剣 山 に 薇 あ り て 無 人 駅

けんざんに ぜんまいありて むじんえき

ゼンマイはシダ科の植物で、春の山菜です。かっ色の毛におおわれた、ウズ巻きのようなおかしな顔です。

駅は無人駅なのに、掃除がされ水が打たれ、どなたか存じませんが、あたまが下がります。

ゼンマイが生け花に使われていて、つぼみの菜の花と小さな花器にちんまりとまとめられ、それでも春らんまんを感じさせるものでした。

この句も読まれています。

終 戦 日 な お サ イレ ン の 泣 き 悼 む... しゅうせんび なおさいれんの なきいたむ70年を超える歳月が経って。信じられないほどの犠牲者を出し、町を生活を焼き尽くして終わった。1分間のサイレンは、まだ泣いている。...
若 き 日 の 至 り と 言 ふ て 花 樗 わかきひの 至りというて はなおうち 先日、父の三十三回忌の法事がありました。 いつもは、お呼びもかからないわたしが、これで最後ということで、声をかけて頂きました。 職場不倫の末、母親は出て行き、新しい24歳のキレイなお姉さんが「新しいおかあさん」になりました。 わたしが5歳、妹が3歳の頃です。 ...
山笑う 大方の(おおかたの)ことは やり過ごし... いろいろある。 ある本で、読んだこたですが、頭の中に、 シチューなどの煮込み料理をする煮込み鍋をセットしておくことが大事。 解決のつかないこと、時間を要すること、 急いで結論を出さない方が、きっとうまくいくと思われることなどを その鍋に放り込んでおくと、いつの間にか、 いくべきところに行く、導かれる...
五月雨の 牡丹の花の 露重く yようやく咲き始めた牡丹、薄桃色の花に五月の雨が重い。茎がたわんで見るからに重そう。 でも多分まだ蕾だから、またよみがえるはず。雨は滋養になるはず。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください