冴 返 る 雑 音 多 し ム ン ク の 手

さえかえる ざつおんおおし むんくのて

じつはムンクは叫んではいなかったと近年言われています。

母親や姉を早くに亡くし、大きな不安を抱えた人生を表しているというのが、一般の見解とか。

耳をふさぐ、あの両手。

ムンクの不安には遠く及ばないものの、生きていく上で頼みもしない忠告やアドバイスの多いこと。

そのほとんどは見当違い。

一般人は、必ずと言っていいほど、さらに不幸な人を引き合いに出すものです。

人に説教など必要ないのです。

決めるのは本人でしかないのですから。

整理するために、言葉にしているような気がします。

居ればいい。

聴いてくれれば充分。

この句も読まれています。

庭石に 座る気もして 日永かな 一足飛びに日が暮れていた頃に比べると、なんかお得した気分です。 ちょっと縁側の石にすわって、ひとときを過ごしたりする余裕というか、 気持ちになるものです。...
装 甲 車 霾 ま み れ 泥 ま み れ そうこうしゃ つちふるまみれ どろまみれ 駐屯地があるせいで、自衛隊のクルマをよく見かけます。 ときには装甲車と呼ばれると思われる、フタのしまった深みどり色のクルマが県道を走ることもあります。 ツチフルとは黄砂のことです。 俳句の言葉です。 近年では、いろんな化学物質も混ざっているとかで、...
や り 直 し た き こ と 数 え 春 霰 ( あられ )... はっきり言えば、全部丸ごとやり直したい。 あれもこれも失敗。 どうにも挽回できないことがほとんどだけど、小さなことでもやり直せるなら、この先の人生を、そこに力を注入して死にたいと思う。...
と も す れ ば 想 ひ 出 に 飛 ぶ 鉦 叩 き... ともすれば おもいでにとぶ かねたたき バッタの仲間らしい。 あまり山奥ではなく、住宅地つまりその辺に住み、若葉や小さい虫を食べるとか。 鳴き声が涼やかで、よく通り、秋を感じます。 秋の虫の鳴き声はきれいであればあるほど、寂しさを伴う気がして、遠い遠い忘れてしまったよけいな思い出にたどり着い...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください