春 疾 風 自 死 の 意 味 な ど わ か り ま せ ん

はるはやて じしのいみなど わかりません

自死と自殺。

何がちがうのでしょう。

わたしは、自分の命の終わりを、その終わり方も含めて、自分で決めることを悪いこととはぜんぜん思いません。

ただ最近、まるで言葉を弄ぶかのように、自殺を自死と言い換える風潮には賛成できません。

自殺は自殺。

これ以上生きていられないから、死ぬのです。

「相談してほしかった」などという言葉を聞くと、吐きそうになります。

アンタが相談にあたいしないと判断された結果でしょうが。

バッカじゃないの。

この句も読まれています。

寒の月 欄干照らし 水に落つ 冬の月は、凍てつく寒さの中、一段と冴える。 橋の欄干を照らし、そのまま川に落ちたように、川面に映る。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
雪しまく 白熱灯に 暖をとり 吹雪いている。 風で雨戸がガタガタ音を立てている。 明日の朝は、雪景色だろうか。 世の中はもうすっかりLED電球になったようだが、買い置きした白熱灯をつけている。 顔色がよく見えるような気がする。 ご飯も美味しそうに見える気がする。 あったかくて、なんかほっとする。 よかったらクリックください。励み...
緑 陰 の 地 蔵 前 垂 れ 着 替 え た り... PhoTones Works #1970 / TAKUMA KIMURA どこが目か鼻か、ペッチャンコの顔をして、道路脇の田圃の隅に、いつからいるのか、道祖神というより、お地蔵さん。 ちゃんと世話をしている人がいるんだ。 しょぼいけど、花はあるし、エプロン着替えてるし。 立派だ。...
遠 く あ り 学 舎 ( まなびや) の 花 あ の 子 ら に... 小川小学校 下里分校 2014 / koziro 学校は遠くに、心の奥のメダルのように、輝いていたり、塗りつぶしていたり、小学校から幾つかの学校に行ったけれど、結局残ったのは、ひとつだけ。 あとは、音信不通。 行かなきゃよかったところもある。 忘れてしまえ、忘れてしまえ。 今のわたしが、わたしかも...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください