冴 返 る 雑 音 多 し ム ン ク の 手

さえかえる ざつおんおおし むんくのて

じつはムンクは叫んではいなかったと近年言われています。

母親や姉を早くに亡くし、大きな不安を抱えた人生を表しているというのが、一般の見解とか。

耳をふさぐ、あの両手。

ムンクの不安には遠く及ばないものの、生きていく上で頼みもしない忠告やアドバイスの多いこと。

そのほとんどは見当違い。

一般人は、必ずと言っていいほど、さらに不幸な人を引き合いに出すものです。

人に説教など必要ないのです。

決めるのは本人でしかないのですから。

整理するために、言葉にしているような気がします。

居ればいい。

聴いてくれれば充分。

この句も読まれています。

暖 を と る 缶 コ ー ヒ ー に 春 の 宵... 夕方になると、少し肌寒い。 田舎の駅のベンチで待ち合わせ。 春の夕暮れ、人を待つのも楽しい。
そ ぞ ろ 寒  河 童 気 骨 の 褌 ぞ そぞろさむ かっぱきこつの ふんどしぞ もともとおかしいのはわかっています。 河童は水陸両用の生き物ですから、洋服など着ません。 ですから、ふんどしも必要ないと考えられます。 ただ、柳川の川下りの行きがけの、最初に左折するあたりに、河童の石像が苔むしてあります。 たしかそれが、ふんどしを身...
藤 棚 の 下 人 混 み に ぽ つ ね ん と... ふじだなの もとひとごみに ぽつねんと 藤の名所はなぜか神社やお寺が多いようです。 あちこちが、藤の房の長さを競い、何処も人でごった返しています。 人混みにひとりでいるのも悪くはなく、もちろん寂しくもなく、若葉の風に吹かれる心地よさを満喫しました。 自生する山の藤以外の藤には、さして興味もなく、よ...
待っておれ 明日は我が身だ 戻り梅雨... 私の職場の新人は、私と口をきこうとしない。部の悪い人間と関わっては損をするとお思いか。まあいいわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください