廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒

はいせんの きまるてつろに はやすすき

日田彦山線。

単線です。

無人駅もいくつもありました。

沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。

ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。

こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、東峰村で行われた山伏の護摩焚きを見に行ったときです。

あれから少しして、北部九州豪雨で、線路ごと流され、復旧には何年もかかるだろう、久大線の後になるだろうと呑気に思っていたのですが、まさか廃線になるとは。

廃線が決まったのも早かったけれど、あきらめたように、きれぎれの線路には、ススキや雑草がまるで待ちかまえていたようにはびこっています。

さみしいことです。

もともと赤字路線だったのでしょう。

代行バスが走るそうです。

この句も読まれています。

春 陰 や 利 休 鼠 の 空 が 落 つ しゅんいんや りきゅうねずみの そらがおつ 桜が咲きているときの曇りは「はなぐもり」といいますが、春陰は、サクラが咲いてないときでもいいます。 春の憂鬱を託すのに、大正期になってから好んで使われ始めたそうです。 「りきゅうねずみ」は、千利休つまり茶道由来の、茶葉のように緑がかったネズミ色です。...
干し大根 軒の物干し 賑おうて 大根の白さが、冬の陽にはえて、なかなかいい。
向 日 葵 の 安 穏 見 事 に 向 こ う 見 ず... Sunflower / Helianthus / 向日葵(ひまわり) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 人を疑うことを知らぬのか。 あっちにもこっちにも、同じ顔を向ける。 あっけらかんとしている。 世の中に悪い人などいないかのよう。 空気を読むのは、少々苦手。 というか、本人に、苦手意...
里山の 裾一面の 柿落ち葉 小さな散歩がてらに登られるような山には柿の木が何本もあります。 小さな山のすそ一面に柿の落ち葉が敷き詰められるのです。 石の階段も見えなくなるくらいです。 踏むとかさかさと大きな音がします。 うれしいものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください