レ コ ー ド の 針 浮 き 沈 み 外 は 雪

れこーどの はりうきしずみ そとはゆき

レコードに針を落とすと、わずかだけれど、波を打ったような浮き沈みをします。

雑音も今となっては懐かしく、もうレコードの時代は終わったとばかりに、戸袋にダンボールごと片付けたことなどおもいだします。

確かに、針を買い換えたり、ビロードのような四角いもので、ホコリを払ったり面倒なことはありました。

先日、テレビで、都内にあるレコードだけの大がかりな専門店を見ました。

お客は、外国の方も多くて、結構な繁盛ぶり。

福岡では、ここまでのものは無いと思います。

それにレコードの全てがCD化されたわけでもありません。

捨てないでよかった。

この句も読まれています。

現 世 に く ら り と 落 つ る 日 照 り あ り... うつしよに くらりとおつる ひでりあり なんというか、あの人がまさか・・・ということがあります。 何かが取り憑いたとしか思えないようなことをしてしまう。 別の言い方をすれば、「魔がさした」ということでしょうか。 だから占いがあり、サンリンボウや大殺界などと、まことしやかに談議されるのかもしれません...
真 夜 の 雷 賽 の 河 原 に 人 探 し まよのらい さいのかわらに ひとさがし おかしな夢をみたものです。 きっとイナビカリをともなう激しいカミナリのせいでしょう。 三途の川の河川敷、サイノカワラで、うろうろと、なつかしい亡くなった人を探しているのです。 日ごろはもうすっかり忘れているのに、忘れていないんだとわれながら驚きです。...
若 過 ぎ て 葬 儀 の 写 真 山 笑 ふ 94歳で死んだのに、「この写真を遺影に使ってくれ」と「仏壇の引き出しに入れておくから」と本人指定であったため、遺言どおりにしたところ、30年も前の写真で、黒髪のにっこり笑った別人が写っていました。 少しぐらいなら、なるほどだけれど、ここまでだとちょっと・・・笑う。...
時 の 日 に 都 府 楼 跡 の 礎 に 立 つ... 都府楼跡 / wonderstory 都府楼跡、いまは大宰府政庁跡とよばれているらしい。 あの大きな礎石に立つと、悠久を思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください