断 層 の 亀 裂 は よ け て 春 田 畦

だんそうの きれつはよけて はるたあぜ

震度7が二度続いたと言われる熊本地震。

見る影もなかった町も田畑も、果樹園もゆっくりとではありながら、努力によって少しずつ立ち直り、今年は順調な田植えの準備にこぎつけたところも多いそうです。

地震は断層をくっきりと現し、亀裂や段差はそのままに、あぜを切り直しすところからはじまるようです。

大きな手間でしょう。

やがてイネが植えられ、なにごともなかったように成長し、無事収穫に、大きな収穫につながること祈ってやみません。

この句も読まれています。

ようやくに 水辺を染めて 花筏(はないかだ)... 桜は咲く前から、咲き始めてから、そしていつ散るか、もう散るかと落ち着かない日々を過ごす。春の雨に、風に、ようやく散って水に浮かぶ。なんかほっとする。...
日一日と 遠ざかり行く 松の内 別に子供じゃないんだから、正月が待ち遠しかったわけでもないけど、あっという間に、年末がすぎ、新年かと思ったら、もう一週間過ぎて完全に元どおりの生活が戻り、少し目を瞑っていた失業中という身分が、ひしひしと再び身に染みています。...
卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ... うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ 卯浪。 五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。 人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。 有名なのはユダ。 キリストを裏切って密告します。 キリストはそれをすでに察知しており、 貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。 その他の兆候としては...
木も草も あめつちの恵みと言うらし 春の雨... 雨がよく降る。山に川に。草も木も力を蓄えているのだろう。コンクリートの街路樹もきっと息をついているはず。なんかほっとする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です