アイツらの 子で生まれかわりてもと 冬の月 

人の人生は、努力ではない。 もtもとの土台が問題である。土台がなければ努力なんて、無意味というより努力のしようがない。アイツらの子供で、あの家に生まれるくらいなら、ガラパゴスでイグアナに生まれたい。天敵のいない」世界で、青い海と、青い空をいだき、悠久のときを過ごしたほうがよっぽどいい。

この句も読まれています。

野焼きあり 懸案事項と 離別する Open burning 野焼き / urawa 火をつける人も、火をつける機会など、そうそうあるものではないだろう。めらめらと燃え広がっているのはわかるけれど、はじめのうち炎は見えない。見えない炎が、見えないままに広がる様は恐ろしい。全ては消防の言うとおり。そんなに危ないなら、風物詩をやめて、仕事...
骨壷(こつつぼ)の 届いて今朝の 雲の峰... なんか有名な人に制作を頼んだらしい。 波佐見焼き(はさみやき)みたいな、もようが透けている凝ったもの。 見事な出来と、本人の弁。 空には活力溢れる入道雲。 死ぬ気なんかないじゃないか。...
紅 の 花 半 夏 生 な ら ひ と つ 咲 き... べにのはな はんげしょうなら ひとつざき 江戸時代、口紅として重宝された、紅花。 色ははっきりとした黄色です。 不思議です。 何度も洗い、洗い流し、1日目は黄色、二日目になると紅色に変化し、餅のように丸めて天日で干すのだそうです。 それから長い道のりを運ばれ、京都に着くのです。 さらに職人によって...
ピ ー マ ン も 食 ふ て み せ る と 目 は 泪... 小学校の一年生。 最近の子どもは、食べ物やおやつが溢れるほどあるせいか、親も先生も、嫌いなものを強制しないせいか、野菜嫌いが多いらしい。 話がそんなところに行くと、自分は違うと名乗りを上げて、ピーマンなんか、どうってことないと威勢よく言い放った。 ハンバーグの横の、付け足しみたいなピーマンを食べて見...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください