橋 脚 に 大 水 の 跡 持 ち 堪 え

きょうきゃくに おおみずのあと もちこたえ

小さな石橋の橋脚に、流木や木の枝や、なんともしれないゴミの類が、引っ掛かったままです。
予想を超える量の山水が押し寄せた跡でしょう。
こんな小さな石橋が、よく持ち堪えたもの。
造りがしっかりしているのでしょう。

この句も読まれています。

雄 を 喰 む 音 聴 き た し や 霜 夜 酒... オスをはむ おとききたしや しもよざけ カマキリは、枯れ枝のような色になると、メスがオスを食べます。 共喰いと言いますが、オスがメスを食べることはないとのことです。 必ずメスが、オスを食べるのです。 だからおもしろいといえば、とてもおもしろい。 肉が付いてないのですから、血も出ない。 決...
流 さ る る た め に 生 ま れ し 雛 流 す... ながさるる ためにうまれし ひなながす 流しひなは、女の子に降りかかるわざざいを、人間の身代わりとされた人形に移し、それを川や海に流すことを目的として、作られたものです。 流儀はさまざまながら、あちこちにその風習は残っていると聞きます。 わらや紙で作られます。 かたや御殿飾りのお雛さまもある...
逆 縁 と わ ず か に な ら ず 忍 冬 ぎゃくえんと わずかにならず すいかずら スイカズラは、初夏に咲く甘い香りの白い花で、くるくる曲がったおもしろい形が特徴です。 はじめの頃は真っ白い花で、だんだんと色が濃くなって黄色になってしまいます。 冬も青い葉をつけたままであることから、「忍冬」と書かれるようになったとか。 逆縁とは、親...
健診の 結果良ければ 梅日和 よかったらクリックください。励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください