地下鉄も 頭出しては 梅雨の雨

地下鉄がときどき地上に顔を出すところがある。景色が見えるとほっとする。暗いトンネルの中で、窓に映った自分の顔ばかり見ていては気がめいる。顔を出せば、普通の電車。雨にも打たれ、風も受ける。

この句も読まれています。

千 年 の 銀 杏 青 空  舞 ひ 落 ち ず せんねんの いちょうあおぞら まいおちず 樹齢千年は超えると言われる大イチョウ。 高さも大きさも迫力です。 黄色になった葉は、ストンと落ちるわけではなく、あの高さからくるくると舞いながら、風に吹かれながら、時間をかけて落ちてきます。 空が青いから、まさに小鳥のようです。...
窓を開け 宵寒に 冷え冷えて 燈を灯す... 春まだ、朝夕は寒い、こんなとき、家中の窓を開け放すのです。 冷たい空気がすーっと入ってきて、きのうの空気のよどみがすっきりなくなります。 わたしは、カーテンをくるっと止めるのが好きです。 開けたーって気がします。 あたしの部屋は、狭いのに、窓4つ、ドア2つ 家具の置き場がなくて、困ります。...
忘 れ た き は 片 っ 端 か ら 喰 へ 蝗... わすれたきは かたっぱしから くえいなご 世の中は、人生は思うように行かない。 ふっと気がつくと、山すそにキリが降りるように、小さな不安が際限もなく広がってしまっていたり、同窓会では、私のせいではないことでそしりを受けたり、それが今ごろ耳に入ったり、もう面倒くさいことばかり。 だったら誰とも付...
朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください