天 守 閣 甲 胄 の 音 花 を 愛 で

てんしゅかく かっちゅうのおと はなをめで

天守閣が作られたころ、あちこちに戦いののろしが上がり、刀や槍、鉄砲を構えた武者たちが闊歩したことでしょう。

長いときが流れ、城は観光名所となり、また春のこの季節には、天守閣からのさくらがみごとだと引きも切らずに押し寄せます。
丸や三角の穴が開いていて、此処から敵を撃ったとか、石や熱湯を流したなどとガイドの説明付きです。
甲冑をまとったサムライも夜桜など見物しているかもしれない。

この句も読まれています。

稲光(いなびかり) きりえ版画に入れ鋏(はさみ)... まっすぐに、空を切り取る勢いの稲光、切り絵にはさみを入れたように、スパッとしている。昔読んだ、「はなさき山」の絵を思い出す。直線はキリッと直線、まるいところは、丸く丸く。...
柿色の プリンセスラインの ワンピース... 柿色、オレンジの濃い色の生地を買った。単純なストンとしたワンピースを縫おうと思う。私は昔から、服のセンスがなくて、流行の重ね着というものができない。ふだんは、シャツとスカートかパンツ、レギンスなどというものをはきこなすことなど、とてもとても。だから今回もワンピース。何にも考えなくていいから。丈は長め...
み な 違 う 方 に 忙 し 師 走 か な 師走 / sunatomohisa なんだろう。慌ただしい。いろいろの手続きや、お礼事や、書かなきゃいけない便りや、なんだかんだ、できれば今年中に済ませておきたいことが重なって、てんやわんや。まわりも皆忙しそうだけれど、理由はそれぞれ、都合もそれぞれ。とにかく正月から些事に振り回されないよう、それぞ...
捨 て 舟 の 底 か ら 覗 く ね こ じ ゃ ら し... すてぶねの そこからのぞく ねこじゃらし 雑草と呼ばれる草の中にもかわいらしいものはたくさんあります。 春さきに星くずのような青い小さな花をいっぱいつけるイヌフグリ、夏に見かけるカヤツリグサ、秋のはじめのころのネコジャラシ、そして青いススキなどなど。 いずれも水は雨だけが頼りで、たくましく、あ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください