出 棺 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花 (はな) の 落 つ

凌霄花
凌霄花 / zamojojo

ノウゼンカズラの花は、大きくて
色鮮やかで勢いもあるが、散り際
の良さには驚かされる。子どもが
縄跳びをしても、その衝撃で散る
のではと思う。ましてや人を送る
霊柩車の、あの振り絞るような別
れの合図には、いたたまれずに散
るにちがいないと思うのです。

この句も読まれています。

色 溢 れ 惜 し み な く 降 り 紅 葉 渓... いろあふれ おしみなくふり もみじだに 窪地になった坂道を登ったり下りたり、上を見ながら歩いていると、紅葉の落ち葉が降るように落ちてきます。 赤だったり、黄色だったり、色様々で夢のようです。 すき間には高くて青い秋の空が見え、紅葉はいちだんと映えます。...
きりきりと 今宵は確かに 霜夜なり... 夜更け、寒さが違うと感じる日があります。 雪か霜か、外は何か降っている。 そんな朝は、白い息を吐きながら、雨戸を開けると、一面の霜、もう冬の真っ只中。...
障子貼る ひと枠だけを 張り替える... 障子が破れているのは、うら寂しい。 黄色に変色しているのも。 張り替える気力がない。 とりあえず敗れたとこだけ、張り替える。 色がちがって、おかしい。 敗れっぱなしよりましか。...
けいとうの 赤きとさかに 昔を思う... なんであんな奇妙な植物を、昔の人は大切にしたんだろう。どう見てもきれいじゃない。雄鶏の鬱陶しいとさか、そのまま。いまの鶏頭は、品種改良されたのか、上品な小型種ばかり。小学生の頃、近所の農家の軒先には、立派な鶏頭が勝ち誇ったように赤いとさかをさらしていた。その家に、同級生がいて、たまに遊びに行ったもの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください