夕立や 木々が喜ぶ 息をつく

水をやる人のない、街路樹や植えっぱなしの木々が、喜ぶのがわかるのです。
ああ、これでしばらくは生き延びるだろうと、ホッとしているのです。

この句も読まれています。

湖の 淵の淵には 秋明の菊 花というものは、だーっと植えてあると、あまり美しさは感じないものです。 チューリップ畑、コスモス畑、とくにコスモスなんて、一面のコスモス畑は人の背丈より高く、 奥に入り込んでしまえば、行方不明になるのではないかと思うくらいです。 それよりも畑の隅とか、道路際に、「あらこんなとこに」ってふうに咲いてい...
落ち葉掃き 万色の蔦(つた) 散り敷いて... 色とりどりの刺繍のように色づいて、 掃くはしはら、もう散っている。 道に散るもよし、水に落ちるものよし。...
新築の マンション春の 空取られ 少し離れた、道路を挟んだところに、新しいマンションができた。 今まで部屋から見えていた、空が、5分の4くらいに 減った。駐車場になるはずだったのに。 布団に寝ると、右も左もマンションになった。 隣のばあちゃんのとこに、救急車が来たとき、 マンションのベランダにびっしり人が出てきて、 花火大会のときと...
沙 羅 の 花 無 か り し 縁 と 諦 め よ... しゃらのはな なかりしえんと あきらめよ 縁あって知り合ったと勘違いもはなはだしい恋愛は、この世に星の数ほどあるものです。 ほとんどは間違っている。 あきらめることの辛さを知ることも、その後の人生には必要で、想いを深くするものです。 今は辛いけれど、淡々と粛々と為すべきことを行うことしか、処方は...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください