大 楠 の 叔 気 に 押 さ れ 佇 め り

おおくすの しゅくきにおされ たたずめり

淑気とは、瑞祥(ずいしょう)呼ばれ、新年のあらたまった空気、凛とした雰囲気のことを言うそうです。
寒さの中、付き合いで詣でたのですが、神前の大樹は荘厳ともいえる雰囲気で思わず深呼吸しました。

この句も読まれています。

春 雷 の ご と 閃 い た 飽 き ら れ た... しゅんらいの ごとひらめいた あきられた ずいぶんとむかしのこと。 好きな人がいました。 好かれていると信じていました。 というより、信じきっていました。 このまま幸せが続くと思い込むあたり、やはり若かったのでしょう。 何かおかしい。 距離を感じる。 それでもまだ、こっちを向いていると自信をもっ...
鈴 の ご と 鳴 く ば バ ッ タ も 振 り 向 か る... すずのごと なくばばったも ふりむかる 人間のことですが、心の美しい人になれと、言われて育った世代です。 見かけが美しければ、心は自然と付いてくる、心だけ求めてもそれは酷というものだと、ずいぶん時間が経ってから学習しました。 鈴虫の如く上品で、か弱くあれば、人は手を差し伸べずにはおれない。 感謝の...
思 案 し て 試 し 試 し の 糸 と ん ぼ... イトトンボ 糸蜻蛉 Zygoptera. #Damselfly #macro #olloclip / norio_nomura 少し行っては立ち止まり、考え考え 飛ぶ秋の風物詩。もう少しで夏が終 わること実感する。今年は盆を過ぎ て、毎日雨が降る。...
烏 賊 干 し や す っ 飛 ぶ ほ ど に ぶ ん 回 し... いかほすや すっとぶほどに ぶんまわし 呼子の海岸通り。 スルメは、イヤというほど引っ張られ、洗濯物のようにサオに通され、あれはあれで、スゴく気の毒だけれど、 一夜干しの方は、 昔はやったタコ足と呼ばれた、プラスチック物干しのようなものに、一枚一枚固定され、電気仕掛けの装置で、ものすごい勢いで、遠...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください