卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ

うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ

卯浪。
五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。

人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。
有名なのはユダ。
キリストを裏切って密告します。
キリストはそれをすでに察知しており、
貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。
その他の兆候としては、身体に触る、やけに明るいなどなど。
わたしの経験としては、目が泳ぐ。

この句も読まれています。

発 つ と き は 少 し 乱 れ て 稲 雀 sparrow chattering / torisan3500 来るときは、ざっと来る。立ち去るときも一斉なんだけど、ちらと遅れるのがいる。まるまると太っているように見える。もうすぐ今年も終わる。...
い っ せ い に 帰 り 支 度 や 初 盆 会... いっせいに かえりじたくや はつぼんえ 初盆だからと、親類縁者が集まります。 半分義務かもしれません。 ともかくも、亡くなってから日も経つので、あれこれと賑やかです。 結構な年齢で、亡くなったのだから、年に不足はないだろうと、なんとなく雰囲気で感じます。 僧侶の読経が終わり、食事が済むと、当然のこ...
第55回 全国俳句大会 主催 俳人協会... 入選 春 愁 や 追 伸 長 き 手 紙 来 て 三村純也先生 選
山 笑 ふ 八 合 目 ま で バ ス の 来 し... やまわらう はちごうめまで ばすのこし 山というものはふもとから登るものです。 ましてや児童の遠足なら、足腰を鍛えるイミもあります。 修験者が修行をしたと伝えられる険しいことで名高かった山も、観光客を増やすためか、ずいぶんと上の方まで、バスが離合できるほどの大きな道が通され、遠くから見ても、山...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です