小糠雨(こぬかあめ) 沈丁の香 閉じ込めて

沈丁花の花が咲き出しました。
赤と白では、どちらが香りが強いのでしょう。
駐車場とか、高架の下とか、川べりとか、思わぬところで、香りがすると、
嬉しくなります。
今日は、朝から小さな雨が降っていて、おさまる気配もありません。
気のせいか、沈丁花の香りも雨に閉じ込められて、薄くなったような気がします。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

また夏が 来る切り抜ける なんとして... 夏がつらい。もともと暑さに弱い。以前は六月は雨が多くて過ごしやすかったのに、今年はもう悲鳴をあげたくなるような暑さ。乗り切らなくては。これから三ヶ月か‥。働いて働いて、疲れすぎると、眠れなくなる。三ヶ月だろうか。...
遠 花 火 炭 坑 の 町 ピ ザ の 街 とおはなび たんこうのまち ぴざのまち 炭坑といえば、九州では筑豊です。 石炭産業が衰退して以後、ずいぶんと低迷していた町は、まずお菓子製造で息を吹き返したようです。 今ではもっといろいろさまざまに発展しているとのことです。 筑豊の添田町に食べ放題のピザ屋ができて、評判だというから、以前の職...
家中(いえじゅう)の 時計合わずに 目借り時... 時計が、少しずつ遅れたり、早かったりしてるのはとっくに気づいている。 合わせるのは、一仕事。 春のうらうらとした一日に、やり遂げる気力もなくて、結局テレビの時間で動いている。...
秋になり なつかしと思うは 我ひとり... 秋になると、秋の風が吹き、つい昔のことを思いだしたりするものです。 20年も経って、もういいかなと思って、ただ懐かしいだけで、電話したのに、 居留守までつかわなくてもいいじゃないの。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください