散 り 紅 葉 踏 む を た め ら ふ 声 ば か り

ちりもみじ ふむをためらう こえばかり

観世音寺から少し離れた尼寺の入り口階段の上に、真っ赤な紅葉が絨毯のようです。

踏まないよう踏まないよう。

思いは皆おんなじようです。

この句も読まれています。

情 念 の 昇 り 崩 れ て 雪 女 あまりの愛情は、相手を息苦しくする。 オトコが引くのは、当たり前の反応だろう。 「もう一度逢いたい」 と思っても、時間が経つことを味方につけて、自分の気持ちに折り合いをつけ、あきらめるのが常道かと思うのだが、なんせ一途で、さらに人間ではない雪女の情念は、留まることを知らないというか、アタマに組み込ま...
あやめ葺く(ふく) 蕾むらさき 巻き上げて... あやめがだいすきなのですが、最近はあまり見ることがありません。 仲間の菖蒲やアイリスは、どこにでもある感じですが、 あの濃い青紫の、きりっと巻かれたつぼみ、ようやく開いた、 気高い花は、ほかに見当たらないほど荘厳です。...
秋深し 蒲(がま)の穂綿(ほわた)に くるまれたし... 近頃は蒲を見ることもなくなった。以前は忘れられたような、空き地というか湿地のようなとこには蒲が生えてた。茶色のほんとに目立たない草だけど、昔々大国主命(おおくにぬしのみこと)は、鮫(さめ)を騙して、島へ渡ったウサギが、鮫から皮をむかれて赤裸にされて、うなだれてたところに通りがかって、蒲の穂綿にくるま...
寒灯に もう亡い人の 影を見る ふと亡き人を思うことがある。 夜道を歩いているとき、暗い家に入るとき、昔の立ち姿、ちょっとした笑顔、文句を言ってる時の顔などなど。 そういえば面白かった、ときどき。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください