春 疾 風 自 死 の 意 味 な ど わ か り ま せ ん

はるはやて じしのいみなど わかりません

自死と自殺。

何がちがうのでしょう。

わたしは、自分の命の終わりを、その終わり方も含めて、自分で決めることを悪いこととはぜんぜん思いません。

ただ最近、まるで言葉を弄ぶかのように、自殺を自死と言い換える風潮には賛成できません。

自殺は自殺。

これ以上生きていられないから、死ぬのです。

「相談してほしかった」などという言葉を聞くと、吐きそうになります。

アンタが相談にあたいしないと判断された結果でしょうが。

バッカじゃないの。

この句も読まれています。

夏 を 吐 く 夕 餉 の 気 配 蚊 遣 り 豚... 夏の夕方、蚊取り線香を焚く。今にも降り出しそうな気配はあるが、梅雨の空はなんとか持ちこたえている。簾を立て掛けているから、部屋は薄暗い。そろそろご飯が炊き上がる。...
廃線の 隧道(ずいどう)覆う(おおう) 山桜... かっちりとした、煉瓦造りの小さなトンネル。 今では使われることもないが、もったいないほどの、きちんとした木部隧道。 山桜が、覆う。 山桜と隧道は一体。 遠い昔の、活躍の時から、静かな今の季節まで。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
雪 だ る ま 生 き 辛 き 世 よ 子 ど も ら よ... 新学期が始まった。 日本のあちこちで、子どもの自殺が続いている。 死ぬほど辛いのだろう。 まだ子ども。 いじめは加減を知らない。 徒党を組む。 学校はあてにならない。 相談したがために、なお一層酷いことになった話もよく聞く。 相談を取り合わない教師もいる。 信じがたいことに、いっしょになって、いじめ...
残 留 の 孤 児 の 旅 立 ち 沙 羅 の 花... ざんりゅうの こじのたびたち しゃらのはな 沙羅双樹の花の色、原産地はインドとされる。 名前は聞いたことがあるけれど、実際にはなかなか見ることがありません。 釈迦が生まれたところにあった三本の木のうちの一本と言われているとか。 中国残留日本人孤児。 終戦直後、満州、朝鮮、ロシアの国境あたり、大き...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です