剣 山 に 薇 あ り て 無 人 駅

けんざんに ぜんまいありて むじんえき

ゼンマイはシダ科の植物で、春の山菜です。かっ色の毛におおわれた、ウズ巻きのようなおかしな顔です。

駅は無人駅なのに、掃除がされ水が打たれ、どなたか存じませんが、あたまが下がります。

ゼンマイが生け花に使われていて、つぼみの菜の花と小さな花器にちんまりとまとめられ、それでも春らんまんを感じさせるものでした。

この句も読まれています。

月凍り 何も思わず 居れと言う 夕方からずんずん冷え込み、小さく凍りついた月がくっきりと夜道を照らす。働くということは、何かと屈辱的な場面に出会うもの。こだわるべきか、流すほうがいいのか、基準は自分が楽なのはどっちかということ。どこまで我慢するのか。今度同じことが起きたらどうするのか。考えたらきりがないし、体にも悪い。とりあえず今...
免 れ ぬ 水 禍 に 馳 せ る 桃 並 ぶ まぬかれぬ すいかにはせる ももならぶ たいへんな災害が続いたこの夏。 果物の産地は何処も、摘果を前にさんざんなことになりました。 わずかに災いを免れた桃やブドウが店先に並びます。 まだまだ立ち直れない故郷に想いを馳せながら。...
妬 み そ ね み 未 練 も 抱 へ 雪 女 郎... ねたみそねみ みれんもかかえ ゆきじょろう 雪女は妖怪であろうと思います。 それにしてもなんと人間的なのでしょう。 豪雪の中、命を助けたオトコを愛してしまった、妖怪とは思えぬ、いかにも人間的な、決定的あやまち。 わざわざ訪れ、美貌で釣り夫婦になり子どもまで成す。 妖怪が人間のこころを持って...
今日こそは 職を決めたり 太眉毛 眉毛が細いから、老けて見えるのだと思う。無いと怖く見える。ちょっと太く描くことにした。人生変えたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください