喉 元 を 過 ぐ れ ば 亀 の 鳴 き まくり

のどもとを すぎればかめの なきまくり

あ〜しまった。やめとけばよかったと反省しきり。

しばらく元気のなかったアイツ。

被害が思ったほどではなく、修復可能と知ったやいなや反省はどこへやら。

ふんぞり返って、だからどうしたそれがなんだって顔つきがシャクに触ります。

さっきまで、壁に投げつけられたカエルみたいに凹んでたくせに。

この句も読まれています。

背 を 灼 か れ 顔 を 灼 か れ て 土 砂 の 跡... せをやかれ かおをやかれて どしゃのあと 昨年の北部九州の土砂災害では、地元の社会福祉協議会がバスを出すというので、一日お手伝いに行きました。 被害の大きさもさることながら、自分の体力の無さにがくぜんとしたものです。 畳を剥ぎ、床板を剥がしたその下には、驚くほどの粘土が固まったような土砂。 ...
灯のともる までの見守り 蛍袋 ホタルブクロ / suneko 日が長い。夕餉のときが来たのか。ぽつぽつと家々に灯がともる。みんなお帰り。蛍袋はいつもうつむいて、その膨らんだ体いっぱいやさしさが詰まっているような気がする。...
小菊挿し 無縁墓(むえんぼ)秋を 堪能(たんのう)す... 霊園の片隅に二つ、⚪️⚪️市無縁墓と書いてある。 誰が供えたか、石の花入れに入りきれないほどの 黄色の小菊。右と左に。 通る人の心を癒す。 墓は生きている人のものだと実感する。...
遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり 遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。 胸騒ぎのような音がします。 日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください