夕 暮 れ を 遅 ら せ た る か 山 桜

ゆうぐれを おくらせたるか やまざくら

ヤマザクラ。

むかしから日本に自生する野生のサクラです。

一般に広がっているソメイヨシノは、花だけ房咲きですが、ヤマザクラは、花と同時に若葉も萌え出ます。

この若葉が、緑色からえんじ色まで、さまざまな色合いをしているので、遠くからながめると、まるでニシキを織りなしたように見えます。

人工的に植えられたサクラとはまたちがう良さがあります。

この句も読まれています。

夏 を 吐 く 夕 餉 の 気 配 蚊 遣 り 豚... 夏の夕方、蚊取り線香を焚く。今にも降り出しそうな気配はあるが、梅雨の空はなんとか持ちこたえている。簾を立て掛けているから、部屋は薄暗い。そろそろご飯が炊き上がる。...
櫨 も み ぢ 顔 も 小 川 も 赤 く 染 め... はぜもみじ かおもおがわも あかくそめ ハゼとはロウソクの原料になるらしい。 ハゼに負ける人はけっこう多くて、顔から首まで真っ赤に染まり、痛みや痒みもあるといいます。 久留米市に、柳坂曽根のハゼ並木があります。 細い細い用水路というか、小川のような水の流れがあるのが、大きな魅力だと、勝手に思...
梵 鐘 の 余 韻 何 処 ま で 秋 の 暮 空気が澄んでるように感じるのは、気温と湿度のせいだと思う。 PM2・5だって、変わりなく漂っているようだし。 ただ、つかれた鐘の音が、いつまでも響き渡って、動作を止めて聴き入ってしまう。 この辺りは、小さな氏神様が人知れず幾つもあって、梵鐘を抱えるほどの寺社も幾つか。 歴史はあるが、商売とはあまり縁...
道 な り に と は 難 し き 秋 の 風 みちなりに とはむずかしき あきのかぜ地元の人には当たり前のことが、よそ者には大いに迷うことしばしばあります。「道なり」と言われても、同じ道幅の道が現れたり、「まっすぐ」と言われても、これがまっすぐ?という状態に遭遇したり。朝晩は、ほんの少し涼しくなって、セミはツクツクボウシに代わり、ススキの穂もそ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください