来年の 手帳抱えて 冬しぐれ

外はすっかり冬。
来年の手帳。水色の表紙。
いろいろ書き込んだ。携帯番号とか、免許証の番号とか。
なんか良くなるかな。少しは存在感増すかな。
失敗せずに過ごせるかな。根拠のない変な期待感ある。

この句も読まれています。

犬ふぐり 水田(みずた)の堰(せき)の すぐそこに... 青くて小さい犬ふぐりの花を見つけると ほんとに春が来たと思う。幼い頃花だけ をそおっと取って、少し動くとすぐ散っ てしまうのを何度も経験した。幼い頃の 想い出になくてはならない犬ふぐり。水 のあるところにこじんまりと群生してい るのを見つけて、うれしかった。...
湯 煙 も 霧 の 覆 ひ て 街 静 か 別府湯布院間は、とにかく霧が深い。 通行止めも、この季節珍しいことではない。 地形のせいだろうか。 海せまる街は、またすぐ後ろに鶴見岳を臨む。 ふだんから立ち上る街中の家々の温泉の湯けむりも、霧に紛れてはっきりしない。 わたしは、人工的に作られた美しい街湯布院よりも、泥臭いどちらかと言えば垢抜けない...
龍 の 玉 幼 の 宝 箱 に 二 つ りゅうのたま おさなのたから ばこにふたつ どんぐりと、石ころ、乾燥しすぎてカラカラになった柿の落ち葉、そしてなんと竜の玉。 龍のひげという、ごく一般的な一年中緑、花も咲かない一見短い草があります。 その草の奥の方に、青紫の、まんまるい直径7ミリくらいの、とてもキレイな玉が付きます。 子ども...
法 師 蝉 家 族 写 真 の セ ピ ア 色 ほうしぜみ かぞくしゃしんの セピアいろ 手軽に写真を撮れる今とちがって、わざわざ写真屋さんに赴き、言われるままに、立ったり座ったりして家族写真というものを撮っていた時代があります。 ふだんは思い出しもしないこれらの写真は、遺品整理や、リフォームや、家族構成が変わって、大きな模様替えなどが必要なと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です