来年の 手帳抱えて 冬しぐれ

外はすっかり冬。
来年の手帳。水色の表紙。
いろいろ書き込んだ。携帯番号とか、免許証の番号とか。
なんか良くなるかな。少しは存在感増すかな。
失敗せずに過ごせるかな。根拠のない変な期待感ある。

この句も読まれています。

待 た せ た り 春 つ ん の め り 来 し 一 気... またせられ はるつんのめりこし こしいっき まだまだ寒い日が続いていて、ちょっと緩んでもすぐまた最低気温を更新することが当たり前のようです。 季節は徐々に変わるものですが、春に関しては毎年驚かされます。 花芽が一気にふくらみ、咲き出すと狂乱のように世の中に溢れ出します。 バケツを抱えて歩いて...
寒極む 胎児のごとく 丸くなる 寒い。布団に入っても、足先が冷えて、なかなか寝付かれず。 結局丸く丸く膝を抱えて布団の中で暖をとる。
門 松 の 竹 の 切 り 口 無 人 駅 かどまつの たけのきりくち むじんえき 無人駅にも正月がきました。 鉄道会社がこんな気の利いたことをするとは思えないので、たぶんおそらくきっとご近所の方々がボランティアで清掃され、門松を立ててくださったのではと思います。 おかげで凛とした元日です。 天気も良く、すがすがしい気分です。...
浦 上 の 眼 の 無 き マ リ ア 桜 降 る... うらかみの めのなきまりあ さくらふる 原爆で傷ついたマリア像。 このサクラを届けたいとは、多くの信者の思いでしょう。 長崎には、「この子を残して」の作で知られる永井隆氏が、原爆症で亡くなる前に、本の印税で、サクラの苗木を相当数購入され、人々の手によって植えられ、今はもう代替わりして、それで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください