和を説いて 己はじかれ 露寒し

人に優しくをモットーに生きてきたつもり。いじめられている後輩を助けたりもしたつもり。
何がどうまちがったのだろう。いまじゃ自分がいじめのターゲット。地軸がぐらぐら揺れたかと思うと、なぜかいやせの
渦の中。人には辛抱しろなんて、言ったこともあったかな。あたしはだめだ。根性がない。辞めることにする。といって
すぐには辞められもせず、後始末がすむまで、薬を飲みながら、やっとこさ通う始末。なんてこった。

この句も読まれています。

ぶらんこの 鎖解いて(ほどいて) 春浅し... ぶらんこの鎖は、昔のまんま。 ときどきへんにつり上がって、戻すのに苦労する。 両手で、引っ張ったり、回したり。 手は冷たくなって、錆臭い。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
スケッチの 菖蒲はなぜか 池に寝る... ていねいに描いても、寝たようになる。
シャバシャバと 雨の降る芽の 勢いて... よく雨が降る。春の前触れか。木も草も勢いを増すだろう。この雨で。じっくり土に染み込んで、ちょっとの干ばつくらいで負けないように。...
引 き 込 み 線 花 で 塞 ぎ し 無 人 駅... ひきこみせん はなでふさぎし むじんえき 日田彦山線。 以前から単線だったと聞きますが、ホームの反対側にも線路があります。 電車がすれ違うために設けられた線路だと思われます。 二時間に一本の現在では、もう必要のない引き込み線なのでしょう。 満開の桜が、ここで終わりと、立ち塞がっています。 川あり、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です