椰 子 の 実 に 芽 の 出 づ 芒 種 雨 宿 り

やしのみに めのいずぼうしゅ あまやどり

ぼうしゅ。

若葉の季節を過ぎ、梅雨に入るころから、夏至にかけての時季を言います。

いろいろな作物や草木のタネや苗を植えるにいい時季という意味だそうです。

どうやって手に入れたやら、枯れたような色のヤシの実から小さな芽が出ています。

「名も知らぬ遠き島より流れ寄るヤシの実ひとつ。ふるさとの岸を離れて汝は

そも波に幾月」

島崎藤村 作詞。

学校で習いました。

この句も読まれています。

黄 櫨 紅 葉 心 臓 ま で も 赤 く 染 む... はぜもみじ しんぞうまでも あかくそむ はぜ・・・ロウソクの原料になると聞きます。 はぜの紅葉は、燃えるように真っ赤になって、情熱的です。 其処らのカエデの紅葉とは迫力がちがいます。 なんと言うか、たぎるような赤です。 ただ、マケる人がいます。 皮膚が赤くなって、痒みが出て、熱も持つようです。 用...
宵 待 や 逃 げ 道 照 ら せ 告 ぐ る と き... よいまちや にげみちてらせ つぐるとき 旧暦八月十四日の月、宵待月。 人を待つ意味もあって、つけられた名前とか。 若いころは、意を決して想いを伝えることもあるでしょう。 うまくいくとは思えないけれど、このままではいられない。 そんなときは、恥をかいて帰る道、悲しくて帰る道を照らしてやってほ...
春日射し ラムネの瓶に 黄水仙 生け花は、花瓶と花のバランスが大事…などと言って、わたしに生け花の知識はない。 ただ、水仙の生け方は難しくて、平たい花器に、作法通りに始末した水仙をきっちり生けなければならないことは、以前池坊の展示会で聞いたことがある。 うちには花器などというものはないし、場所は玄関のほんの少しのスペースとトイレだ...
さ ば 読 み て 干 支 は 迂 闊 に 山 笑 ふ... さばよみて えとはうかつに やまわらう 年齢を聞かれて、ふたつみっつサバをよんだのでしょう。 干支を聞かれて、ウッと詰まってしまいました。 そこまでは考えてなかったか。 そこつ者。 正直に言えばよかったものを。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください