剣 山 に 薇 あ り て 無 人 駅

けんざんに ぜんまいありて むじんえき

ゼンマイはシダ科の植物で、春の山菜です。かっ色の毛におおわれた、ウズ巻きのようなおかしな顔です。

駅は無人駅なのに、掃除がされ水が打たれ、どなたか存じませんが、あたまが下がります。

ゼンマイが生け花に使われていて、つぼみの菜の花と小さな花器にちんまりとまとめられ、それでも春らんまんを感じさせるものでした。

この句も読まれています。

雲 垂 れ て 枇 把 の 黄 空 に 色 を 投 げ... 梅雨の長雨、いつやむともなく一日中降り続く。 黒い雲は、限界まで下に低く降りてきて、何処までが日常の空間か、 何処から雲か区別がつかない。 枇杷は熟れて、あのオレンジがかったビワ色が、暗い空に色を投げかけている。 雨はしょうしょうと降り続く。...
福子の 職場 いじめられ日記(1) わたしの職場は三人、女ばかり。 ボスと、二番目と、三番目の私。 ボスは自転車通勤。事務所の前 に自転車を停めている。二番目 は、ボスより先に帰ることはな い。理由は、ボスが自転車の鍵 を差し込むとき、真っ暗だった ら困るから、それまでは事務所 の電気を付けておかなければな らないから。それでなくても...
新 入 り は 酌 も 知 ら ぬ と 冷 や し 酒... 新入りは しゃくもしらぬと ひやしざけ 新人は、まずあいさつをしながら酌をして回るものだと、定年越えの再雇用組。 あなた方の若い頃はそうだったのでしょう。 今はもう、そういう面倒くさいことはしなくてもいいのよ。 社員旅行だって、女子社員の評判が悪くて、取りやめるとこ多いでしょう。...
むつごろう 採るな騙すな(だますな) 眼(まなこ)見よ... 有明海の干潟に棲息するむつごろう。 愛嬌のある風貌と泥まみれの干潟で 跳ね回る動きの面白さ。柳川の鮮魚 店で売っているのを見た。食べては いけない。あの眼を見てごらん。と ても食べられるものではないでしょ う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です