春寒し 坊主の読経は 耳入らず

最近のお寺は立派なものです。広すぎる部屋に、数人の法事では、なんか申し訳なく思います。
おかげで、ちっとも暖まらない。
数珠を持って、震えながら、終わるのを待っています。
終われ終われと思うと、お経は長い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

長き夜は ひとりコトコト お裁縫 秋の夜長は楽しいものです。 まして雨ならなおさらのこと。 そのうえひとりならもっと素敵です。 最近習い始めたばかりの洋裁の宿題をするのです。 でもこれには条件がそろはなくてはならないのです。 まず心配事がなくなりはしないけど、ちょっとだけでも落ち着く。 人間関係のトラブルを抱えてないとき。 そしてそ...
こ っ ち 向 け し き り 弾 け り 鳳 仙 花... わたしは、あなたが少々気になります。 べつに、好きとか、そういうのとは違います。 ちょっとだけ、お話などしてみたいなと思うだけです。 実現は、120パーセントムリです。 そんなこと、口が裂けても言えないからです。 言ったら最後です。 ストーカー扱いされるかも。 だからわたしは、あくまでも爽やかに、穏...
あるだけの アクセサリーか 敬老日... まあ、あれほど着飾るものかと感心します。人間歳をとると、持ち物をひけらかすようになるのでしょうか。
留 守 の 間 の 手 は ず 整 え 神 の 旅... るすのまの てはずととのえ かんなづき 初冬の旧暦十月、諸国の神様は出雲大社に集まると言われます。 事情を抱えて、持ち場を離れられない留守番の神さまもあるにはあるが、大方はこぞって出雲に向かわれるといいます。 長く留守をするため、いろいろ言い置いたり、事務的なことはできるだけ済ませたり、忙しい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です