寂 し さ は い や 増 す 世 間 う ら ら け し

さびしさは いやますせけん うららけし

世の中は桜の開花をきっかけに、いちどきに動き出した感です。

お出かけ、旅行、装い、旅立ち、結婚、新年度などなど。

どれもこれも関係なしのワタシは相変わらずの生活です。

別にうらやましくもなんともないのですが、いろいろと浮かれている人を見ると、活動的だなと思います。

雨が降るとおちつきます。

むかしからです。

体調も良くなります。

この句も読まれています。

花 疲 れ は し ゃ ぎ し 分 は 返 さ れ て... はなづかれ はしゃぎしぶんは かえされて 花見疲れのことです。 花見に出向き、人混みにもまれ歩き回ると、思いのほかクタクタになります。 昼間の気温は上昇気味、午後からは冷えたりと不安定な気候でもあり、どことなくほこりっぽいなかを歩きます。 よって我が家に帰り着いたころにはすっかりくたびれてし...
人 力 の 奈 落 の 軋 む 村 芝 居 じんりきの ならくのきしむ むらしばい 片田舎の芝居小屋とは失礼か。 芝居場。 古い舞台には、年季の入った奈落が、立派に稼働しています。 ただし、人力で、大人の男が三人がかりで動かすそうです。 木で出来たローラーを要に、ぎしぎしと重い音を立てて動きます。 村芝居だったものが、最近は観光客で、ほぼ満...
それなりに 姿勢正して 石蕗(つわ)の花... この寒空に、石蕗の黄色だけで、元気になる。 よく見ると、一本一本はすっくと立ち、枝分かれして きっぱりと黄色の花が咲いている。 目立たないけど、なぜか目立つ、そんな花です。...
夜桜に 片恋の昔 預けおり 同じ桜も夜みれば、ちがう。思う心も別物。過ぎ去った、ふとした一場面を思い出し、そのときの心持ちをまざまざと想 いだす。いいことばかりではないけど、過ぎ去ってみれば、それもこれもそうするしかなかった自分がいる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください