散 り 紅 葉 踏 む を た め ら ふ 声 ば か り

ちりもみじ ふむをためらう こえばかり

観世音寺から少し離れた尼寺の入り口階段の上に、真っ赤な紅葉が絨毯のようです。

踏まないよう踏まないよう。

思いは皆おんなじようです。

この句も読まれています。

春障子 古書に購入 年月日 誰が買ったものか。岩波文庫のもう 色の変わった文庫本。遠いむかし、 話題になった本を、安くなってから 買ったのだろうか。この本で、わた しは人生を見たような気がした。一 番の愛読書になった。古い押入れを 掃除しなかったら出会わなかった本 「雁の寺」。それから「飢餓海峡」 を読み、映画を見て、すっかり...
星月夜 むかしのオトコの 声がする... なんてみっともないことでしょう。 でも人間、自分をよーく観察すれば、そして恥を恐れなければ、だいたいそんなもんだと想うのです。 秋は、人を寂しくさせます。 懐かしい声が聞きたくなったりします。...
シャバシャバと 雨の降る芽の 勢いて... よく雨が降る。春の前触れか。木も草も勢いを増すだろう。この雨で。じっくり土に染み込んで、ちょっとの干ばつくらいで負けないように。...
冬薔薇に 霙(みぞれ)の打ちて 咲き止まん... 冬にも咲く薔薇がある。 四季咲きというのだろうか。 うららかな日に蕾を持って、今日はみぞれ。 凍りついたのか、蕾は蕾のまま。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください