居 心 地 の 良 か れ と 願 ふ 彼 岸 か な

あの世に召されて、親に逢えただろうか。
居心地の良い場所に連れて行ってもらえただろうか。
あらゆる心配ごとから解放されて、道に迷わず極楽とやらに着いただろうか。
いい人だったよね。
いるだけで楽しかったよね。

この句も読まれています。

免 れ ぬ 水 禍 に 馳 せ る 桃 並 ぶ まぬかれぬ すいかにはせる ももならぶ たいへんな災害が続いたこの夏。 果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。 わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。 まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。...
新酒(しんざけ)の 樽の青さの 味もして... 新酒会、底冷えの朝も、この日ばかりは気にならず。 五種類も呑まないうちに、味は混ざってしまう。 地鶏のご飯を食べながら、酒蔵の煙突を見上げる。 筑後川の水、豊穣の土地に育った米で造られた酒。 いまここにいる幸せ。...
立ち漕ぎ(こぎ)を 披露の歓声 ぶらんこの子... わたしは小さい頃から、大きくぶらんこを漕ぐことが苦手だった。 はじめはいいけど、だんだん高く上がると、一瞬たわむ感じになる、 それが恐いのです。 立ち漕ぎなんてとんでもない。 目線が高くなって、揺れを大きく感じるし。 世の中にはたくましい子どもが多いものだと思う。...
飛 行 機 の 上 を 行 っ た と 僕 の 凧... untitled / t-miki やっと上がった。だいぶ努力した。走り回って、泥のついた凧が上がった。飛行機が行くのが見えるけれど、真下から見上げると、まるで凧が高く見えるから不思議。飛行機より高かったと、幼子が、頬を紅くして、息荒く報告している。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください