吾 亦 紅 見 取 図 に 付 け 母 の 部 屋

われもこう みとりずにつけ ははのへや

ぜんぜん交流のないママ母がいます。

もともと小さな家の見取図の、台所の横に6畳ほどの部屋を、その気もないくせにたわむれに付けてみたり。

ふつうの家族ならこうするのかななどと思いつつ。

親子というのは、果てしなく厄介であります。

ホンモノでもいろいろあるようです。われもこう

この句も読まれています。

殺したいやつができた わたしは、人前で恥をかかされるのが、許せない。 ちょっと気を許すことがあっても、そんなに自分を責める気もない。 自分の中に収めず、人前で、あたしの恥をさらしたあの男を許さない。 医者のくせに*このままじゃすませない。といっても、なすすべもないが。 なんとか嫌な思いくらいさせられないものか。 くそった...
来 世 に は 寂 し さ 知 ら ず 青 葉 木 菟... らいせには さびしさしらず あおばずく 犬もそうみたいだけれど、人間の大きな弱点は、寂しさを感じるところだと思います。 世間の第一線でバリバリ仕事をしてきた人、家族を思い、そのために人生の多くを費やしてきた人、子どもや孫に恵まれて幸せな人が、年をとってきたら、どちらも「寂しい」と言うのには驚きまし...
蚊遣香 雨の雫の 来ぬ先へ 縁側まで雨が烈しい。 雨のかからぬぎりぎりのところに、蚊取線香を置く。 金鳥がいい。
貝 寄 せ の 浜 に 秋 風 桜 貝 かいよせの はまにあきかぜ さくらがい 津屋崎に、貝寄せの浜と呼ばれる、砂の海岸があります。 なんの加減か、潮の流れか、貝殻がよく波に寄せられるといいます。 もう海風は、すっかり秋で、羽織るものがないと、寒いです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です