来年の 手帳抱えて 冬しぐれ

外はすっかり冬。
来年の手帳。水色の表紙。
いろいろ書き込んだ。携帯番号とか、免許証の番号とか。
なんか良くなるかな。少しは存在感増すかな。
失敗せずに過ごせるかな。根拠のない変な期待感ある。

この句も読まれています。

秋夜長 留守居(るすい)に回す 回覧板... 仕事があるので、回覧板は夜に回すことが多い。 電灯の灯らない留守の家に、回覧板を入れる。
もういいと 忘れていいと 春の月 わすれたほうがいいことが、 いっぱいある。苦い思い出 冷たくされたこと。わたしは 忘れた方がいいことばかりで できているのかもしれない。 先のことを考えようと思う。 あたたかい丸いお月さんも そう言ってる。...
雁 渡 る 海 へ 出 ず れ ば な お 高 く... かりわたるうみへいずれば なおたかく 高層ビルやマンション、電線など、団体で空を飛ぶには障害物が多い陸地を離れ、なんの妨げもない海へ出ると、いちだんと高く、そして隊列を整え、特に急ぐでもなく、悠然と遠い空を渡っていく。 旅立つに当たって、充分な準備がなされたのか、家族は無事か、鳥だから自分さえ元気...
碧 色 の 切 子 の 皿 に 黒 葡 萄 以前旅行したとき、紺碧の空の色のガラス切子の不自然な丸い形の皿を買った。 色が鮮やかすぎて、皿のほうが目立ってしまい、なんとなく料理に合わず、 使えずにいたのだけれど、巨峰の黒い房を載せてみたら、意外としっくり見える。 紺碧の空、紺碧の海の底を、ちょっとだけ覗いたような。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください