橋 脚 に 大 水 の 跡 持 ち 堪 え

きょうきゃくに おおみずのあと もちこたえ

小さな石橋の橋脚に、流木や木の枝や、なんともしれないゴミの類が、引っ掛かったままです。
予想を超える量の山水が押し寄せた跡でしょう。
こんな小さな石橋が、よく持ち堪えたもの。
造りがしっかりしているのでしょう。

この句も読まれています。

想 ひ 出 も も う こ こ ま で か 冬 紅 葉... 庭先に訪れた冬 / Sugawara / yuma いっぱい想い出がある。その大抵が、悲惨である。幼い日、さみしい思いをしたこと、筆舌にはあらわせない。同じ思いを共感する人も多いとは思うんだけれど、実態はわからない。あのやるせなさを、あの寂しさを、どうか誰かに伝えたいと、こうしてブログも続けてきたけ...
豆 撒 き の 勢 い 邪 鬼 の お ろ お ろ す... まめまきの いきおいじゃきの おろおろす 小学校のとき、講堂で節分の豆撒きがありました。 大豆だったと思います。 わーっと豆を撒き、みんなで拾って食べました。 上靴で踏んだ床に落ちた豆を、児童も先生も何の疑問もなしに。 今、学校では小さなセロハンに包んだ豆を撒いているようです。 衛生的です。 むか...
言い足らず 説明しすぎて 余寒かな 言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、 説明が過ぎて誤解され、後悔することする ことしきり。電話ではなお。そうやって 苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離 をとって、仕切り直し。深呼吸。...
古 民 家 の コ ー ヒ ー シ ョ ッ プ も 花 ミ モ ザ... こみんかの こーひーしょっぷも はなみもざ わたしは洋花はあまり好きではないのですが、この春のはじめのころ降るように咲くミモザの花は魅力的です。 しあわせの象徴のようなこの花を、花束にもっと使えばいいのに。 卒業式シーズン。 毎度毎度のかすみ草ではなく、溢れんばかりのミモザを花束にするのです...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください