散 り 紅 葉 踏 む を た め ら ふ 声 ば か り

ちりもみじ ふむをためらう こえばかり

観世音寺から少し離れた尼寺の入り口階段の上に、真っ赤な紅葉が絨毯のようです。

踏まないよう踏まないよう。

思いは皆おんなじようです。

この句も読まれています。

寒 夕 焼 水 平 線 を 発 信 源 用事を済ませて帰ろうと外に出た。 冬の夕焼け。 空気が冷たいから、より発色がいいような気がする。 出どころは海。 海の彼方から扇状に広がって、青空と雲を巻き込んで茜色。 もう間もなく早い夕暮れが迫る。 この空に逢えて、今日はよかった。...
どくだみを 干す清清し 暖簾かな どくだみ 今ちょうど白い花を満開に咲かせています。 根っこから抜いて、それもいっぱい。古い葉っぱを落とし、 泥を落とし、きれいに洗って、新聞紙の上に広げて、 水分を取って、少しずつ紐でしばって、風通しのいいところに 干します。乾いたら、今までは、切って20度の甲類焼酎に 漬け込みます。お盆過ぎくらい...
また夏が 来る切り抜ける なんとして... 夏がつらい。もともと暑さに弱い。以前は六月は雨が多くて過ごしやすかったのに、今年はもう悲鳴をあげたくなるような暑さ。乗り切らなくては。これから三ヶ月か‥。働いて働いて、疲れすぎると、眠れなくなる。三ヶ月だろうか。...
這松の(はいまつ)の 原に浜風 ときに秋... 松林の中に、佇むと暑いには暑いけど、涼やかや風がひととき吹き渡る。 地面を這うような松もあり、隙間すきまを風がぬける。 海風。 風の中に、ひとすじの秋の風を捕まえた。 ようく気をつけて、しばらくたたずめば、きっと感じる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください