廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒

はいせんの きまるてつろに はやすすき

日田彦山線。

単線です。

無人駅もいくつもありました。

沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。

ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。

こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、東峰村で行われた山伏の護摩焚きを見に行ったときです。

あれから少しして、北部九州豪雨で、線路ごと流され、復旧には何年もかかるだろう、久大線の後になるだろうと呑気に思っていたのですが、まさか廃線になるとは。

廃線が決まったのも早かったけれど、あきらめたように、きれぎれの線路には、ススキや雑草がまるで待ちかまえていたようにはびこっています。

さみしいことです。

もともと赤字路線だったのでしょう。

代行バスが走るそうです。

この句も読まれています。

お と な し く 流 灯 に 乗 り 黄 泉 へ な ど... おとなしく りゅうとうにのり よみへなど あの人懐っこいいたずら好きが、しきたりにのっとって黄泉の世界へ帰るとは思えないのです。 もうちょっともうちょっとと、未練がましく長逗留してるんじゃないかなどと思うのです。 逢いたい。...
冴返る 如月の月 歩(ほ)を速む ビールが足りないから、買いにいった。月がでている。月なんて、ビールが足りない時しか見ない。キーンと冷え切った空気、冴え冴えとした月、寒い。...
梅 雨 出 水 一 切 合 切 (いっさいがっさい) 流 し ま せ... 豪雨でした / t.shigesa 梅雨もいよいよ終盤か。 激しい雨が叩きつけ、街は滝壺になったよう。 濁流は川岸を乗り越えんとし、アスファルトの道路は 溢れる水の持って行き場がなく、高架下は水没。 降って降って、溢れる水で、流してしまえ忘れたいこと。 苦い思い出、屈辱、侮辱。...
春暮れて 若芽柳や 白秋碑 どんこ舟の川くだりが、気持ちのいい季節になった。柳もネコ柳も若い芽ばかりでまだ緑の乏しい早春ではあるが、舟に揺られて、川面をゆくのは、しばし日常を忘れる。水の豊かな水郷は、お堀端だけではなく、街のそこここにゆたゆたと水をたたえた堀がある。昔に比べればずいぶんと減っただろうが、いまでもとても風情のある...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください