卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ

うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ

卯浪。
五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。

人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。
有名なのはユダ。
キリストを裏切って密告します。
キリストはそれをすでに察知しており、
貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。
その他の兆候としては、身体に触る、やけに明るいなどなど。
わたしの経験としては、目が泳ぐ。

この句も読まれています。

陶 工 の 郷 見 下 ろ し て 墓 地 の 余 花... とうこうの さとみおろして ぼちのよか 余花、夏になってなお咲き残るサクラ。 大川内山 (おおかわちやま) 佐賀県。 秘窯の里と言われています。 高麗人をはじめ、江戸時代の陶工たち880基の無縁墓標を集めた供養塔があります。 これら無名の陶工たちによって、すぐれた作品が今に伝わります。 秀吉の...
空き家(いえ)に 風通しおり 夏果てぬ... 老人ホームに移った人の家に、風を通した。 秋の風だった。
蜃気楼 捨てられし子の 親の影 子供は親を探すものです。いつもいつも。そして大人が思うよりずっと賢い。なんでもわかって いるのです。だから大人が聞かれて困ることは聞かないのです。胸の奥の涙の壷に一滴、ま た一滴と涙のしずくを落とすのです。大人は誰も気づかない。...
奈良漬けの 浅きを求め 酒開き 奈良漬けは、つけて間もない浅いものがいい。 アルコールの匂いがぷんと鼻を突くくらい浅いものがいい。 塩分も少ない。まだウリの香りがする。 それがなかなかない。 むかしは、城島町にはあったのだが、 立派な奈良漬けはあっても、わたし好みのものは 探す術がない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください