正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る

しょうがつや あめにふだんに もどさるる

正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。

いつもの日々が戻ります。

良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。

この句も読まれています。

春隣 若いヘルパー 長睫(ながまつげ)... 美しい若いムスメが年寄りの介護をするのは、 立派なことだけど、この仕事だけはある程度 人生経験が必要だと思う。携帯ショップの、 お姉さんのような長いまつげのアイメイク。 メイクが悪いとは年寄りの言うことながら 排泄の始末などできるのだろうか。続くまい。...
春霞 護岸工事の ブルドーザー... 暖かい春の日差し、橋の上から見ると、川面はきらきらとかがやきながらさざ波。工事の車が土を掘ったり積んだり、たぶん忙しく働いてるんだろうけど、ぼんやり霞のかかった風景の中では、のんびりと見えまるでおもちゃが動いているよう。のどかだ。...
金 柑 は 鳥 の も の な り 少 し だ け... きんかんは とりのものなり すこしだけ キンカンはビタミン豊富で、美容と健康にとてもいいとテレビが言うから、ちぎったのだけれど、なんせまだ寒いし、肥料もやってないから、小粒だし。 結局、名産と言われる宮崎産のきらきらした大粒のものを八百屋で勧められるままに買ってしまいました。 普段なら、皮だけ...
陶 器 市 白 磁 に 若 葉 映 り 込 み とうきいち はくじにわかば うつりこみ 有田陶器市が、天候にも恵まれ盛況の中終わりを迎えたと聞きます。 陶器自体が、昔からの「これぞ有田焼き」とはちがう 新しさがそこここに見られ、若い層にも浸透していることがうかがい知れる感じです。 ただ、陶器市以外の日、一年の360日の有田は、通りにひとっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です