居 心 地 の 良 か れ と 願 ふ 彼 岸 か な

あの世に召されて、親に逢えただろうか。
居心地の良い場所に連れて行ってもらえただろうか。
あらゆる心配ごとから解放されて、道に迷わず極楽とやらに着いただろうか。
いい人だったよね。
いるだけで楽しかったよね。

この句も読まれています。

どくだみを 干して 五月の雨を聞く... どくだみの花が咲いたら、根っこから採って洗って干して、お茶にしようと思う。前は20度の甲 類の焼酎に漬けて、どくだみ化粧水を作っていたけど、たいていできる前に飲んでしまうので やめた。どくだみを干すと部屋中にどくだみの香りが充満して、すがすがしい。嫌う人もいるが わたしは好き。どくだみを束にして、つ...
石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草... いしけりも かんけりもなし かやつりそう 学校からの帰り道。 石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。 かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。 親も子も、みんな忙しい。...
夏至過ぎて 日暮れの街の 石畳 日暮れが遅い、夕方が長いのは、とてもうれしいことです。 町中がセピア色、風はまだ涼しい。 猛暑の前の、つかのまのいい時間...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です