合 格 は 島 を 出 づ こ と 初 鰹

ごうかくは しまをいづこと はつがつお

島には高校がひとつあります。

仕事をするにも、段々畑と漁業しかない島に残る子はいません。

進学するにせよ、就職するにせよとにかく夢と希望の量はそれぞれながら、みんな出て行きます。

カツオは初夏です。

カツオの初物を初ガツオと言います。

もてはやされた江戸時代、カツオが採れたのは鎌倉沖だったそうです。

夜とれたカツオを、早舟や早馬で江戸へ運び、朝のうちに売りさばいたといいます。

当時の食べ方は、刺身にしてカラシ醤油。

土佐風のタタキが広まるのは、土佐藩士が活躍した明治維新以降のことだそうです。

この句も読まれています。

新米を とぎとぎ思う 人の裏 まず新米、私が食べているのはスーパーのしんまい。おそらく透明感溢れる米粒のはずなのに、なぜか白い米粒が多い。まあ、それはいいとして、人は米を研ぐとき、あまりいいことは考えないものらしい。映画「あくにん」では、妻夫木演じる孫が犯人として追い詰められる場面で、祖母のキキキリンが、米を研ぐシーンがある。た...
大宰府の 泥田の中の 花菖蒲 よくまああんなきたない沼みたいな池に、毎年咲くこと
一 筆 箋 余 白 埋 ま ら ず な め く じ り... いっぴつせん よはくうまらず なめくじり 贈り物に、ちょっとひとこと付け加えようと、便箋でも絵葉書でもなく、一筆箋を選びました。 下半分に紫陽花とカタツムリの絵が書いてあって、書き込むところが少ないのが気に入ったからです。 筆が行き詰まってしまって、どうにもならない。 明日にしよう。...
普 請 声 少 し 険 し く 秋 の 暮 Building under construction ビル建設中 / urawa 秋の日は釣瓶落とし。ふとした間に、あっという間に陽が落ちる。大工仕事も陽のあるうち。気のせいか、三時をまわった頃から気合が入る。今日の仕事は今日のうち。気合を入れられる方は、大変だと思う。なんにしても、働くのはたいへ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください