散 り 紅 葉 踏 む を た め ら ふ 声 ば か り

ちりもみじ ふむをためらう こえばかり

観世音寺から少し離れた尼寺の入り口階段の上に、真っ赤な紅葉が絨毯のようです。

踏まないよう踏まないよう。

思いは皆おんなじようです。

この句も読まれています。

豆腐切る 水の冷たさ 秋の朝 いつもはパンだけど、最近の朝の冷え込みで、 味噌汁を作った。手のひらに豆腐を載せて切る。 水の冷たさ。もうすっかり秋。 うれしくてしょうがない。...
代掻きの 田に雨の打つ しばし見る... t田植え前の、水を張った田んぼは好きです。 さらに雨の日は格別です。 低い雲、暗い空、雨でけぶってよく見えない周りの家や道路。 雨が落ちて、湖面のような水田と、細くてどこまでもく黒いあぜ道。 風情ある夏のはじめの風景です。...
春障子 古書に購入 年月日 誰が買ったものか。岩波文庫のもう 色の変わった文庫本。遠いむかし、 話題になった本を、安くなってから 買ったのだろうか。この本で、わた しは人生を見たような気がした。一 番の愛読書になった。古い押入れを 掃除しなかったら出会わなかった本 「雁の寺」。それから「飢餓海峡」 を読み、映画を見て、すっかり...
新 入 り は 酌 も 知 ら ぬ と 冷 や し 酒... 新入りは しゃくもしらぬと ひやしざけ 新人は、まずあいさつをしながら酌をして回るものだと、定年越えの再雇用組。 あなた方の若い頃はそうだったのでしょう。 今はもう、そういう面倒くさいことはしなくてもいいのよ。 社員旅行だって、女子社員の評判が悪くて、取りやめるとこ多いでしょう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です