故 郷 に あ ら ね ど 潮 来 梅 雨 も よ ひ

ふるさとに あらねどいたこ つゆもよい

潮来は、茨城県の南東部にある、市です。

水郷潮来。

霞ヶ浦、利根川ほかにも水辺に囲まれ、市の中心部にも川が流れます。

田園地帯が広がり米作がさかんです。

古くから水運が交通手段だった潮来では、人が往き来するために通る小さな橋が数多く架けられていたそうです。

現在はサッパ舟と呼ばれる舟に乗り川をめぐる「十二橋めぐり」観光があります。

橋の名前。

「あやめ橋」

「雨情橋」

「潮音橋」

「水雲橋」

ほかに、あやめ園、温泉もあります。

この句も読まれています。

気を入れて 文(ふみ)書きもする 朧(おぼろ)の夜... moon / wonderferret 礼状を書いた。わたしはこの先 何通の手紙を書くのだろう。お そらく十通に満たないのではな いか。だとしたら、貴重な一通 になる。もう縁が切れてしまう 人への礼状。文面は当たり障り のないものにはなるけれど、ど うかお元気で、くつろいだ人生 がありますように。い...
はしごして 田植うる今日の 予定なり... 過密スケジュールか。一枚を植え終わって、少しの休憩。また次の田へと、機械も人も動く。雲は低く、それほど暑くはないけれど、たいへんな重労働。いろいろな都合があって、今日終わらせなければならないのだろう。頑張れみんな。...
花 疲 れ は し ゃ ぎ し 分 は 返 さ れ て... はなづかれ はしゃぎしぶんは かえされて 花見疲れのことです。 花見に出向き、人混みにもまれ歩き回ると、思いのほかクタクタになります。 昼間の気温は上昇気味、午後からは冷えたりと不安定な気候でもあり、どことなくほこりっぽいなかを歩きます。 よって我が家に帰り着いたころにはすっかりくたびれてし...
衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜... おとろえの ひとつふたつを わすれじも 人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。 ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。 そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。 「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とす...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.