椰 子 の 実 に 芽 の 出 づ 芒 種 雨 宿 り

やしのみに めのいずぼうしゅ あまやどり

ぼうしゅ。

若葉の季節を過ぎ、梅雨に入るころから、夏至にかけての時季を言います。

いろいろな作物や草木のタネや苗を植えるにいい時季という意味だそうです。

どうやって手に入れたやら、枯れたような色のヤシの実から小さな芽が出ています。

「名も知らぬ遠き島より流れ寄るヤシの実ひとつ。ふるさとの岸を離れて汝は

そも波に幾月」

島崎藤村 作詞。

学校で習いました。

この句も読まれています。

穀雨あり 幹の芯まで しみわたり 快晴の日が長く続くと、そろそろ雨が欲しかろうと、気になるものです。 一夜の雨でも、しっかり降ると、木々は特に街路樹などは、 ほっと一息ついただろうと、見ていてもみずみずしくうるおって、 元気になったように思います。...
山 藤 で な け れ ば な ら ぬ 生 く る た め... やまふじで なければならぬ なかぬよに 藤の名所といわれるところ、大きな藤棚が組んであり、その上を這う藤の木から長い房が落ちる。 その長さを競い、藤の花目当ての観光客が集まります。 山の藤は、他の樹々に寄りかかりながら、自力で上を上を目指します。 そしてあちこち引っかかりながら、濃い紫の花が地面に...
月 夜 に は 守 宮 ( やもり ) の 腹 の 白 か ろ う... 守宮、むかしはいっぱいいた気がする。 ガラス戸に身体に不似合いな大きな吸盤をつけて、ペタッとくっついているのを、面白がって、内側から、鉛筆の先で、コンコンと叩いて脅かしてやろうとしたが、ずうずうしくて、なんてことない風情だった。 いまでも、いないわけではない。 とても珍しくなっただけ。...
ダ リ ア 咲 く 明 日 の 風 は 明 日 聴 く... Dhalia "Junai" / Takashi(aes256) ダリアは夏の花だけど、夏の終わりを 暗示する。人生は明日のことがわから ない。予測はいつも覆る。いいことの 裏には、ひたひたと次の試練が身を潜 めている。どん底と思っても、底から 3センチくらいは浮いてることもある。 さあ、今日も一...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.