椰 子 の 実 に 芽 の 出 づ 芒 種 雨 宿 り

やしのみに めのいずぼうしゅ あまやどり

ぼうしゅ。

若葉の季節を過ぎ、梅雨に入るころから、夏至にかけての時季を言います。

いろいろな作物や草木のタネや苗を植えるにいい時季という意味だそうです。

どうやって手に入れたやら、枯れたような色のヤシの実から小さな芽が出ています。

「名も知らぬ遠き島より流れ寄るヤシの実ひとつ。ふるさとの岸を離れて汝は

そも波に幾月」

島崎藤村 作詞。

学校で習いました。

この句も読まれています。

新築の 普請(ふしん)の止まず 春灯し(ともし)... 家を建てている。トンテンカンテン一日中 忙しそう。もう日が暮れかかっているけれ ど、止める気配はない。突貫工事か。ただ 寒くはない。春の夕方のあたたかい花曇。 大工さんも精が出るのだろう。...
あ っ ち 跳 ね こ っ ち 跳 ね し て 大 霰 (あられ)... 八幡はうっすら雪景色。車移動に支障なし。今は細かいあられ。 / bm.iphone 古い家の屋根と壁を塗り替えた。 白い壁と黒い屋根、雨樋のところの縁は深い緑になった。 塗装屋さんが言うには、色見本より実際は薄い色になるとのことで、色も塗料の種類もほとんど全てアドバイスに従った。 冷たい雨が降る前...
子 パ ン ダ の ま る ま る と し て 山 眠 る... こぱんだの たいじゅうふえし やまねむる パンダというのは、生まれたときの小ささもさることながら、すごいスピードで大きくなるんだと、テレビのおかげで知ることができました。 三頭身の愛らしい姿は、こころをなごませます。 見届けて、山は眠りについたようです。 モミジも終わり、静かになった山は、来...
山笑う 矢車の花 葱坊主 山の緑がものすごい。こんなに緑の種類があったかと思う。3Dに切り替えたようだ。このごろようやく矢車草を見かけるようになった。一時はもう消えたのかと心配したくらい、ぱったりと姿を隠したものだ。春になったかと思ったら、もう蒸し暑い。べっとり汗で、シャツが張り付く。3人のうち一人辞めたので、急に仕事が増え...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください