正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る

しょうがつや あめにふだんに もどさるる

正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。

いつもの日々が戻ります。

良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。

この句も読まれています。

菜花漬け 苦味肴(さかな)に くせになり... 菜の花のまだ咲かないつぼみのうちに 塩漬けにしただけのもの。苦味が残っ て、漬物というより、わたしに言わせ れば、サラダ、つまみ。春の実感。...
茄 子 漬 け や 入 山 規 制 麓 村 なすづけや にゅうざんきせい ふもとむら 宮崎県と鹿児島県の県境、新燃岳の火山活動が活発らしい。 火山性ガスやらの噴出があって、鹿児島県伊佐市では今年の稲作を諦めなければいけない状況とか。 長い間おとなしくしていたものが、急に噴煙を上げ、生活をおびやかすことを、普賢岳の火砕流で見たはずなのに、...
落 ち 藁 を 集 め て 烟 る 汽 車 の 旅... おちわらを あつめてけぶる 汽車のたび 広い広い平野のどこでワラを焼いているのか、ほのおが見えるわけじゃなし。 くすぶる匂いは妙に懐かしく、無人駅に停車したときに流れ込んだのかもしれない。 秋の日はつるべ落とし。 もうまもなく車窓には、自分が映り出す。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください