問うてから 答えに間のあり 春の月

春の月、ぼんやりとおぼろ。
何か聞いて、しばらくして、返事のある、ぽやんとした人を連想する。
それはそれで、じゅうぶん魅力的です。
わたしは、ゆったりと、でもしっかりと考えてから答える、上品で誠実な人がすきです。
そうなりたいと、努力もしてはおりますが、道半ばというより、はるかです。
おっとりした印象の人間になりたいのですが、なんせ、せっかちで、雰囲気がないので、
あっさりとか、さっぱりとかよく言われて、その都度へこみます。
穏やかで、上品で、誠実で、やさしいと、一度言われたいです。
あきらめてはいません。
頑張ります。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

寒 鮒 は 甘 露 煮 に せ よ 水 落 と す... かんぶなは かんろににせよ みずおとす 水郷柳川の掘割は、水に勢いがないせいで、堀の底に堆積物が溜まりやすいこともあり、きれいな堀の維持のため、一年に一度、水を完全に抜いて、市民総出で掃除をします。 びっくりするのは、寒ブナと呼ばれるフナでしょう。 時間をかけて、コトコト煮て、甘辛く炊き上げま...
秋 祭 り 道 真 公 の 御 座 す 処 あきまつり みちざねこうの おわすとこ 平安の昔、権力闘争に敗れたというより、政敵に謀られ、太宰府に左遷させられた菅原道真が、晩年の2年あまりを過ごしたと言われる榎社では、毎年9月、天満宮から榎社まで御神輿が御神幸されます。 道真公はこの地で、長男を亡くし、餓死しない程度の生活費が支給されるのみで...
今年米(ことしごめ) 押しいただいて 背筋伸び... やはり新米というのはすごいと思う。 わたしのような、ひねくれ者が言うのも可笑しいが、 作った人の手間を思う。心意気を思う。 今年の夏の暑さを思う。 ありがたいと思う。...
薔薇が咲く 凍る冬日の 朝までも 冬に咲く薔薇がある。 こんなに寒いときでも決められたように花が咲く。 寒い冬の朝、薔薇は凍りついたように見える。 きっちりと咲く。 濃い臙脂色。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください