廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒

はいせんの きまるてつろに はやすすき

日田彦山線。

単線です。

無人駅もいくつもありました。

沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。

ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。

こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、東峰村で行われた山伏の護摩焚きを見に行ったときです。

あれから少しして、北部九州豪雨で、線路ごと流され、復旧には何年もかかるだろう、久大線の後になるだろうと呑気に思っていたのですが、まさか廃線になるとは。

廃線が決まったのも早かったけれど、あきらめたように、きれぎれの線路には、ススキや雑草がまるで待ちかまえていたようにはびこっています。

さみしいことです。

もともと赤字路線だったのでしょう。

代行バスが走るそうです。

この句も読まれています。

葡 萄 棚 透 か し て 青 き 田 主 丸 ぶどうだな すかしてあおき たぬしまる うきは郡田主丸。 もう市になっているかもしれません。 もう日本中、地名が変わって、漢字はひらがなになって、訳がわかりませんから。 葡萄、特に巨峰の大産地。 どのくらいむかしから葡萄を生産していたかはわからないけれど、40年前は、すでに「葡萄の田主丸」でした。...
地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
あやめ葺く(ふく) 蕾むらさき 巻き上げて... あやめがだいすきなのですが、最近はあまり見ることがありません。 仲間の菖蒲やアイリスは、どこにでもある感じですが、 あの濃い青紫の、きりっと巻かれたつぼみ、ようやく開いた、 気高い花は、ほかに見当たらないほど荘厳です。...
炬 燵 舟 船 頭 唄 ふ お 立 ち 酒 こたつぶね せんどううたう おたちざけ 柳川の掘割をゆく川下りの舟に、コタツが入ったそうです。 コタツ舟と言います。 船頭さんは、年配で、ベテラン、当地の歴史にも強く民謡も上手です。 「お立ち酒」 宮城県民謡。 嫁に出す娘を思う親の心情を唄ったものです。 「 お前、お立ちか。身を大切に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください