回 送 の 来 て 力 増 し 初 時 雨

かいそうの きてちからまし はつしぐれ

ホームで電車を待つ。

時雨の降るときは凍えます。

やっと来たかと思えば、回送車。

がっかりもしたけれど、通り過ぎたときの風の強さ。

ただでさえ寒いのに。

この句も読まれています。

春 の 月 遠 い 昔 の 恋 仇 ( こいがたき )... 満月- Fullmoon / emrank あれだけきんきんぷんぷん、穏やかでいられなかったものが、年月が過ぎれば、なんでもない。 なつかしささえ感じる。まず第一に、奪い合うほどのオトコか。 そんないい男は存在するのか。 わたしは知らない。 あんな時代もあった。...
ペ ン 先 の カ ル テ ち ら と 見 秋 の 雲... ぺんさきの かるてちらとみ あきのくも 少し前まで、手書きだったと思うのです。 パソコンになって、年寄りは大丈夫? ろくに顔も見ないで、病気の、わたしの何がわかるのかとの不満をあちこちで聞きました。 経験から、じーっと見つめなくても、医師は体調や抱えている問題の大きさを測ることはできるのでしょうが...
ナビはもう 当てにならぬと 石蕗(つわ)の花... なんで、ここまで来て、見離す。 目的地に到達なんぞしてないだろうが。 ここのどこだ。 時間がない。汗が噴き出す。 覚えておれ、ナビ。 ありがとう石蕗の花。...
か き 氷 こ め か み 痛 む 頃 小 豆 子どもの頃は、かき氷が上等のおやつだった。 「 氷 」と書いた暖簾をくぐり、席に座り、どれにするか自分で決めるのだけれど、そこはどうしても連れて来てくれた人の財布の具合によるところが大きくて、ただオレンジや赤や緑色のシロップをかけたものになることが多い。 それぞれに蜜柑、桃、メロンと付いているけれど...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください