天 守 閣 甲 胄 の 音 花 を 愛 で

てんしゅかく かっちゅうのおと はなをめで

天守閣が作られたころ、あちこちに戦いののろしが上がり、刀や槍、鉄砲を構えた武者たちが闊歩したことでしょう。

長いときが流れ、城は観光名所となり、また春のこの季節には、天守閣からのさくらがみごとだと引きも切らずに押し寄せます。
丸や三角の穴が開いていて、此処から敵を撃ったとか、石や熱湯を流したなどとガイドの説明付きです。
甲冑をまとったサムライも夜桜など見物しているかもしれない。

この句も読まれています。

伴 奏 の 入 る ハ モ 二 カ 春 高 楼 ハーモニカ / azuki_leaf 伴奏を入れて、ハーモニカを吹ける人を尊敬する。 みんな、何処で習ったわけでもなく出来るらしい。 「荒城の月」春高楼の夜半の月、今頃かな。...
蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり... せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。 人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、 あるのです。 人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。...
選 ば ざ る 道 鬼 灯 が 思 ひ だ す えらばざる みちほうずきが おもいだす いつもは完ぺきに忘れているけれど、お盆が近づいて、赤いホウズキを見たり、 すっかり見なくなったジュズやカラスウリに偶然出逢ったり、 今年最初のススキが赤い色の穂を出したのを見たりすると、 選ばなかった道を思うことがあります。 どっちが正解だったかなん...
キ ャ ッ チ ャ ー の 空 振 り 涙 目 年 の 玉... UFOキャッチャー、これがなかなか難しい。 スーパーのゲームコーナーは、貰ったばかりのお年玉を握りしめて挑戦する子どもらで溢れている。 コツというものもあるのだろうけれど、どの子もうまくいかない様子。 中には、係のお姉さんに泣きつくちゃっかり坊主まで出現し大賑わいである。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください