回 送 の 来 て 力 増 し 初 時 雨

かいそうの きてちからまし はつしぐれ

ホームで電車を待つ。

時雨の降るときは凍えます。

やっと来たかと思えば、回送車。

がっかりもしたけれど、通り過ぎたときの風の強さ。

ただでさえ寒いのに。

この句も読まれています。

海 風 を 顔 で 受 け た り 野 水 仙 この寒空なれど、水仙の季節である。 昔ながらの日本水仙が他のどの種類より魅力的である。 地味な花ながら、香りは強く、清々しい春の香りがする。 陽当たりさえよければ、たいして肥料など遣らずとも、つまり道端でも咲く。 川風も海風もものともしない。 画像提供:Twin / ai3310X...
鬱(うつ)として 坊さんの本買う 夏来たる... わたしの職場では、一番経験が浅いのはわたし。一番年上もわたし。したがって、理不尽な思いをすることがとても多い。逆らえないから我慢する。そんな言い方があるかと思うことも度々。なんか自分をおさめるために、本を買ってしまった。小池って坊さんが書いた「しない生活」。ベストセラーだけあって、なかなかいいこ...
金網の 塀の隙間に 狐の剃刀 狐の剃刀は、ごく普通のきれいな花だけど、一流の生け花ではない。 そんじょそこらで、子どものままごとに使われるような雰囲気の庶民的な花です。 金網から顔を出したり、子どもに引っこ抜かれたりしそうなかわいい花です。...
灯のともる までの見守り 蛍袋 ホタルブクロ / suneko 日が長い。夕餉のときが来たのか。ぽつぽつと家々に灯がともる。みんなお帰り。蛍袋はいつもうつむいて、その膨らんだ体いっぱいやさしさが詰まっているような気がする。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です