居 心 地 の 良 か れ と 願 ふ 彼 岸 か な

あの世に召されて、親に逢えただろうか。
居心地の良い場所に連れて行ってもらえただろうか。
あらゆる心配ごとから解放されて、道に迷わず極楽とやらに着いただろうか。
いい人だったよね。
いるだけで楽しかったよね。

この句も読まれています。

人 の 世 も 編 む に 似 た り と 萩 の 月... 「辞書を編む」という小説が、確か、本屋さん大賞をとり、映画にもなりました。 とても面白い本だったのですが、地味な素材で、映画には無理だろうと勝手に思い込んでいたところ、ステキな作品に仕上がっていて感動したものです。 考えてみれば、生きていくことも、日々の些事の積み重ね、ひと針ひと針編んでいくよう...
梅雨の間に 昔を見たり 時計草(とけいそう)... 時計草という花は、どこかおとぎ話からきたような雰囲気の、まあるい時計にそっくりな花です。 カチカチと音が聞こえてきそうです。 昔々の幼い日、遊んだ場所や、遊び友達のことなど浮かびます。...
市内電車 old style tram / tsuda もうずいぶん前のこと。 福岡市内には市内電車が走っていました。 どんたくには花電車として、一世を風靡した時代もありました。 電停は、道路の真ん中に細長くあって、当時それほどクルマが多くなかったせいか、立っていて恐怖感はありませんでした。 むしろわたしは電...
蟷 螂 の 背 中 掻 く ご と 雄 喰 ら ふ... とうろうの せなかかくごと おすくらう カマキリのことです。 共喰いといっても、メスがオスを食べるのです。 反対はないのです。 ケンカするわけではなく、たぶん背後からガツガツばりばりと。 まるで背中を流してやるように。 なんでそんなことになるのか不思議です。 ちょっと面白い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください