レ コ ー ド の 針 浮 き 沈 み 外 は 雪

れこーどの はりうきしずみ そとはゆき

レコードに針を落とすと、わずかだけれど、波を打ったような浮き沈みをします。

雑音も今となっては懐かしく、もうレコードの時代は終わったとばかりに、戸袋にダンボールごと片付けたことなどおもいだします。

確かに、針を買い換えたり、ビロードのような四角いもので、ホコリを払ったり面倒なことはありました。

先日、テレビで、都内にあるレコードだけの大がかりな専門店を見ました。

お客は、外国の方も多くて、結構な繁盛ぶり。

福岡では、ここまでのものは無いと思います。

それにレコードの全てがCD化されたわけでもありません。

捨てないでよかった。

この句も読まれています。

息白く 庭砂利(にわじゃり)に見つけ さくら貝... 海で採った砂利だろう。小さなさくら貝を見つけた。こんなことで小さな幸せを感じることがようやく出来るようになった気がする。簡単なようで、これが結構むずかしい。どうでもいいような偶然や、ほんの一瞬の人との出会いや、交わした言葉をあとで思い返してふっと笑えることや、虹に出会ったこと、完璧な形のもみじをひろ...
空き家(いえ)に 風通しおり 夏果てぬ... 老人ホームに移った人の家に、風を通した。 秋の風だった。
時雨降る 聞き流すこと むずかしく 人の一言が心に突き刺さって、とれない。 「あんた、人に感謝したことある?」 一体なんだろう。この人に、いじめ殺された人は 過去に何十人いるのだろう。 罰は当たらないのか。神様は何処を見てる。 そう、世の中は、自動販売機のようにはいかない。 悪いことや、人にいやがらせをしたら、すぐに天罰が下るようには...
降り止まぬ 鉄仙(てっせん)の雨 紫の雨... 鉄仙という花がある。ちょうど今頃咲く。白や紫、それも薄かったり濃かったり、もともとは中国からきた花であろうか。大輪なのに、どこかひっそりとしていて、そのたたずまいには気品がある。梅雨の雨は、万緑に降りそそぐが、鉄仙には雨が似合う気がする。しょぼしょぼと降りしきる雨も、叩きつける雨も好きである。これで...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください