卯 浪 立 つ 饒 舌 こ そ は 怪 し け れ

うなみたつ じょうぜつこそは あやしけれ

卯浪。
五月ごろには天候が不安定なことが多く、その頃に立つ波。

人は、誰かを裏切ったとき、よく喋ります。
有名なのはユダ。
キリストを裏切って密告します。
キリストはそれをすでに察知しており、
貴方は何故そんなに喋るのかと尋ねます。
その他の兆候としては、身体に触る、やけに明るいなどなど。
わたしの経験としては、目が泳ぐ。

この句も読まれています。

こうなれば 麦酒は薬と 思うべし 私の職場は私をいれて三人。ふたりは私に話しかけない。参ってることがわかると、よけいに攻撃してくるから、一応アタマはあげておかなければならない。週に二日の解禁日は、もう治療の代わり、ビールは薬、生きて行くのはたいへん。...
二十世紀 鳥取の秋の 香りして 鳥取のJAが出荷した二十世紀梨を買った。九州の梨は、大きくて、褐色で、それはそれで美味しいんだけど、私は、二十世紀のあの小ぶりで、締まった味が好き。薄緑色に秋が詰まっているように感じる。...
引 き 揚 げ の 桟 橋 は 此 処 冬 ざ れ し... ひきあげの さんばしはここ ふゆざれし 命からがら満州、朝鮮より引き揚げた人々は、九州では博多、佐世保、そして門司港に。 もうその跡地は遺されることもなく、むしろきれいさっぱり拭い取られたように。 門司港は、「門司港レトロ」として、駅舎以外はおもちゃ箱のように、土産物屋、レストラン、高層マンシ...
お と な し く 流 灯 に 乗 り 黄 泉 へ な ど... おとなしく りゅうとうにのり よみへなど あの人懐っこいいたずら好きが、しきたりにのっとって黄泉の世界へ帰るとは思えないのです。 もうちょっともうちょっとと、未練がましく長逗留してるんじゃないかなどと思うのです。 逢いたい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください