合 格 は 島 を 出 づ こ と 初 鰹

ごうかくは しまをいづこと はつがつお

島には高校がひとつあります。

仕事をするにも、段々畑と漁業しかない島に残る子はいません。

進学するにせよ、就職するにせよとにかく夢と希望の量はそれぞれながら、みんな出て行きます。

カツオは初夏です。

カツオの初物を初ガツオと言います。

もてはやされた江戸時代、カツオが採れたのは鎌倉沖だったそうです。

夜とれたカツオを、早舟や早馬で江戸へ運び、朝のうちに売りさばいたといいます。

当時の食べ方は、刺身にしてカラシ醤油。

土佐風のタタキが広まるのは、土佐藩士が活躍した明治維新以降のことだそうです。

この句も読まれています。

葉桜の 日々たくましく 雄々しかり 花の終わった桜の変貌はすばらしい。 花蕊の付いた薄紅いとき、若葉のとき、そして五月に入り薄緑から深い緑に、柔らかい若葉は 硬い葉に成長する。もう誰も見向きもしないし、一面に雑草が生い茂るが、ものともしない。...
木枯らしに まだホトトギスの 芽を探す... ホトトギスは秋の花。深い赤紫の思いを秘めた不思議な花です。もうとっくに終わったはずなのに、ようく探したら、草むらにまだ少し咲いていた。折りとってガラスの瓶に入れた。あくせくしているうちに、大切な秋が逝ってしまった。柿の落ち葉も、黄色の銀杏の降るときも、あっという間に過ぎ去って、私のなかでは、これから...
秋寒や あいつも 凍れ 凍りつけ 実らないどころか、忘れられた人間。 霜の降りるほど寒い朝には、こんなことをおもってしまうのです。 だからだめなのに…...
どこかにか 金木犀の あるらしく 香りのする木が好きです。 特に金木犀は、秋の高い空に良く似合います。 道を歩いていると、ふっと匂ってくる、幸せを感じる一瞬です。 ちいさなオレンジの花も、かわいいです。 以前あんまりいい香りに誘われて、金木犀を一枝、車に持ち込んだことがあります。 あふれるような秋を感じながらのドライブ、でもそのあと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください