大 楠 の 叔 気 に 押 さ れ 佇 め り

おおくすの しゅくきにおされ たたずめり

淑気とは、瑞祥(ずいしょう)呼ばれ、新年のあらたまった空気、凛とした雰囲気のことを言うそうです。
寒さの中、付き合いで詣でたのですが、神前の大樹は荘厳ともいえる雰囲気で思わず深呼吸しました。

この句も読まれています。

秋 高 し 蔵 窓 開 く る 棕 櫚 箒 あきたかし くらまどあくる しゅろぼうき 蔵に窓があることも忘れているほど、開いているのを見たことがありません。 その窓が、この秋の清々しい空気を入れるためか、開いているのを始めて見ました。...
げんげ道 精一杯の 春を吸う 昔、れんげ畑は子供の格好の遊び場だった。 寝転がったり、首輪を作ったり、花束にしたり、 あのころの私にとっては、ただひとつの息抜き場だったかもしれない。 帰れば、掃除、ご飯の用意、果てしない勉強、なんにもならないのに、 下校の途中のれんげ畑は、私の命の息抜きだった。 どこまでも続く、あの世まで続くは...
狐 火 や 骸 は 土 に 馴 染 み し か きつねびや むくろはつちに なじみしか 山野や墓地に青白い炎がちらつく現象を、狐が口から吐く火だと古代の人間は見ていたと聞きます。 原因は、人骨や獣骨のリンが微光を放つものと辞書にはあります。 実際にキツネは冬に活動が活発にになります。 それに、稲荷信仰が重なったと考えられています。 今と...
首 な し の 地 蔵 の 泪 花 の 雨 くびなしの じぞうのなみだ はなのあめ 宝珠山岩屋には、多くの仏像が各所にあったそうです。 信心深い土地柄だったと聞きますが、廃仏毀釈の広がりで、仏像の多くは谷底に投げ捨てられたりしたそうです。 村民によって、拾い上げられた153体の石像には、ほとんど首がなかったため、首のない地蔵が祀られています...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください