卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ

うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ

卯浪。
五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。

人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。
有名なのはユダ。
キリストを裏切って密告します。
キリストはそれをすでに察知しており、
貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。
その他の兆候としては、身体に触る、やけに明るいなどなど。
わたしの経験としては、目が泳ぐ。

この句も読まれています。

蹲(つくばい)の 水 の 冷 た や 晩 夏 光... 神社にあるつくばいになみなみと水が溢れており、思わず指先をつけてみるのだけれど、その冷たさに驚かされる。 まだ、昼間は結構な日差しで、ぜったい半袖なのだけれど、秋が来たのだと。 わたしは11月生まれで、そのせいのような気もしたりするのだけれど、一年のうち、秋が一番好き。 最近の暑さで、もともと苦手だ...
冬萌えや バサリと雪の 被さりて 地面の下では、着々と春の芽吹きの支度。 よく見ると、あちこちに、春が息をしている。 でもまだまだ寒さは、雪はこれから本番。 ようやく顔を出した、芽吹きにも容赦なくのしかかる。 それでも春は来る。 もう少しの辛抱。 iPhoneからの投稿...
蟇 穴 を 出 や や こ し き は 後 回 し... ひきあなを でややこしきは あとまわし ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマを持つ大型のカエルです。 見かけによらず、眼の後ろや皮膚やあのイボにも毒を持つそうです。 体温を外気温と同じにして、仮死状態で冬眠する両生類です。 その冬眠中のヒキガエルが、春になって土の中から出てきます。 もともと動きが鈍...
夕立や 木々が喜ぶ 息をつく 水をやる人のない、街路樹や植えっぱなしの木々が、喜ぶのがわかるのです。 ああ、これでしばらくは生き延びるだろうと、ホッとしているのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください