廃 路 な ら 片 付 け 給 へ 夏 み か ん

はいろなら かたづけたまえ なつみかん

水害のあと、ああだこうだと大騒ぎした結果、廃線と決まったらしいです。

だたでさえ赤字路線で、でも他に交通手段のない地区を見放すとも言い出しづらく、洪水で線路や駅舎の一部が流されたのをコレ幸いに、沈痛な面持ちで、「やむなく…」と。

あの魅力的な単線を無くしてしまうと決めたなら、さっさと片付けてしまってほしいのです。

清流の郷で、湧き水が溢れ、木造の駅舎の近くには鯉がゆうゆうと泳いでいるそんなところです。

クルマで5分ほど行くと、山伏の修験場があり、年に一回護摩焚きが行われます。

村の生活はいちだんと不便になるかと思うのですが、いろんな人が知恵をしぼって決めたことなのでしょう。

この句も読まれています。

宅 配 の 夕 食 昼 に 届 い て 師 走 DATSUEBA / 奪衣婆(だつえば) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 忙しいのだろう。夕食の弁当が昼に届いたらしい。しょうがない、そんなこともあるんじゃないかと思ったりもするが、年寄りは、他人のミスを許さない。まったく。自分が迷惑をかけていることなど、ぜんぜん気づいていない。せっか...
フ ー コ ー の 振 り 子 凍 え て 健 康 課... 「フーコーの振り子」というのだそうです。 高いところに設置された支点から、長い紐が下がっていて その先に鉛か鉄の球が付いています。 どういう原理なのかわかりませんが、またわかりたくもありませんが、規則的にぶらぶら揺れて、大きな円形の時計の淵に置かれたコマのようなものを端から順番に倒していきます。 市...
木も草も あめつちの恵みと言うらし 春の雨... 雨がよく降る。山に川に。草も木も力を蓄えているのだろう。コンクリートの街路樹もきっと息をついているはず。なんかほっとする。...
ユ ト リ ロ の 寂 し き 白 や 夏 終 は る... ゆとりろの さびしきしろや なつおわる ユトリロ。 1955年11月まで生きたフランスの画家。 生まれは私生児。 さらに母親は育児放棄。 それだけでも、充分気鬱ですが、どうも母親譲りの精神病の遺伝子のようなものを持って生まれたような説明です。 そのうえ、重度のアルコール依存症で、10代の頃より、精...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください