来年の 手帳抱えて 冬しぐれ

外はすっかり冬。
来年の手帳。水色の表紙。
いろいろ書き込んだ。携帯番号とか、免許証の番号とか。
なんか良くなるかな。少しは存在感増すかな。
失敗せずに過ごせるかな。根拠のない変な期待感ある。

この句も読まれています。

春の闇 庭石(にわいし)のありか 確かめつ... なんで、ごろごろと庭石を置くのだろう。 サンダル履きでは、つまづきそう。 まして、春の闇が訪れれば。 見えそうで見えない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
花冷えや 温泉街(おんせんまち)の 裏階段... 温泉が好きで、温泉の街が好きです。 路地の奥まで、ゆで卵のような硫黄の匂いがします。 地元の人は、街の銭湯へ行くそうです。 家に温泉を引いているところもあるらしい。 はじめは小さかったであろう温泉旅館が、建て増し建て増しで、おかしな風に巨大化しているのを外から、内から見るのも好きです。 道も迷路のよ...
古箪笥(ふるだんす) 居場所を変えて 秋の風... 秋風が吹くようになって、少し気分が変わりました。もともとわたしは、もようがえが好きです。涼しくなって、すこうし変えてみようという気になりました。骨董市で買った、小さな箪笥というか、物いれ、高さ70センチくらいで、ガラスが二箇所はまっていて、引き手が二つ、引き出しが三つあるもので、ちょっと気に入ってい...
草 引 い て 犬 の ふ ぐ り は 手 の つ か ず... まだ寒さ厳しい日が続いているけれど、自然は決まったサイクルで、間違いなく針を進めている。 雑草は瞬く間に小さな庭を覆い尽くし、これ以上成長すると、もうやる気をなくすと、一念発起して朝から草取りに精を出す。 クローバーは繁殖が早く、手がつけられなくなるので、容赦なく成敗する。 四つ葉を探すなんて、とん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください