妖 し か り 狐 百 匹 奥 稲 荷

あやしかり きつねひゃっぴき おくいなり

太宰府天満宮で、吟行の会があり、天満宮を訪れたのですが、もう何十回も行ってるはずなのに、知らないところがいっぱいあって、とても驚きました。
右手に遊園地を見下ろす高台には、稲荷神社があります。
狛犬ではなく、キツネが左右に陣取って、一匹は何か巻物を咥えています。
二匹とも頭に藁で出来たハチマキを細くしたような飾り物を被り、鎮座ましましています。
赤い鳥居は、随分な数並んでおり、間を狭めて建てられています。
パワースポットと聞いたので、さらにその脇の細い道を奥へ進むと祠があり、中には、小さなキツネが眼光鋭く、容赦しない顔つきで、大量に座ったままいるのです。
こんな場所があったなんて。
連れてきてもらわなかったら、おそらく一生知らなかったと思います。
ほんとにパワースポットなのか、何か乗り移ったのではと思うほど気味が悪くもありました。
知らない人が多いことは間違いないと思います。

この句も読まれています。

うそ寒し 人のえにしは 猫の目の 一番危ういもの、一番あてにできないものは、人間の関係です。 同性でもそう、男と女に至っては、もうはかないものです。 でも人生にはそれを理解しない、はかなさを信じない、時期があるものです。 理解しても、やっぱり踊らされ、落ち込み、わかっていてもどうにもできない時期もあります。 まだ懲りないのか、あきれ...
も み ぢ の 手 生 命 線 や も う 強 く... もみじのて せいめいせんや もうつよく 生まれて間もない赤子の、それこそモミジのような可愛らしい手。 小さいながら、手相はしっかりあって、運命が決まっているような、この子も多少の差はありながらも、苦労を背負うのかと、ふっと思ったりもしました。 明るく強く、思いやりのあるステキな人に育ってほしい...
誑 か す 暇 つ ぶ し な り 雪 女 郎 たぶらかす ひまつぶしなり ゆきじょろう 雪の深い地域ではなくとも、雪女はいると思います。 もうりょうと呼ばれる、人間に悪さをする類いの生霊です。 妖怪です。 つまり人間ではないのです。 抜けるように色白の美人です。 虜になる、憐れなオトコが、きっとこの冬の間にも何人もいるのでしょう。...
た だ い ま と 雛 と 仏 に 声 を か け... ただいまと ひなとほとけに こえをかけ 天気の悪い日が続くと、雛納めはちゅうちょします。 一応湿気どめは入れるものの、来年までの一年間、カビなど生えませんよう、カラッと乾いた日に片付けたいからです。 仏も、どこにいるやらわからないけれど、取り敢えずご挨拶。 春の一日の締めくくりです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください