レ コ ー ド の 針 浮 き 沈 み 外 は 雪

れこーどの はりうきしずみ そとはゆき

レコードに針を落とすと、わずかだけれど、波を打ったような浮き沈みをします。

雑音も今となっては懐かしく、もうレコードの時代は終わったとばかりに、戸袋にダンボールごと片付けたことなどおもいだします。

確かに、針を買い換えたり、ビロードのような四角いもので、ホコリを払ったり面倒なことはありました。

先日、テレビで、都内にあるレコードだけの大がかりな専門店を見ました。

お客は、外国の方も多くて、結構な繁盛ぶり。

福岡では、ここまでのものは無いと思います。

それにレコードの全てがCD化されたわけでもありません。

捨てないでよかった。

この句も読まれています。

雁 の 棹(さお ) 躊 躇 ひ (ためらい) の な き わ け も な し... 雁は団体で行動する渡り鳥。 まるでさおのように一直線で、高い秋の空を行く。 これから長い長い旅に出る。 傷つくことも、病に倒れることもあろうが、もう見切り発車。 親はどうした。 子どもはどうした。 たとえそれが性であっても、大きな試練にちがいない。...
冷やし酒 つまみは要らぬ 相手も要らぬ... つまみでわざわざ酒の味を濁らせることはないのです。 食べながら飲まなきゃ……なんて医者以外のヤツから、言われたくはないものです。 わかっとるわい。...
厄 晴 れ の 瓢 箪 寒 苦 な ほ 軽 ふ やくばれの ひょうたんかんく なおかるう 厄払いというのがあって、年齢が決まっています。 幾つか忘れたけれど。 オトコとオンナで違ったりおんなじだったりするようです。 神社の裏に、いっぱい漆塗りのひょうたんがぶら下げてあるのは、その厄を閉じ込めたもののようです。 生のひょうたんだから よく見ると形...
鍋焼きの うどんでよし 暖まりたし... 寒い寒い 体も寒い、心はもっとへたばった。 とりあえず、暖まりたい。 なんかあったかいものを食べれば、 ちょっとは凌げるかもしれない。 なみだが、つららになって、 心臓に突き刺さる前に。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください