正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る

しょうがつや あめにふだんに もどさるる

正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。

いつもの日々が戻ります。

良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。

この句も読まれています。

春椿 固いつぼみも 裏切らず 花を切って、瓶にさす。水揚げが悪くて、そのまま枯れてしまう花もあるけれど、なぜか椿の花は大丈夫。固いつぼみ も、何日かほおっておけば、いつのまにかほころんで、見事な花を咲かす。きちっと咲かす。...
野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り... 台風は、何処を過ぎているのか。 雨がおかしな降り方をする。風 はない。狂ったように降ったか と思えば、ピタッと止んで青空 が見える。直ちに蝉が反応する。 降り出せば止む。上がれば鳴き だす。おかしなものだ。わたしは ツクツクボウシの声を心待ちにし ている、毎年。秋の気配を一番に 受けとめたいから。...
山笑う 大方の(おおかたの)ことは やり過ごし... いろいろある。 ある本で、読んだこたですが、頭の中に、 シチューなどの煮込み料理をする煮込み鍋をセットしておくことが大事。 解決のつかないこと、時間を要すること、 急いで結論を出さない方が、きっとうまくいくと思われることなどを その鍋に放り込んでおくと、いつの間にか、 いくべきところに行く、導かれる...
夜中まで 蝉鳴く明日は なきごとく... たしか蝉は、八年もの間地面の下にいて、地上に出てから数日で死ぬと聞いた。 もう、命の終わりが近づいているのだろうか。 あしたの朝は、もう迎えられないのだろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください