正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る

しょうがつや あめにふだんに もどさるる

正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。

いつもの日々が戻ります。

良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。

この句も読まれています。

そ の う ち と 言 ふ て は 遅 し 喪 の 葉 書... そのうちと いうてはおそし ものはがき これが片付いたら、声をかけてみようなどと、音沙汰のない人と会うことを、後回しにしてはいけないと思いました。 病があれよあれよと進むことあり、喪中のハガキが来ました。 思いたったときに、少々無理してでも時間を作って会っておかないと、取り返しがつきません。 ...
野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り... 台風は、何処を過ぎているのか。 雨がおかしな降り方をする。風 はない。狂ったように降ったか と思えば、ピタッと止んで青空 が見える。直ちに蝉が反応する。 降り出せば止む。上がれば鳴き だす。おかしなものだ。わたしは ツクツクボウシの声を心待ちにし ている、毎年。秋の気配を一番に 受けとめたいから。...
竹 の 秋 一 脈 の 風 逃 す ま じ たけのあき いちみゃくのかぜ のがすまじ 春は竹にとっては秋にあたるといいます。 筍がアタマを出す頃、激しく葉が落ちるのです。 孟宗竹の林は昼間も影が多く、下では吹いてない風を捉えます。 竹の擦れ合う音は涼しげで、下で憩う者を和ませます。...
独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒... ウドにも、ツクシにも、アクがある。 ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。 どうせたくさんは要らない。 季節を感じて、一献。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください