回 送 の 来 て 力 増 し 初 時 雨

かいそうの きてちからまし はつしぐれ

ホームで電車を待つ。

時雨の降るときは凍えます。

やっと来たかと思えば、回送車。

がっかりもしたけれど、通り過ぎたときの風の強さ。

ただでさえ寒いのに。

この句も読まれています。

ネ ル 解 く( ほどく ) 小 さ な 埃 ( ほこり ) 風 信 子 ( ヒヤシンス )... ひと昔前まで、「ネル」という布地はしごく一般的で、大人も子どもも冬のパジャマ (当時は寝巻きと言っていた) には必ずと言っていいほど、この布が使われていました。 少し厚みがあって、肌馴染みがよく、着ればそれだけで暖かい気がしたものです。 何故か今では珍しい物になってしまって、洋裁のクラスでは、「ネル...
サ ー カ ス の 獣 の 泪 冬 の 月 サーカスの けもののなみだ ふゆのつき なんの因果か運の悪さか。 群れをなしているというのに、一頭だけ、暑いサバンナで捕らえられ、この冬の日本の見世物小屋に連れてこられたライオンが飼育員を噛んだと。 水のきらいなネコ科の動物を洗わなければ、客の前に出せないほどの劣悪な環境のもと、ムチを振るわれ、命...
一 面 の 蓮 の 浮 葉 や 空 と 風 いちめんの はすのうきはや そらとかぜ 池というか沼の半分ほどを蓮の葉が占めています。 これから夏に向かって、もっと広がっていくと想像します。 小さかった葉が、驚くほど大きく生長し、お互いに付かず離れず。 激しい雨も、臆することなく、葉の表面全体で受け、つまり水の上にぺったりと浮き、自分と平行に広...
点 滴 を 引 き 連 れ 一 歩 浅 き 春 近ごろの病院は、いつまでも寝かせない。 腰の痛みで入院した友だちを見舞ったのだけれど、手術のあとすぐに「歩きなさい」と言われたらしく、大きなバケツみたいな点滴のぶら下がった棒をずりずり転がしながら、玄関の外まで送ってくれた。 まだまだ寒いけれど、樹にはまちがいなく若い小さな芽が出ている。 春が確実に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください