初 西 瓜 赤 子 抱 くご と 運 び お り

はつすいか あかごだくごと はこびおり

今年初めての西瓜。

植木産。

落としたら終わり。

生まれたての子どもを抱くように、用心して持ち帰ります。

この句も読まれています。

風薫る トンネルの先 おいし茶屋 太宰府天満宮の裏、麻生太吉が江崎イシのために掘ったと言い伝えられるレンガのトンネルを通る。新緑の樹々は生い茂り、ほんの短いトンネルの先は明るい。 トンネルの中は冷んやりとして、出るとそこには幟や看板があるでもなし。 茶屋が一軒。観光客はここに辿り着く前に参道で、梅ヶ枝餅を買うことがほとんどなのだけど...
冬 芒 下 ろ し の 風 に 傾 き て ふゆすすき おろしのかぜに かたぶきて ここまで、ススキ一色とは。 細い川を挟んで、両岸の広い広い土地は、まったく手付かず。 ススキに覆われ、高い山から吹き下ろす風は強く、毎日毎日、朝から晩まで吹いているものだから、大きく反対方向に傾いています。 白い穂が斜めに斜めにかしいで、風の強さを知ら...
さ ば 読 み て 干 支 は 迂 闊 に 山 笑 ふ... さばよみて えとはうかつに やまわらう 年齢を聞かれて、ふたつみっつサバをよんだのでしょう。 干支を聞かれて、ウッと詰まってしまいました。 そこまでは考えてなかったか。 そこつ者。 正直に言えばよかったものを。...
再 婚 の 親 見 る 子 の 目 鳥 曇 り さいこんの おやみるこのめ とりぐもり 「とりぐもり」 ガンやカモなど、秋から冬を日本で過ごした渡り鳥が、北に帰る頃の曇りがちな空のことです。 春の季語となっています。 人間は動物です。 哺乳類も鳥類も、人の子どもに愛情を注ぐことは、基本的にムリです。 カッコーは托卵などと、他人の巣に自分のタマ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください