春寒し 坊主の読経は 耳入らず

最近のお寺は立派なものです。広すぎる部屋に、数人の法事では、なんか申し訳なく思います。
おかげで、ちっとも暖まらない。
数珠を持って、震えながら、終わるのを待っています。
終われ終われと思うと、お経は長い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

這松(はいまつ)に 秋の浜風 秋の波 地を這うような松は、そういう種類か。 わたしには、波風に傷めつけられて、形を変えてしまったように 見えてしょうがない。 秋の風、秋の浜。...
古 来 種 は 脇 に や ら れ て 植 木 市... Iris sanguinea / 菖蒲 / 文目(アヤメ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 日本古来の、椿や柳、花ならアヤメや菖蒲は、追いやられて隅の方。 何やら名前も知らない外来の、ちょっと見栄えがいいのか、派手な花が前面を仕切る。 静かな宿根草を求めて覗いた植木市。 アヤメなど、...
鈴 の ご と 鳴 く ば バ ッ タ も 振 り 向 か る... すずのごと なくばばったも ふりむかる 人間のことですが、心の美しい人になれと、言われて育った世代です。 見かけが美しければ、心は自然と付いてくる、心だけ求めてもそれは酷というものだと、ずいぶん時間が経ってから学習しました。 鈴虫の如く上品で、か弱くあれば、人は手を差し伸べずにはおれない。 感謝の...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください