刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け

けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ

宇美刑務所。
塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。
殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。
暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。
見るからに寂しい風景です。

この句も読まれています。

落ち葉掃く 雨の後なら 集めよし 落ち葉を箒で掃くのは大変。 かさかさ浮いて、ちりとりにおさまらない。 あっちに飛び、こっちに飛び、とても力がいる。 雨上がりの湿った時のほうが集めやすいのに気がついたのは、ついこのごろ。...
長雨に 忘れたいこと のみ巡る 梅雨の長雨、雨の音を聞くために、窓を少し開けて寝る。大好きな季節なのに、もう忘れてしまった遠い昔の夢をみる。もういいのに。思い出せば、今でもやっぱり辛いのに。...
夏 怒 涛 秀 吉 の 夢 名 護 屋 城 なつどとう ひでよしのゆめ なごやじょう 1592年から6年にわたって、秀吉は朝鮮出兵を行ったとのこと。 理由はいろいろ、さまざま語り伝えられているようです。 戦さが無くなって武士の働き口がなくなったからだとか、秀吉が年老いてから授かった子が亡くなったからだとか。 また、スペインが侵攻してい...
大 試 験 心 意 気 な り 大 増 便 だいしけん こころいきなり だいぞうびん 大試験、おかしな言葉ですが、冬の季語です。 今で言うセンター試験や、それに続く二次試験のことでしょうか。 バスはもちろんのこと、JRまで、普通なら停まらない電車を、最寄りの駅に止めたり増発したり、人生の岐路に立つ受験生を応援しています。 「そんなことで、人...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください