廃 線 の 決 ま る 鉄 路 に は や 芒

はいせんの きまるてつろに はやすすき

日田彦山線。

単線です。

無人駅もいくつもありました。

沿線は、何の変哲も無い、小さな工場や、小さな家々ばかり。

ただ無人駅のそばには、有名な湧き水が溢れ、そこだけ賑わっているかんじでした。

こんな鉄道があるんだと思いながら、乗ったのは半年ほど前、東峰村で行われた山伏の護摩焚きを見に行ったときです。

あれから少しして、北部九州豪雨で、線路ごと流され、復旧には何年もかかるだろう、久大線の後になるだろうと呑気に思っていたのですが、まさか廃線になるとは。

廃線が決まったのも早かったけれど、あきらめたように、きれぎれの線路には、ススキや雑草がまるで待ちかまえていたようにはびこっています。

さみしいことです。

もともと赤字路線だったのでしょう。

代行バスが走るそうです。

この句も読まれています。

稲 刈 り は 有 給 休 暇 本 柱 いねかりは ゆうきゅうきゅうか ほんばしら のんびりした団体にお勤めのようです。 社会福祉協議会というところだそうです。 稲刈りも、田植えも主力になって活躍です。 親孝行です。 地元の消防団にも入っていて、韓国に団体旅行にも行かれます。 和太鼓や、田舎芝居のサークルでも活躍です。 一部上場の一流企...
春 雷 の ご と 閃 い た 飽 き ら れ た... しゅんらいの ごとひらめいた あきられた ずいぶんとむかしのこと。 好きな人がいました。 好かれていると信じていました。 というより、信じきっていました。 このまま幸せが続くと思い込むあたり、やはり若かったのでしょう。 何かおかしい。 距離を感じる。 それでもまだ、こっちを向いていると自信をもっ...
牡 蠣 小 屋 の 火 勢 に 追 は れ 無 口 な る... 牡蠣は小ぶりなのに、七輪の火の起こりようの凄いこと。 ぐつぐつと煮えていたかと思うともう、焦げそうになっている。 そうなると小さく固くなるから、食べるのもスピードアップしなければならない。 遠く糸島半島まで来て、一瞬で食べ終わるなんて、勿体無さすぎる。 それでなくとも今年の牡蠣は小ぶりだとテレビが言...
癌 切 除 言 ふ た で な い か 青 葉 木 菟... がんせつじょ いうたでないか あおばずく 「すべて取り除きました」確かにそう聞いた。 なんで今ごろ。 5年生存率なんて、たんたんとと言うというより人ごとな感じ。 まあ、ああいう言い方が事務的でいいのでしょう。 死なないでいれば生存率なのでしょうか。 末期であっても、生きていれば生存に加算...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください