ゆ く あ て の な し と 聞 こ え て 虎 落 笛 (もがりぶえ)

冬の烈風が、垣根や電線、竹垣や柵などに吹きつけて、まるで笛のような音を出すことを虎落笛というらしい。
わたしにはこれが、人の声のように聞こえてならない。
辛いことほど、人には言えない。
ほんとに困ったら、人は無口になる。
相談相手などこの世にはいない。
相談機関などあてにならない。
最悪は身内かもしれない。

この句も読まれています。

出 棺 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花 (はな) の 落 つ... 凌霄花 / zamojojo ノウゼンカズラの花は、大きくて 色鮮やかで勢いもあるが、散り際 の良さには驚かされる。子どもが 縄跳びをしても、その衝撃で散る のではと思う。ましてや人を送る 霊柩車の、あの振り絞るような別 れの合図には、いたたまれずに散 るにちがいないと思うのです。...
掃 除 す る た だ 水 仙 を 活 く る た め... 庭に咲いた水仙を活けたい。 まずは掃除。 何がなんでも掃除から始まる。 掃除って馬鹿にならないと、いつも思っている。 片付けたり、埃を取り除いたりすることは、まちがいなく心の健康に貢献する。 やたらと物が増えないように。 何か増やしたら、何か捨てるように心掛けている。 掃除が済んだら、鋏を持って庭に...
ダイヤルを 回して遠き まんじゅしゃげ... 秋の日には、遠い遠い思い出を手繰り寄せたくなります。 大胆にもネットで調べて、ダイヤルすることも。 どうせがっかりするのですけど。...
氷割り たかが梅酒と 赤い顔 ほかに飲むものがないから、仕方なく口にした梅酒だけど、 甘いわりに効く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください