放 蕩 の 血 は 受 け 継 ぎ て 霜 柱

ほうとうの ちはうけつぎて しもばしら

遺伝とは恐ろしいもので、なんということもない仕草や姿勢、時間の過ごし方、性格。

特に似てほしくはないところがそっくりという話はよく聞くことです。

遊び方も、そのタチの悪さもそう。

浪費癖、収集癖、オンナ癖、バクチののめり込みようまで。

この句も読まれています。

トンネルの 丸い出口も 春深し トンネルの出口がそろそろ見えてくるころ、切り取られた丸い景色は 春爛漫。 日差しも春、山も木々ももくもくとして、一面春。...
立ち話 蚊遣りの香(こう)の 欲しき宵... 夏の井戸端会議には、蚊取り線香が必須かも。 足をばたばた叩きながらの、立ち話は大変そう。
生真面目に 文字盤のあり 時計草 lトケイソウは好きな花の一つです。 紫の色もいいし、なによりていねいに作られたようなあの形態がおもしろいと思うのです。 つる性であちこちに絡みながら伸ばしていきます。...
じたばたと 今年も終わるか 秋時雨... 全くもう、今年もじたばたと動き回って、結局ここにいるのかと思ってしまうような一年でした。落ち着いて、流れに任せていたほうが、うまくいくことも多いと、人に言われ、自分もそう思っていたのに、結局年の初めからおたおたし、今もなんとなく落ち着かない。結局性分なんでしょうか。誠実に誠実に頑張ってるつもりなのに...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください