冴 返 る 雑 音 多 し ム ン ク の 手

さえかえる ざつおんおおし むんくのて

じつはムンクは叫んではいなかったと近年言われています。

母親や姉を早くに亡くし、大きな不安を抱えた人生を表しているというのが、一般の見解とか。

耳をふさぐ、あの両手。

ムンクの不安には遠く及ばないものの、生きていく上で頼みもしない忠告やアドバイスの多いこと。

そのほとんどは見当違い。

一般人は、必ずと言っていいほど、さらに不幸な人を引き合いに出すものです。

人に説教など必要ないのです。

決めるのは本人でしかないのですから。

整理するために、言葉にしているような気がします。

居ればいい。

聴いてくれれば充分。

この句も読まれています。

寒の鯉 身じろぎもせず 今日を遣る(やる)... ただ今日をやり過ごすこと、それだけ。 大きな体、川べりの草むらにじっとしている。 風格さえ感じる。
霜 の 声 そ う あ の 時 が 分 水 嶺 しものこえ そうあのときが ぶんすいれい 日本列島は主に日本海と太平洋側にわかれています。 降った雨は、どちらかに分かれます。 その境目は必ずあります。 それらのすべてを分水嶺と言うのだそうです。 そのことにこと寄せて、物事の方向性が決まる分れ目の例えとして使われます。 そのさなかには、...
山 眠 る 今 年 鬼 籍 の 人 も 容 れ 20091207 Kiyosato 1 (yatsugatake) / BONGURI 長く紅葉にあふれていた山も、もうすっかり葉を落とし、常緑樹さえも微妙に色を変え、冬の態勢に入った感である。 見るからに静かにそして大きくなった山は、眠りについた。 今年亡くなったあまたの人びとの想いを包み込み、...
山茶花の 花少のうて ほっとする 垣根いっぱいの山茶花の花には参る。緑の木々の中にチラホラと花のあるのが美しいと思う。あの赤い花のてんこ盛りはあんまりきれいとは思わない。年によって当たり外れがあるようで、どうも今年は花の少ない年らしい。うわっと咲いてうんざりすることはないようだ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です