和を説いて 己はじかれ 露寒し

人に優しくをモットーに生きてきたつもり。いじめられている後輩を助けたりもしたつもり。
何がどうまちがったのだろう。いまじゃ自分がいじめのターゲット。地軸がぐらぐら揺れたかと思うと、なぜかいやせの
渦の中。人には辛抱しろなんて、言ったこともあったかな。あたしはだめだ。根性がない。辞めることにする。といって
すぐには辞められもせず、後始末がすむまで、薬を飲みながら、やっとこさ通う始末。なんてこった。

この句も読まれています。

蚊遣り火の バランスとりの 難しく... 昔ながらのブタの蚊取り線香立てを使っているが、もうそろそろやめようかと思う。完全な新品は簡単に引っかかるが、使い残しを引っ掛けるのは至難の技。それに、うまくいったとしても、燃え進めばぼとりと落ちる。こぼれそうになって危ない。昔の人は、何でこんな変なぶら下げを思いついたのかと言うより、こんなものしか思...
蝉時雨 昨日の続きの 今日を行く なんか、休んだのか、休めたのか。 もうあしたになった。 蝉時雨がじゃんじゃんいう中、 夢遊病みたいに、今日も働きに行く。...
明 る か り 見 ず と も 知 れ し 雪 催 い... あかるかり みずともしれし ゆきもよい 雪が降る朝は、冷え込みももちろんですが、静寂がちがう気がします。 何が変わったわけでもないのに、雪の持つ独特の空気は、寝ていてもわかるものです。 雨戸のわずかなすき間から、光のような白が目に入ります。 めずらしく天気予報が当たったようです。...
「 累犯障害者 」 ( 5 ) ... 「重度障害者重視」の弊害 福祉施設は、触法障害者との関わりを敬遠する。 行政が定めた基準からすれば、食事介助や入浴介助の必要な人ほど、多くの予算が割り当てられる。 日常的に問題行動を起こしても、それで給付金が加算されることはない。 実際は、寝たきりに近い重度の障害者より、刃物やライターを持ったりする...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください