廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒

はいせんの きまるてつろに はやすすき

日田彦山線。

単線です。

無人駅もいくつもありました。

沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。

ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。

こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、東峰村で行われた山伏の護摩焚きを見に行ったときです。

あれから少しして、北部九州豪雨で、線路ごと流され、復旧には何年もかかるだろう、久大線の後になるだろうと呑気に思っていたのですが、まさか廃線になるとは。

廃線が決まったのも早かったけれど、あきらめたように、きれぎれの線路には、ススキや雑草がまるで待ちかまえていたようにはびこっています。

さみしいことです。

もともと赤字路線だったのでしょう。

代行バスが走るそうです。

この句も読まれています。

柩 窓 開 け よ 梅 の 香 触 れ さ せ よ... ひつぎまど あけようめのか ふれさせよ もうお別れの時間が迫ります。 苦しかった長かった闘病の日々も終わりを告げ、常世に旅たつ前に、この満開の梅の香を送りたいのです。 それしかできないのです。 頑張ったね。ありがとう。...
衣 更 へ マ ネ キ ン 容 赦 な く 全 裸... ころもがえ まねきん ようしゃなくぜんら デパートのショーウィンドウのマネキンが夏服にころもがえです。 一度下ろすかと思いきや、人が上がり込んで、その場で行われます。 手慣れた様子で時間は取りません。 とりあえず全部脱がせてから、すべてアタマから入れて着せていきます。 ちょっと気の毒。...
花 石 榴 い ず れ 想 ひ の 実 を 付 く る... はなざくろ いずれおもいの みをつくる あのかっぱり割れたざくろの実。 種ばかりで、食べるところはなく、果汁を吸うしかないのだけれど、なぜか魅力的です。 花はオレンジで、小ぶりで綺麗です。 ただ幹がゴツゴツして、見栄えがせず、冬のあいだはその醜さを我慢しなければなりません。 食べるほどの実もならず...
雨は雪に 気がかりは不安に 色がつく... 深夜に目が覚めることがよくある。 降っていた雨が雪に変わったことを、ひどく寒くなったことと、気配で感じる。 夜は、人を愉快にはしないようだ。 漠然とあった小さな心配は、次第に確たる不安に成長する。 輪郭がはっきりと、そして色がつく。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です