喉 元 を 過 ぐ れ ば 亀 の 鳴 き まくり

のどもとを すぎればかめの なきまくり

あ〜しまった。やめとけばよかったと反省しきり。

しばらく元気のなかったアイツ。

被害が思ったほどではなく、修復可能と知ったやいなや反省はどこへやら。

ふんぞり返って、だからどうしたそれがなんだって顔つきがシャクに触ります。

さっきまで、壁に投げつけられたカエルみたいに凹んでたくせに。

この句も読まれています。

気 が か り は 春 愁 と 言 ふ ひ と く く り... 小さな心配は、水を含んだ海綿のように膨らむ。 何が変わったわけでもないけれど、このだるさはなに? そろそろ花粉症・・・?...
それなりに 姿勢正して 石蕗(つわ)の花... この寒空に、石蕗の黄色だけで、元気になる。 よく見ると、一本一本はすっくと立ち、枝分かれして きっぱりと黄色の花が咲いている。 目立たないけど、なぜか目立つ、そんな花です。...
山 峡 に 合 歓 ( ねむ ) の 大 樹 は 夢 を み る... 人に見られなくともいい。 褒められなくともいい。 ひとりで、こつこつと夢を続けたい。 人付き合いが、ひどく面倒に思える日もある。...
放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です