春 疾 風 自 死 の 意 味 な ど わ か り ま せ ん

はるはやて じしのいみなど わかりません

自死と自殺。

何がちがうのでしょう。

わたしは、自分の命の終わりを、その終わり方も含めて、自分で決めることを悪いこととはぜんぜん思いません。

ただ最近、まるで言葉を弄ぶかのように、自殺を自死と言い換える風潮には賛成できません。

自殺は自殺。

これ以上生きていられないから、死ぬのです。

「相談してほしかった」などという言葉を聞くと、吐きそうになります。

アンタが相談にあたいしないと判断された結果でしょうが。

バッカじゃないの。

この句も読まれています。

待宵の 月をお供に 風呂帰り わたしはスーパー銭湯が好きです。 一日の終わりに、ゆっくり入ります。 露天から見る空は、小さく四角に切り取られて、月はぼんやり浮いています。 帰りはそのお月さまと一緒です。 待宵の月はぼんやりして、あんまり気合が入ってなくて、好きです。...
剣 山 に 薇 あ り て 無 人 駅 けんざんに ぜんまいありて むじんえき ゼンマイはシダ科の植物で、春の山菜です。かっ色の毛におおわれた、ウズ巻きのようなおかしな顔です。 駅は無人駅なのに、掃除がされ水が打たれ、どなたか存じませんが、あたまが下がります。 ゼンマイが生け花に使われていて、つぼみの菜の花と小さな花器にちんまりとま...
胸 底 の 水 琴 窟 に 皐 月 雨 水琴窟 / Kentaro Ohno わたしには心臓の奥に、涙の壺がある。 子どもの頃、理不尽なことでたびたびまま母から怒られ、叩かれ、ご飯を抜かれ、さまざまなことから形成されたものと思う。 大人になって、壺が溢れることはなくなったが、壺そのものはそのままそこにある。 ときおりどろりとした得体のし...
はしごして 田植うる今日の 予定なり... 過密スケジュールか。一枚を植え終わって、少しの休憩。また次の田へと、機械も人も動く。雲は低く、それほど暑くはないけれど、たいへんな重労働。いろいろな都合があって、今日終わらせなければならないのだろう。頑張れみんな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください