幼き日 思い出は傷 皐月雨

もう親は死んだ。わたしは不安定のまま歳をとった。誰かわたしの話を聞いてはくれまいか。川にはさまれた家。折り合いの悪い両親。市内電車にかかりそうなトタン屋根。暗い公園。土木事務所。お-トバイ。若い愛人。虐待。誰か助けてくれないか。

この句も読まれています。

ひ と つ ず つ 講 釈 の あ り 木 の 芽 和 ( あえ )... ご親切に料理の説明、ありがたいと思うのだけれど あんまり長いのはどうも。 自信作なのだろう。 画像出典木の芽和え #dinner うまー / is_kyoto_jp...
茶 摘 み 唄 茜 襷 は も う 見 へ ず ちゃつみうた あかねたすきは もうみえず 「夏も近づく八十八夜 あれに見えるは茶摘みじゃないか 茜ダスキにスゲの笠」 手摘みはまだ行われているとのことですが、驚くほどの大きさの摘み取り機が、茶畑を席巻します。 あっという間に若芽を摘み取っていくようすは隔世の感があります。 作業が楽になるのは...
梅 雨 ラ ヂ オ よ り 能 古 島 の 片 想 ひ... つゆらじおより のこのしまの かたおもい 井上陽水 能古島の片想い 「つきせぬ波のざわめく声に今夜は眠れそうもない。 浜辺に降りて裸足になれば、とどかぬ波のもどかしさ 僕の声が君にとどいたら、ステキなのに」 まさに、片想いの美学。...
「 累 犯 障 害 者 」 ( 1 ) ... 2006年1月7日未明、JR下関駅が炎に包まれた。 木造二階建ての駅舎は20メートルにも及ぶ火柱が立ち、消防車24台の懸命の消火活動もむなしく完全に燃え落ちた。 幸いなことに未明の火事のため死傷者は出なかった。 本州と九州を結ぶターミナル駅の焼失は、交通機関をまひさせた。 新聞各紙はこぞって、ひと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください