親も早くなくし、 したたかに、賢く、人に裏切られながら、それでも曲がらず、 恨まず、こんなふうに育つことがあるのか。 鬱陶しいほどいい加減な兄が、最後には大きな見方になって、 見ごたえのある、ベンジャミンバトンに匹敵する、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください