来年の 手帳抱えて 冬しぐれ

外はすっかり冬。
来年の手帳。水色の表紙。
いろいろ書き込んだ。携帯番号とか、免許証の番号とか。
なんか良くなるかな。少しは存在感増すかな。
失敗せずに過ごせるかな。根拠のない変な期待感ある。

この句も読まれています。

紅 梅 や 男 追 ふ ご と 咲 き 急 ぎ こうばいや おとこおうごと さきいそぎ 梅はまず白が咲きます。 何処の梅でもそうです。 古来から決まっているので、今年は紅が先だったなんてことはありません。 まるで、自分にはチラとも心のないオトコを追いかける若いムスメのように見えたりもします。...
春椿 固いつぼみも 裏切らず 花を切って、瓶にさす。水揚げが悪くて、そのまま枯れてしまう花もあるけれど、なぜか椿の花は大丈夫。固いつぼみ も、何日かほおっておけば、いつのまにかほころんで、見事な花を咲かす。きちっと咲かす。...
万 緑 に 力 借 り た り 三 輪 車 ばんりょくに ちからかりたり さんりんしゃ 緑真っ盛り。 若葉も新緑もすでに過ぎ、逞しい樹々が青空を狭くして、大きくなった。 子どもは、買ってもらったばかりの三輪車を、一生懸命こぐのだけれど、半分踏んで、力足らず。 エイっと踏み込むことができず、苦労している。 そのうち要領を覚えて、力強く前へ進み...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください