廃 路 な ら 片 付 け 給 へ 夏 み か ん

はいろなら かたづけたまえ なつみかん

水害のあと、ああだこうだと大騒ぎした結果、廃線と決まったらしいです。

だたでさえ赤字路線で、でも他に交通手段のない地区を見放すとも言い出しづらく、洪水で線路や駅舎の一部が流されたのをコレ幸いに、沈痛な面持ちで、「やむなく…」と。

あの魅力的な単線を無くしてしまうと決めたなら、さっさと片付けてしまってほしいのです。

清流の郷で、湧き水が溢れ、木造の駅舎の近くには鯉がゆうゆうと泳いでいるそんなところです。

クルマで5分ほど行くと、山伏の修験場があり、年に一回護摩焚きが行われます。

村の生活はいちだんと不便になるかと思うのですが、いろんな人が知恵をしぼって決めたことなのでしょう。

この句も読まれています。

暮 れ ん と す ま ず 石 蕗 (つわぶき) の 花 於 い て... 秋の夕暮れ。 日の落ちることの早さに、毎年のことながら驚く。 庭先にも、道端にも、日当たりのいいところには、石蕗の花が真っ盛り。 混じり気のない黄色で、夕暮れの中最後まで色を残す。 葉はまんまるで、緑鮮やか。...
石鹸の 匂いほのかに 初夏始む 一輪挿しを買いました。ただの瓶に見えますが、おしゃれなみせで買ったので800円しました。(^人^) / yoppy いろいろなクレンジングが出回って いて、いろいろ目移りするけど、最 後はやっぱり石鹸。石鹸の匂いで、 一日が始まる。芳香剤もシャボンの 香り。今日は掃除の日。最後はお香 を灯し、蕾の紫...
あ れ こ れ も 晩 学 ぞ ろ い 吾 亦 紅... あれこれも 晩学ぞろい われもこう 人間いくつから始めてもいいと、よく聞くことです。 いいことはいいし、勝手だけれど、やはり若い頃に始めないとモノにはならないというのが実感です。 洋裁だって、先生に言われたように縫うことはできるけれど、自分の原型を作り、それに沿って製図するところから出来ないと...
秋寂びて 心トグロを 巻く日あり 社内研修があり、そのリーダーに言われた。 「あんた、人に感謝したことなかろう」 研修とは、人を育てるために行うものだろう。 なんでこんなことを言われるのか、それもわたしだけ。 (総勢四人とそのリーダー) 「なんでこんな仕事しようと」 (福祉関係) 黙って聞いていた。それしかない。 言葉はひたひたと、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.