合 格 は 島 を 出 づ こ と 初 鰹

ごうかくは しまをいづこと はつがつお

島には高校がひとつあります。

仕事をするにも、段々畑と漁業しかない島に残る子はいません。

進学するにせよ、就職するにせよとにかく夢と希望の量はそれぞれながら、みんな出て行きます。

カツオは初夏です。

カツオの初物を初ガツオと言います。

もてはやされた江戸時代、カツオが採れたのは鎌倉沖だったそうです。

夜とれたカツオを、早舟や早馬で江戸へ運び、朝のうちに売りさばいたといいます。

当時の食べ方は、刺身にしてカラシ醤油。

土佐風のタタキが広まるのは、土佐藩士が活躍した明治維新以降のことだそうです。

この句も読まれています。

摩 崖 仏 滴 り の 消 す 削 の 痕 まがいぶつ したたりのけす のみのあと いつの頃に彫られたものでしょうか。 長い長い気の遠くなるような遠いむかしのことでしょうか。 岩にのみを当て削って造られた仏さまであるから、山から時間をかけて浸み出したり、滴り落ちる山の水は遮りようもなく、またそれも仏の恵みと解釈されたかもしれません。 年月は...
滝 滑 り (すべり) 目 鼻 と っ 散 ら か っ て 夏 の 子 ら... Waterfall / 留春の滝(りゅうしゅんのたき) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 大きな岩の上を滝が滑り落ちる。 つるっつるだから、夏になると 人が滑って遊ぶ。大人も子供も。 ゆるやかとはいえ、結構な傾斜。 滑るには勇気がいる。頑張れ、 子ども。ここは思い切りが大事。 「アー!...
寒菊は 小さな玉の 寄り添いて 咲いている花、いまから咲こうとしてる花、つぼみがひとつの枝にいっぱいです。 小さいことはいいことだなと思います。...
色 恋 は 持 ち 込 む 勿 れ 大 花 野 いろこいは もちこむなかれ おおはなの 自然がくれた大花野。 咲き誇る花々を、清い心で鑑賞しようではありませんか。 不倫など、するものではありません。 ひがみに聞こえたかもしれません。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.