寂 し さ は い や 増 す 世 間 う ら ら け し

さびしさは いやますせけん うららけし

世の中は桜の開花をきっかけに、いちどきに動き出した感です。

お出かけ、旅行、装い、旅立ち、結婚、新年度などなど。

どれもこれも関係なしのワタシは相変わらずの生活です。

別にうらやましくもなんともないのですが、いろいろと浮かれている人を見ると、活動的だなと思います。

雨が降るとおちつきます。

むかしからです。

体調も良くなります。

この句も読まれています。

酒 粕 に 瓜 漬 くる 桶 天 日 干 し さけかすに うりつくるおけ てんぴぼし 酒粕にウリを漬け込む、つまりは奈良漬けです。 あの甘辛い赤黒い漬物ではありません。 筑後産の、酒粕の匂いが強い、まだみどり色の浅漬けが好きです。 時間が経つと味が濃くなりますから、早めに取り出していただきます。 酒蔵製です。 浅くて丸い木の桶です。...
新 年 の 靴 脱 ぎ 石 も 凛 と し て しんねんに くつぬぎいしも りんとして 年が明けたというだけで、空気が凛となるような気がして、気持ちがいいものです。 庭に出る平べったい靴脱ぎ石も、掃き掃除したから当たり前なんだけれど、正月の顔をしています。...
讃美歌の 漏れくる新緑 礼拝所 山はその全体も、裾までも若緑一色。 あれは教会と言ってもいいのだろう。 小さい小さい礼拝所。 確かにちいさな屋根に小さな十字架はある。 わたしは、長崎の浦上天主堂が、れんが造りの立派な 建物に建て替わったとき、なぜかがっかりした。 あのコンクリートの粗末で趣きの薄いものを、 長い年月大切に守ってきた...
思 案 な り 試 し 試 し の 糸 と ん ぼ... とんぼの停止飛行は、見ていて飽きない。 鳥のように、目標に向かって一直線というのではなく、目標があるのかないのか、とりあえず飛んでみた格好で、えさを取るでなく、警戒しているふうでもなく、わたしには世間を見ているとしか見えない。 川のそば、小さな橋の欄干と、川に沿った道の上を、結構な群れで、高さはそう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です