居 心 地 の 良 か れ と 願 ふ 彼 岸 か な

あの世に召されて、親に逢えただろうか。
居心地の良い場所に連れて行ってもらえただろうか。
あらゆる心配ごとから解放されて、道に迷わず極楽とやらに着いただろうか。
いい人だったよね。
いるだけで楽しかったよね。

この句も読まれています。

浜 昼 顔 海 風 辛 き 日 も あ り て はまひるがお うみかぜつらき ひもありて 植物は、タネの落ちたその場所で生きていきます。 人間も似たようなものかもしれません。 以前ベストセラーになった「おかれた場所で咲きなさい」 なるほどです。 ときにはこの、置かれた状態が辛いと思う日もあるわけで、だからといってどうすることもできないので、元...
雷か どこかで花火か 梅雨半ば 雷なのか、飛行機なのかよくわからないことがある。 きょうのは、花火のようだ。 気の早いこと。 元気分けてほしい。...
出 棺 の 合 図 の 泣 き て 凌 霄 花 の 落 つ... しゅっかんの あいずのなきて はなのおつ ノウゼンカズラ、つる植物で他の木に巻きついて育ち、大きなオレンジの間借りにしては厚かましいほどの立派な花をつけます。 特徴は、花びらが散るのではなく、首からぽとりと、それも惜しげもなく散ることでしょうか。...
目借り時 干した布団で 甲羅(こうら)干し... あんまり動く気がしないことがある。 わたしは、そういうさぼり心は重んじる。 無理に始めたところで、余計散らかるだけ。 今朝はせいぜい布団干しだけ頑張った。 取り込もうと思って、思わず自分も乗っかってしまった。 となりの庭が見える。 お日様の匂いを嗅ぐ。 春爛漫。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください