問うてから 答えに間のあり 春の月

春の月、ぼんやりとおぼろ。
何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。
それはそれで、じゅうぶん魅力的です。
わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。
そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。
おっとりした印象の人間になりたいのですが、なんせ、せっかちで、雰囲気がないので、
あっさりとか、さっぱりとかよく言われて、その都度へこみます。
穏やかで、上品で、誠実で、やさしいと、一度言われたいです。
あきらめてはいません。
頑張ります。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

葉に残る 塩気を愛でる 桜餅 桜餅の、塩漬けの桜の葉が大好きです。 あれがないと、見かけも、味もそっけないものになってしまうでしょう。 その大事な葉を食べない人がいる。 信じられないことです。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
草 の 実 や ゼ ン リ ン 地 図 は と う に 消 ゆ... くさのみや ぜんりんちずは とうにきゆ ゼンリンの地図が、辞書より大事だった時代があります。 これがないと、初めて行く家が見つからない。継ぎ合せ継ぎ合せして苦労したものです。 値段は結構したと思います。 袋とじで売られていました。 まさか不要になるとは、想像もしませんでした。 時代は飛躍...
幸 せ は 海 鼠 腸 の 瓶 詰 め 込 ま れ... しあわせは このわたのびん つめこまれ コノワタとは、ナマコの腸のシオカラのこと。 古い書物にも、「コノワタ」の珍味のゆえんが記されているとか。 寒中に作ったものが良いとされ、いまも酒好きには、とくに珍重されています。 わたしには、はじめての経験でしたが、だいたいもとからシオカラのたぐいは好...
秋 夕 焼 け 鐘 撞 堂 を 影 絵 と し あきゆやけ かねつきどうを かげえとし 寺の鐘つき堂は、少し小高いところに作ってあります。 朝相当早くに、なんとも荘厳な音が聞こえてきます。 秋の夕焼けがうろこ雲を巻き込んで西の空に大きく広がると、鐘つき堂は、影絵のように黒く浮かびます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください