橋 脚 に 大 水 の 跡 持 ち 堪 え

きょうきゃくに おおみずのあと もちこたえ

小さな石橋の橋脚に、流木や木の枝や、なんともしれないゴミの類が、引っ掛かったままです。
予想を超える量の山水が押し寄せた跡でしょう。
こんな小さな石橋が、よく持ち堪えたもの。
造りがしっかりしているのでしょう。

この句も読まれています。

冬日向 先ずひとときの 布団干し 冬の日は短い。 それでも、ほんのひととき布団を干す。たいして効果はないかもしれないけど、わずかに冬のお日さまの匂いがする。 iPhoneからの投稿...
月凍り 何も思わず 居れと言う 夕方からずんずん冷え込み、小さく凍りついた月がくっきりと夜道を照らす。働くということは、何かと屈辱的な場面に出会うもの。こだわるべきか、流すほうがいいのか、基準は自分が楽なのはどっちかということ。どこまで我慢するのか。今度同じことが起きたらどうするのか。考えたらきりがないし、体にも悪い。とりあえず今...
未 練 な ど た だ 木 下 闇 深 過 ぎ て... みれんなど ただこしたやみ ふかすぎて コシタヤミ。 夏のうっそうとしげる木立の下の暗がり。 昼でも暗くて涼しい。 夏の強い陽射しのもとでは、闇のようです。 未練などあろうはずもない。 ただコシタヤミが深過ぎて、足元が見えず、前に進めないだけのこと。 きっとそのうち歩き出せるはず。...
寒 鮒 は 甘 露 煮 に せ よ 水 落 と す... かんぶなは かんろににせよ みずおとす 水郷柳川の掘割は、水に勢いがないせいで、堀の底に堆積物が溜まりやすいこともあり、きれいな堀の維持のため、一年に一度、水を完全に抜いて、市民総出で掃除をします。 びっくりするのは、寒ブナと呼ばれるフナでしょう。 時間をかけて、コトコト煮て、甘辛く炊き上げま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください