ゆ く あ て の な し と 聞 こ え て 虎 落 笛 (もがりぶえ)

冬の烈風が、垣根や電線、竹垣や柵などに吹きつけて、まるで笛のような音を出すことを虎落笛というらしい。
わたしにはこれが、人の声のように聞こえてならない。
辛いことほど、人には言えない。
ほんとに困ったら、人は無口になる。
相談相手などこの世にはいない。
相談機関などあてにならない。
最悪は身内かもしれない。

この句も読まれています。

冷 素 麺 茗 荷(みょうが) も 葱 も あ り っ た け... こんなに涼しくなってから、そうめんの句などおかしいけれど、わたしには、そんな変な嗜好がある、ときどき。 真冬にそうめん食べたくなったり、真夏に鍋したり。 冷奴は一年中。 薬味が大好きで、葱、紫蘇、生姜、茗荷。 つけ汁にとっぷり入れて、薬味まみれで食べるのがいい。...
羽 抜 け 鳥 祖 先 は 恐 竜 な り し と か... はぬけどり そせんはきょうりゅう なりしとか 羽抜け鳥。 羽毛が抜け変わる頃の鳥、主にニワトリ。 また、羽毛が抜け落ちたニワトリ。 威勢はいいが、見かけが間が抜けていて、おそろしくみっともないけれど、それなりに愛らしくもあります。 祖先は恐竜。 始祖鳥? つばさに鋭い爪があり、我が物顔で空中を席...
曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...
鳳 仙 花 列 車 の 通 過 に 箍 (たが) 外 し (はずし)... 2009-03-04 001 003 / 石川 Shihchuan 鳳仙花の種は、緊張感に溢れている。 パンパンに張って、小さな刺激で爆発 する。爆発はするが、まあそこら辺ま で。そこら辺まででも、弾けるのは難 しい。毎日がおんなじ。変化など望み もしないけれど、もう少し、何かあっ ってもいいかな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください