大 楠 の 叔 気 に 押 さ れ 佇 め り

おおくすの しゅくきにおされ たたずめり

淑気とは、瑞祥(ずいしょう)呼ばれ、新年のあらたまった空気、凛とした雰囲気のことを言うそうです。
寒さの中、付き合いで詣でたのですが、神前の大樹は荘厳ともいえる雰囲気で思わず深呼吸しました。

この句も読まれています。

有明の 鯛のあら煮と 秋の月 有明の海でとれたという鯛のあら炊きをつまみに一杯。朝夕はもうすっかり秋。秋の風、秋の月。
「大阪池田小大量殺人事件」の宅間守 【訂正】... 先日、佐木隆三著 「大阪池田小大量殺人事件」の読後感めいたものを書いたけれど、あまりに著者に引きずられた感が否めず、なんか自分の中で引っかかっていましたので、しばらく自分なりに考えて、訂正すべきは訂正したいと思ったわけです。 宅間自身の言葉 「素質、運、環境だけでは片付けようのない、故意に邪魔する...
落葉松の 道落葉松は 手をつなぎ ... 落葉松は大木です。 かなり落葉のすすんだころ、落葉松の道を歩きました。 すっくと伸びて、そろって続くさまは、それが朝日を浴びていようと、夕日に映えていようと、 雄大です。 上を見上げると、落葉松は横に枝を伸ばし、隣の落葉松と、枝の先と先が繋がっていたのです。 地面に立てば、遠くの木なのに、手をつなぐ...
時 雨 る や 家 中 大 根 煮 る 匂 ひ 明け方から冷たい雨。 長いこと天気のいい日が続いたから、庭木は喜んでいるだろう。 わたしは、雨になると、掃除をしたくなる。 最近は、洋服の端切れを引っ張り出して、見よう見まねで小物を作ったりしているから、生地を置いている棚が何とは無しに乱れがち。 着物を解いた生地、洋服の生地、勿体なくて捨てられない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です