刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け

けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ

宇美刑務所。
塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。
殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。
暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。
見るからに寂しい風景です。

この句も読まれています。

陽 炎 の 人 影 ど こ ま で も 白 く かげろうの ひとかげどこ までもしろく 急に真夏日になりました。 暑さを避けてか、道路はいつもより混雑しています。 アスファルトの、遠く遠くにゆらゆらとかげろうでしょうか。 人影らしきものも映るのですが、もやもやとどこまでもはっきりとはせず、近づけば遠くに、近づけば遠くに逃げてゆきます。 ...
長き夜は ひとりで七輪 バーベキュー... 窓のすぐ外に七輪を置いて、部屋の中から、ちょろっと頭を出して、ささやかな バーベキューです。 ウインナーとかしいたけとか並べて、ひとり酒盛り 幸せを感じるひとときです。...
初桜 この驚きの ままに居よ 咲いた。桜がとうとうというか、やっと というか咲いた。いっぱいの蕾のなかに ほんの二つ三つ。このままでいい。この ままがいい。いずれ満開、そしてはらは らと散りはてる。なんかそれまで落ち着 かない。このままがいい。...
沙 羅 の 花 浄 土 へ 繋 ぐ 道 す が ら... しゃらのはな じょうどへつなぐ みちすがら 沙羅。 寒さに弱く、日本での越冬は無理とのこと。 夏椿をその代用に見立てたのではないかと。 むかしから仏教と縁の深い花で、白い控えめな花は、心を洗われるよう。 夕方に咲き、朝にはしぼむ一日花。 平家物語の冒頭。 思い通りにはいかない人生の、最後を導い...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください