冴 返 る 雑 音 多 し ム ン ク の 手

さえかえる ざつおんおおし むんくのて

じつはムンクは叫んではいなかったと近年言われています。

母親や姉を早くに亡くし、大きな不安を抱えた人生を表しているというのが、一般の見解とか。

耳をふさぐ、あの両手。

ムンクの不安には遠く及ばないものの、生きていく上で頼みもしない忠告やアドバイスの多いこと。

そのほとんどは見当違い。

一般人は、必ずと言っていいほど、さらに不幸な人を引き合いに出すものです。

人に説教など必要ないのです。

決めるのは本人でしかないのですから。

整理するために、言葉にしているような気がします。

居ればいい。

聴いてくれれば充分。

この句も読まれています。

落葉松の 道落葉松は 手をつなぎ ... 落葉松は大木です。 かなり落葉のすすんだころ、落葉松の道を歩きました。 すっくと伸びて、そろって続くさまは、それが朝日を浴びていようと、夕日に映えていようと、 雄大です。 上を見上げると、落葉松は横に枝を伸ばし、隣の落葉松と、枝の先と先が繋がっていたのです。 地面に立てば、遠くの木なのに、手をつなぐ...
半 夏 生 紅 を 濃 く 引 き 家 を 出 る... はんげしょう べにをこくひき うちをでる ハンゲショウ。 七月の初めごろ。 この日は、天から毒が降るとのことで、野菜は食べず、竹の節に虫が出るので、以後タケノコを食べないとされてきたと。 まだ梅雨のさなかで、ときに大雨になると言い伝えがあるそうです。...
秋 茄 子 (あきなすび) 蔕 (へた) 大 き く て 三 頭 身... PhoTones Works #638 / PhoTones_TAKUMA 一回目の収穫は、順調であった。 みごととまでは、言えないけれ ど、まあまともであった。これ は二回目の収穫だから、もうけ もの。なんかあたまでっかちで、 お尻は曲がっているし、愛嬌は いいが、小さい。ただ形は悪く ても、色は...
木 守 柿 雲 の 流 る る う ち に 熟 れ... 来年もまたたくさん柿がなりますようにとの願いを込めて、柿は全部は収穫せず、一番高いところの二つ三つを残す。 秋の高い空、流れる雲、そして時雨。 そうこうしているうちに、いつの間にか忘れてしまい、いつの間にか消えてしまう。鳥がつついたのかもしれない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください