散 り 紅 葉 踏 む を た め ら ふ 声 ば か り

ちりもみじ ふむをためらう こえばかり

観世音寺から少し離れた尼寺の入り口階段の上に、真っ赤な紅葉が絨毯のようです。

踏まないよう踏まないよう。

思いは皆おんなじようです。

この句も読まれています。

きのう掃き 今日また集う 落ち葉かな... 道一本隔てたところに、団地があり、ぐるっと並木がある。 落葉樹。 小さな玄関の前は、落ち葉の吹き溜まり。 ごみ袋いっぱいに集めても、翌日はまたおんなじ。 風の吹き方かもしれない。 だってうちの前だけ。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
五月雨の 牡丹の花の 露重く yようやく咲き始めた牡丹、薄桃色の花に五月の雨が重い。茎がたわんで見るからに重そう。 でも多分まだ蕾だから、またよみがえるはず。雨は滋養になるはず。...
ゆでたまご 剥き(むき)剥き(むき) 春の 午後をゆく... near Hongō, , Japan / nakanishiakihito 何にもする気にならない春の午後。長い雨が過ぎたら途端に汗の滲む暑さ。ゆでたまごを上手にむき、塩をふって食べながら、古い映画を見ている。佐藤浩市のパパが出ている。この人の飢餓海峡はよかった。左幸子も名演技。どうしようもない時...
開 票 速 報 7月10日夜8時前から、チャンネルはNHKにしていました。 まるで新年のカウントダウンのごとく、5・4・3・2・1 と数字が画面いっぱいに現れ、8時になった瞬間から、当選確実のオンパレード。 もう、見る気をなくしてしまいました。 「出口調査」なるインタビューの成果でしょうか。 どうして、皆さんは出口...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください