吾 亦 紅 見 取 図 に 付 け 母 の 部 屋

われもこう みとりずにつけ ははのへや

ぜんぜん交流のないママ母がいます。

もともと小さな家の見取図の、台所の横に6畳ほどの部屋を、その気もないくせにたわむれに付けてみたり。

ふつうの家族ならこうするのかななどと思いつつ。

親子というのは、果てしなく厄介であります。

ホンモノでもいろいろあるようです。われもこう

この句も読まれています。

冬 薔 薇 紅 蓮 の な に か 知 り て お り... ふゆそうび ぐれんのなにか しりており 紅蓮地獄 (ぐれんじごく) 仏教。 八寒地獄の七番目。 ここに堕ちた者は、寒さのために皮膚が破れて血が流れ、紅色のハスの花のようになると言われます。 紅蓮の焔に身を焼かる。 いったいどんな罪を犯した者がこんな目に遭うのか。 何度死んでも、すぐに生...
川 筋 の 気 質 神 輿 は 川 を 突 く かわすじの きしつみこしは かわをつく 福岡県田川市、JR伊田駅近く「風治八幡宮」の川渡り神幸祭。 かつて石炭産業を支えた筑豊にあり、450年の伝統があると聞きます。 11基の山笠が彦山川を目指し、鮮やかな幟を立てた山笠が、揺れに揺れ揺らしに揺らして、かね太鼓を轟かせ、川に入り、水しぶきを掛け...
笹緑(ささみどり) 粽(ちまき)は白き 端午(たんご)の日... 20080505153909_E-330 / iskws 端午の節句に食べる。元気に育てと願いを込めて作るのだろう。ちまきを食べる習慣が今あるだろうか。笹の葉だと思うのだけれど、記憶がはっきりしない。緑の葉で白い餅のようなものを巻き込んで、蒸したものだと思う。甘くもなく特に味はしなかったように覚えて...
雁渡る 英文タイプの リボン買う 英文タイプライター捨てずに持っている。 あの頃検定というものがあって、ぜんぜんだめだった。 スタートの声と同時にタブキーを押したら、 一番端までがーっと行ってしまって、「あっ」と言ったら、 それがでかい声で、自分で吹き出して笑いが止まらなくなってしまって、 おそらく最下位で落ちた。 とおい日のはなし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください