小糠雨(こぬかあめ) 沈丁の香 閉じ込めて

沈丁花の花が咲き出しました。
赤と白では、どちらが香りが強いのでしょう。
駐車場とか、高架の下とか、川べりとか、思わぬところで、香りがすると、
嬉しくなります。
今日は、朝から小さな雨が降っていて、おさまる気配もありません。
気のせいか、沈丁花の香りも雨に閉じ込められて、薄くなったような気がします。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

サ ー カ ス の 獣 の 泪 冬 の 月 サーカスの けもののなみだ ふゆのつき なんの因果か運の悪さか。 群れをなしているというのに、一頭だけ、暑いサバンナで捕らえられ、この冬の日本の見世物小屋に連れてこられたライオンが飼育員を噛んだと。 水のきらいなネコ科の動物を洗わなければ、客の前に出せないほどの劣悪な環境のもと、ムチを振るわれ、命...
初桜 この驚きの ままに居よ 咲いた。桜がとうとうというか、やっと というか咲いた。いっぱいの蕾のなかに ほんの二つ三つ。このままでいい。この ままがいい。いずれ満開、そしてはらは らと散りはてる。なんかそれまで落ち着 かない。このままがいい。...
窓開けて 玄関開けて 秋の風 風というのは、入るところと、出るところを作らないと、部屋の中では吹きません。しばし玄関を開け放つと、びっくりするくらいの勢いで、秋の風が吹き渡ります。いっぺんで空気が入れ替わるのです。...
沙 羅 の 花 無 か り し 縁 と 諦 め よ... しゃらのはな なかりしえんと あきらめよ 縁あって知り合ったと勘違いもはなはだしい恋愛は、この世に星の数ほどあるものです。 ほとんどは間違っている。 あきらめることの辛さを知ることも、その後の人生には必要で、想いを深くするものです。 今は辛いけれど、淡々と粛々と為すべきことを行うことしか、処方は...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください