刑 務 所 の 高 き 塀 な り 冬 日 受 け

けいむしょの たかきへいなり ふゆびうけ

宇美刑務所。
塀に沿って、銀杏並木でも植えたら良さそうだけれど、目的からそうもいかず。
殺伐とした側道に、落ち葉が乾いた音を立てて走ります。
暖かい冬の日差しが惜しげもなく、高い塀に降り注ぎます。
見るからに寂しい風景です。

この句も読まれています。

春 障 子 遠 目 近 目 に 針 の 穴 Koi-Chaya @ Sagano, Kyoto / Hyougushi 外の風は、まだまだ冷たいけれど、障子越しの光はもうすっかり春の訪れ。ユニクロで買った、白いカーディガン。このまま着ては、ユニクロの宣伝。ユニ隠しに、ボタンを変えることにした。むかし気に入っていた紫のカーディガン(なぜかカーデ...
あの頃の 古い鞄(かばん)に ハンカチフ... 随分と長く使わなかったバッグを開けて見れば、思わぬ物を発見する。 ずぼらなわたしには、よくあること。 古いハンカチ、レシート、飲み残しの薬、大事にしてて、なくしたと思っていたペン、 映画のチケットの半券などなど。...
夾竹桃(きょうちくとう)  一つ残して シャッター街... 街は錆び付いて、シャッター商店街が続く。 夾竹桃だけは昔のまま。 空気が読めないのか、厚かましいのか。 わたしは夾竹桃が嫌いです。 咲いてはいけない時にも、平気で咲いてる鈍感さが 許せないのです。 あの虐待三昧のまま母に、印象が似てるからです。...
ま ず 嚙 り 陽 を 浴 ぶ 金 柑 当 た り 年... まずかじり ひをあぶきんかん あたりどし 金柑は、秋の季語ですが、実際にはこの寒さのなか収穫します。 凍てつくような寒い日が続きますが、ときおりさす冬日を浴びて、塀の内側なれど、たくさんの実をつけます。 道の駅では、惜しげもなくパックに詰め込まれ安く売られています。 いかにもビタミンたっぷり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください