夕 立 ち の 男 に 呑 み 屋 傘 を 貸 し

ゆうだちの をとこにのみや かさをかし

突然の雨。

駅から飛び出し、黒いカバンを傘がわりにアタマに乗せて、家路へ急ぐサラリーマン。

ママはさすが。

「この傘どうぞ。お使いになって!」

借りた傘は返さないといけない。

いつもの通勤の道すがらに店はあるのです。

ただ返すというわけにはいきません。

ビールの一杯くらい、最低でも。

一度顔見知りになれば、こっちのもの。

「あら、今お帰り?」なんてね。

この句も読まれています。

狛 犬 の 口 玉 若 葉 の 半 日 陰 こまいぬの くちだまわかばの はんひかげ 二匹で対の狛犬の一匹には、口の中に玉があります。 石工は、犬の口を彫りながら、中の玉をくり抜くため、かなりの技能を求められると聞きました。 それからは、どこに行っても、そればかり気になります。 青葉若葉が日一日と育つこのごろ、小さく漏れるような青空がちらち...
透 析 は 仕 事 と 言 ふ て 濃 紫 陽 花... とうせきは しごとというて こあじさい 一回三〜四時間、週三回の透析は、素人が考えても負担の大きいことです。 病院の指導の通り行なっていても、体調の思わしくない日は多く、水分に制限があり、果物は食べられないと聞きます。 「仕事と思うことにしている」と気丈に語ったあの人も、ずいぶん頑張ったけれど...
水草も がまの穂もみな 時雨おり 時雨の雨は冷たい。 雨が顔にくっついて離れなくて冷たい。 まんべんなく、まんべんなくここもそこも雨が降る。 沼の水草も、真ん中の中洲に生えたがまの穂にも、いつまでもいつまでも 降りつづける。...
日記書く 底冷えのする 冬の夜は わたしは毎日ではないのですが、日記を書きます。 三年日記です。とてもうれしいことがあった日や(一年に一遍もないけど) 苦しい日には書けませんが、何日かたって少し元気になったかなという日には 書くようにしています。 人間って不思議なもので、三年前のことなんて、すべてと言っていいくらい きれいに忘れてい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください