回 送 の 来 て 力 増 し 初 時 雨

かいそうの きてちからまし はつしぐれ

ホームで電車を待つ。

時雨の降るときは凍えます。

やっと来たかと思えば、回送車。

がっかりもしたけれど、通り過ぎたときの風の強さ。

ただでさえ寒いのに。

この句も読まれています。

踏み固む 近道急ぐ 秋の暮れ 道ではないところに、みんなが通るから道が出来てしまっている場所がある。長い街路樹の隙間、芝を張った広場のななめ道、いつもはそんな道は通らないんだけど、日の落ちるのが早い秋の夕暮れは急ぎ足になって、そんな近道をしてしまう。別に急ぐこともないのに。大好きな季節の、好きな時間なのに、なんで急いでしまうんだ...
せ せ ら ぎ や 紅 葉 一 葉 の 疾 く 流 れ... せせらぎや もみじひとはの とくながれ ただの小さな小川だと思っていました。 岸辺のカエデがひらりと落ちたと思うと、もう先に先に流れて、それで流れの速さを知りました。...
弁 当 を 運 ぶ 自 転 車 青 田 風 田植えの田圃に弁当を運ぶのだろうか。弁当らしい包みをしっかとロープで括り付け、青田の風の吹き渡る中、自転車が行く。...
独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒... ウドにも、ツクシにも、アクがある。 ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。 どうせたくさんは要らない。 季節を感じて、一献。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください