断 層 の 亀 裂 は よ け て 春 田 畦

だんそうの きれつはよけて はるたあぜ

震度7が二度続いたと言われる熊本地震。

見る影もなかった町も田畑も、果樹園もゆっくりとではありながら、努力によって少しずつ立ち直り、今年は順調な田植えの準備にこぎつけたところも多いそうです。

地震は断層をくっきりと現し、亀裂や段差はそのままに、あぜを切り直しすところからはじまるようです。

大きな手間でしょう。

やがてイネが植えられ、なにごともなかったように成長し、無事収穫に、大きな収穫につながること祈ってやみません。

この句も読まれています。

月見月 萩の赤花 滝のよに お月見の頃、赤い萩の花は満開を迎えます。 それはそれは大きな滝のようにふりそそぐ花や、落ちてくる木や葉を下から見ると、 感動します。 花のないあいだは、あまり目をひかない緑なのに、これほど赤い小さな花がまるで落ちてくる感じ なのです。 やっぱり秋はいいです。...
あ っ ち こ ち よ き 顔 す れ ば 亀 の 鳴 く... 何処の世界にも、「気の合う仲間」といえば聞こえがいいけれど、度を越して派閥に近いものができたりする。 どうでもいいつまり、どちらにも嫌われたくないなら、じょうずに泳ぐしかない。 肝心な話には入らず、または聞いてないふり。 どうでもいいとこだけ、にこにこというか、へらへら参加。 この歳になって、わたし...
雪間葱 根の深くして 春を待つ 雪の間を見つけて、葱を収穫した。 髭根ながら、多くて深い。このねぎに この根っこと思うくらいの育ち方。 これで春を待つのだろう。底力があれば 冬は越せる。...
遠めにも 植田の畦の 毅然たり 田植えのすんだ田の姿は、きりっとして、すがすがしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください