妖 し か り 狐 百 匹 奥 稲 荷

あやしかり きつねひゃっぴき おくいなり

太宰府天満宮で、吟行の会があり、天満宮を訪れたのですが、もう何十回も行ってるはずなのに、知らないところがいっぱいあって、とても驚きました。
右手に遊園地を見下ろす高台には、稲荷神社があります。
狛犬ではなく、キツネが左右に陣取って、一匹は何か巻物を咥えています。
二匹とも頭に藁で出来たハチマキを細くしたような飾り物を被り、鎮座ましましています。
赤い鳥居は、随分な数並んでおり、間を狭めて建てられています。
パワースポットと聞いたので、さらにその脇の細い道を奥へ進むと祠があり、中には、小さなキツネが眼光鋭く、容赦しない顔つきで、大量に座ったままいるのです。
こんな場所があったなんて。
連れてきてもらわなかったら、おそらく一生知らなかったと思います。
ほんとにパワースポットなのか、何か乗り移ったのではと思うほど気味が悪くもありました。
知らない人が多いことは間違いないと思います。

この句も読まれています。

千 年 の 銀 杏 青 空  舞 ひ 落 ち ず せんねんの いちょうあおぞら まいおちず 樹齢千年は超えると言われる大イチョウ。 高さも大きさも迫力です。 黄色になった葉は、ストンと落ちるわけではなく、あの高さからくるくると舞いながら、風に吹かれながら、時間をかけて落ちてきます。 空が青いから、まさに小鳥のようです。...
秋 耕 や 急 く( せく) こ と も な し 鍬 (くわ) 優 し... 稲刈りが終わったあと、秋に種を蒔き、冬から早春にかけて収穫する野菜を作るため、畑を耕しているのだろう。 日暮れの早い秋の農作業ではあるが、無事稲刈りを終えた感があって、鍬で掘ったり、畦を作る手元は、心なしか緩くやさしい。 賑やかなこともなく、これから迎える冬の準備だろう。 天候に大きく左右される仕事...
秋寂びて 心トグロを 巻く日あり 社内研修があり、そのリーダーに言われた。 「あんた、人に感謝したことなかろう」 研修とは、人を育てるために行うものだろう。 なんでこんなことを言われるのか、それもわたしだけ。 (総勢四人とそのリーダー) 「なんでこんな仕事しようと」 (福祉関係) 黙って聞いていた。それしかない。 言葉はひたひたと、...
梅 雨 湿 り 足 踏 み ミ シ ン の ベ ル ト に も... つゆしめり あしぶみみしんの べるとにも あしぶみのミシン、直線縫いなら、これで充分です。 友人が新しいミシンを買ったから捨てるのどうしようというので、貰い受けました。 丹念に油をささなければならないくらいで、特に面倒なことはありません。 この梅雨で、どうも調子がおかしいのは、ベルトが伸びてるのが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください