刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け

けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ

宇美刑務所。
塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。
殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。
暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。
見るからに寂しい風景です。

この句も読まれています。

鳳仙花(ほうせんか) 弾く(はじく)を待てず 道の端(はた)... あのはじけ方は、癖になる。 咲いてもそれほどぱっとしないけど、 鳳仙花は好きな花です。 中島みゆきの唄のせいかもしれない。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
蕗の薹(ふきのとう) 山の目覚めの 確かなる... 山は今、冬の眠りから覚めようとしている。 ふきのとうがその証拠。大地にへばりつく ようなその姿を見ることは喜びで、これは 滅多にないこと。宝探しのようなもの。な んかいいことあるかもしれない。...
風鈴の けたたましくて 隠居する 二階から下にすだれを下げた。その一番したの紐に、風鈴を結んだ。なんて風流なんだろう。梅雨の終わりの突風が容赦なく吹き付けて、沖縄生まれの吹きガラスの、深い海の色の、空気の玉が混ざったような美しい風鈴が、割れんばかりに、激しいメトロノーム振れまくりみたいに暴れて、近所迷惑だから、いちおう引き上げた。諦...
水 仙 に 海 風 あ ん ま り 痛 過 ぎ て... すいせんに うみかぜあんまり いたすぎて 海に向かう丘一面に水仙が広がっています。 風が強いので、そろって陸側にかしいでいますが、それでも容赦ない海風には閉口気味。 ふつうの風とちがって、潮風は、さらにキツそう。 この寒風をのりこえれば、おだやかな海と風があることを知っているので、頑張ってい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください