春寒し 坊主の読経は 耳入らず

最近のお寺は立派なものです。広すぎる部屋に、数人の法事では、なんか申し訳なく思います。
おかげで、ちっとも暖まらない。
数珠を持って、震えながら、終わるのを待っています。
終われ終われと思うと、お経は長い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

つ る 薔 薇 の 盛 り て 鉄 柵 もう 見 へ ず... Rose, Angela, バラ, アンジェラ, / T.Kiya 目隠しに鉄柵を造り、白いつる薔薇を植えた。 冬の間はすっからかんに見えてしまうが、この季節風薫る五月を迎え、葉は生い繁り、隙間もない。 調子に乗って、四季咲きのクレマチスも足した。 白と紫。...
迎 え 火 を 焚 か ず ば き っ と 迷 い お る... むかえびを たかずばきっと まよいおる 横向いて喋りながら歩いて、電柱にぶつかったほどの慌て者のおっちょこちょいが、目じるしなしで、帰って来れるわけはない。 基本的なところで大間違いをし、違う舟に乗ったりしそうで、どうも心配だから、迎え火は盛大に焚かねばならない。 一番に走って帰って来れるように。...
人 想 ふ 逃 げ 水 追 ふ て 懲 り も せ ず... ひとおもう にげみずおうて こりもせず 遠くに水たまりが見えるのに、近づくと何もない。 これは、地表の空気の温度差によって、光の屈折がおこり、実際にはないものがあるように見える現象だそうです。 蜃気楼のようなものでしょうか。 高速道路などで経験したようなあれでしょうか。 好きな人も同じこと...
放生会 親の因果が 子に報い 福岡市東区のハコ崎宮、秋の祭りにはたくさんの屋台や出店ができます。 にしきへびのしっぽを持った人、となりには、懐中電灯の動くとおりにうつろな目を動かす婦人 上半身だけが見える仕掛けで、つまり頭は人間、足はなくて、へびのしっぽがついている、ということなの です。 そのしっぽを持った人が、歌うように言う...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください