レ コ ー ド の 針 浮 き 沈 み 外 は 雪

れこーどの はりうきしずみ そとはゆき

レコードに針を落とすと、わずかだけれど、波を打ったような浮き沈みをします。

雑音も今となっては懐かしく、もうレコードの時代は終わったとばかりに、戸袋にダンボールごと片付けたことなどおもいだします。

確かに、針を買い換えたり、ビロードのような四角いもので、ホコリを払ったり面倒なことはありました。

先日、テレビで、都内にあるレコードだけの大がかりな専門店を見ました。

お客は、外国の方も多くて、結構な繁盛ぶり。

福岡では、ここまでのものは無いと思います。

それにレコードの全てがCD化されたわけでもありません。

捨てないでよかった。

この句も読まれています。

手 足 と 脳 繋 ぎ の ず れ る 目 借 り 時... Fitness jim in the Lemon Tree Hotel, Aurangabad / kawanet ジムに行っている。 クルマばかりで、運動不足だから。 いつもは歩くだけ。 調子のいいときで、時速6.2kmで、1時間。 ジムにはスタジオがあって、インストラクターのもと、いろいろコー...
菜種梅雨 電話の音に 聞こえけり ようやく春の気配。朝から暖かい雨が降る。芽が出かけたシャクヤクやあじさい、つる薔薇がこの雨でいちだんと生長 するだろう。わたしはこの時期の雨が好きだ。決して勢いのある雨ではないが、トタンの屋根を打つ雨の音は、ときに 大きく、電話が鳴ったかと、ハッとすることもある。鳴るはずもないのに。...
沙 羅 の 花 現 世 常 世 見 渡 せ り しゃらのはな うつしよとこよ みわたせり 沙羅双樹の花。 ほんとうは夏椿というらしい。 白いひとえの花は、清楚でしかも沙羅双樹の花と思えば、落花を踏むこともためらわれます。 トコヨとは、ウツシヨつまり今の世の対語のようです。 沙羅の花は、浄土にも咲くと言われます。 どちらの世界がたいへんか、聞い...
春 の 雨 外 人 墓 地 は 山 に 溶 け 雨に煙る古い外人墓地は、もう風景に馴染みすぎて景色と一体化している感があります。 話は変わりますが、外国人墓地は、ひとりずつ埋葬しているのだと思うのですが。 日本は一族で同じ墓に入ります。 別々がいいのです。 霊園の敷地内に、小さな穴をたくさん掘って、そこに一人分ずつのお骨を納めればいいと思うのです...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です