合 格 は 島 を 出 づ こ と 初 鰹

ごうかくは しまをいづこと はつがつお

島には高校がひとつあります。

仕事をするにも、段々畑と漁業しかない島に残る子はいません。

進学するにせよ、就職するにせよとにかく夢と希望の量はそれぞれながら、みんな出て行きます。

カツオは初夏です。

カツオの初物を初ガツオと言います。

もてはやされた江戸時代、カツオが採れたのは鎌倉沖だったそうです。

夜とれたカツオを、早舟や早馬で江戸へ運び、朝のうちに売りさばいたといいます。

当時の食べ方は、刺身にしてカラシ醤油。

土佐風のタタキが広まるのは、土佐藩士が活躍した明治維新以降のことだそうです。

この句も読まれています。

木の芽和え 料理の講釈 長きこと... 出てきたお料理に、説明をしていただくのは、ありがたいのですが、まあ長々と。 熱いものは、冷めてしまう。 料理の次は、店に来た有名人の自慢話。 終わらない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
裏 門 司 の 隘 路 (あいろ) 漏 れ な く そ ぞ ろ 寒... 門司港の駅から海に向かう表の顔は、もう何度も訪れた。 新しい橋、新しいレストラン、お土産屋がひしめき合って、観光客も多い。 放ったらかしにされた裏側こそが、門司港の歴史をそのまま残しているのではないかと思うほど、表は変わってしまった。 レトロな駅舎が残っているから、もうそれだけで絵になるのだろう。 ...
花 見 客 心 霊 ス ポ ッ ト 溢 れ た り... はなみきゃく しんれいすぽっと あふれたり おどろおどろしい伝説もあり、心霊スポット。 通用するのは、地元とその周辺だけ。 外国人はもとより、よそ者はあずかり知らぬこと。 よって花見の客でごった返しとなりました。...
煤 逃 げ や 親 父 の 苦 闘 思 ひ 出 し... すすにげや おやじのくとう おもいだし 昔の年の瀬は、確かに今とはちがっていました。 家中で大掃除をし、おせちを作り、それは紅白歌合戦の始まりにも及び、やっと座ったかと思えば、年越しそば。 行く年来る年を見るか見ないうちに、初詣でに出発です。 年が改まることが、厳粛で、全てのものを新しくし、荘厳な...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください