廃 路 な ら 片 付 け 給 へ 夏 み か ん

はいろなら かたづけたまえ なつみかん

水害のあと、ああだこうだと大騒ぎした結果、廃線と決まったらしいです。

だたでさえ赤字路線で、でも他に交通手段のない地区を見放すとも言い出しづらく、洪水で線路や駅舎の一部が流されたのをコレ幸いに、沈痛な面持ちで、「やむなく…」と。

あの魅力的な単線を無くしてしまうと決めたなら、さっさと片付けてしまってほしいのです。

清流の郷で、湧き水が溢れ、木造の駅舎の近くには鯉がゆうゆうと泳いでいるそんなところです。

クルマで5分ほど行くと、山伏の修験場があり、年に一回護摩焚きが行われます。

村の生活はいちだんと不便になるかと思うのですが、いろんな人が知恵をしぼって決めたことなのでしょう。

この句も読まれています。

黒 ダ イ ヤ あ ゝ ぼ た 山 の 曼 珠 沙 華... くろだいや ああぼたやまの まんじゅしゃげ 黒ダイヤというのは、筑豊産のようかんの名前です。 今はもう製造されていません。 つやつやとして真っ黒で、どうかなりそうなほど甘かった。 当時、飯塚、直方、田川地方で行われた結婚式の引き出物として配られ、わたしの口にも入ることにもなりました。 もうあの頃は...
カ ン ナ な ら 別 れ し 人 の 不 幸 せ... IMG_6225 / coloredby 一青窈の唄に、「ハナミズキ」というのがある。 「君と好きな人が100年続きますように・・・」 なんでそんな仏のような心境になれるかな。 わたしを振ったオトコの幸せなんて、願えるはずもない。 不幸せを念じるのみだ。 なんだ、あんなやつと、思えば思うほど、忘れ...
ア イ ロ ン の 蒸 気 の 向 こ う 沈 丁 花... Blooming scent / coniferconifer 沈丁花が満開である。 低木だから、さがさないと何処にあるか、見逃してしまいそうだけれど、あの胸を打つような香りには、深呼吸をしないわけにはいかない。 フレアーのスカートの裾上げをするのに、蒸気アイロンを使いながら、まあるく育った沈丁花...
腑 に 落 ち ぬ 持 っ て 行 き 場 の 冷 や し 酒... ふにおちぬ もっていきばの ひやしざけ 納得のいかないことの多いこと。 ムカつくことの多いこと。 誰に言いようもない。 納得できないんだから、反省なんてするわけもない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください