放 蕩 の 血 は 受 け 継 ぎ て 霜 柱

ほうとうの ちはうけつぎて しもばしら

遺伝とは恐ろしいもので、なんということもない仕草や姿勢、時間の過ごし方、性格。

特に似てほしくはないところがそっくりという話はよく聞くことです。

遊び方も、そのタチの悪さもそう。

浪費癖、収集癖、オンナ癖、バクチののめり込みようまで。

この句も読まれています。

木 守 柿 雲 の 流 る る う ち に 熟 れ... 来年もまたたくさん柿がなりますようにとの願いを込めて、柿は全部は収穫せず、一番高いところの二つ三つを残す。 秋の高い空、流れる雲、そして時雨。 そうこうしているうちに、いつの間にか忘れてしまい、いつの間にか消えてしまう。鳥がつついたのかもしれない。...
行 き 着 け ば ま た 同 じ 橋 春 の 夢... いきつけば またおなじはし はるのゆめ 明け方に一度目が醒める。 ほかの季節では、なかなか難しいけれど、春の今ごろは、またすぐ眠りに落ちる。 何度試みても、同じところに行き着いて、先に進めない夢。 ちょうど今の私みたい。...
草 萠 ゆ る 庭 先 床 屋 あ り し 頃 くさもゆる にわさきとこや ありしころ むかし、理髪代を節約するため、玄関先に椅子を置いて、子どもを座らせ、ビニールの、それ用の円形のシートを首回りに合わせて掛けバリカンやハサミで髪を切られていた時代があります。 さすがにプロはプロ、シロウトはシロウト。 前髪を眉の上2センチで揃えて切ったつも...
ケイトウの 折りたたまれて 秋の空... 鶏のトサカのようなけいとうの花はあまり好きではないけれど、あの見事に折りたたまれたような花のつくりには感心します。まるで人の手で折ったようです。毒々しいような、派手な赤が、秋の青空には合うようなきがするのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください