寂 し さ は い や 増 す 世 間 う ら ら け し

さびしさは いやますせけん うららけし

世の中は桜の開花をきっかけに、いちどきに動き出した感です。

お出かけ、旅行、装い、旅立ち、結婚、新年度などなど。

どれもこれも関係なしのワタシは相変わらずの生活です。

別にうらやましくもなんともないのですが、いろいろと浮かれている人を見ると、活動的だなと思います。

雨が降るとおちつきます。

むかしからです。

体調も良くなります。

この句も読まれています。

と も す れ ば もう 終 わ ろ う か 虎 落 笛... ともすれば もうおわろうか もがりぶえ 虎落笛がニンゲンのように思えてしょうがありません。 どうしようもなく人恋しくて、木戸を叩いて回るうち、自分がほんとうにひとりであることを、孤独の本質のようなものを、知ってしまって愕然としたのではないかと思うのです。 寂しさが限界を超えたと実感する瞬間です...
吊 り 橋 の 真 ん 中 怖 し 山 の 藤 つりばしの まんなかこわし やまのふじ 気軽に渡り始めた山の吊り橋。 だんだん進むにつれて、揺れは激しくなり、こんなに長かったかと驚き、少し後悔したりしました。 戻るのはいくらなんでもみっともないし。 山藤は蔓性で、龍のような古木もあります。 ほかの木に巻きついて、その木を枯らしてしまうこ...
紫 は 都 忘 れ の 矜 持 な り むらさきは みやこわすれの きょうじなり もともと都忘れはむらさきであったはず。 品種改良で、最近はピンクや白っぽいものも出回っているようですが、都忘れは、紫でなければその高貴ないわれを説明できないのです。 むらさき、それもできれば深い紫であってほしいものです。...
いのこずち 投げて届けよ 我が想い... いのこずちは、触ったり投げたりすると、衣服にぴたっと付いて、離れません。 セーターなど毛糸ならなおさらです。 自分の想う人にあんなふうにぴたっと、伝えられたらどんなに楽だろうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください